ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!

【ボトル式×水道直結】ウォーターサーバーを徹底比較!

ウォーターサーバーの購入を検討する場合、ボトル式ウォーターサーバーにするか水道直結ウォーターサーバーにするかで悩む人も少なくないと思います。自分の環境にはどちらのタイプが合っているのか…それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

ボトル式ウォーターサーバーとは

ボトル式ボトル式ウォーターサーバーとはどのようなものなのでしょうか。

一般的なウォーターサーバーといえば、こちらのイメージを思い浮かべる人が多いかもしれません。病院やオフィスでよく見かけるタイプがボトル式です。

水の入っているボトル部分を購入して、水が無くなったらボトルのみを交換していくものです。ウォーターサーバー本体プラス水の入っているボトルが必要となるので、水のボトルが無くなってきたらまた注文する必要があります。工場でろ過された水が直接自宅まで配送されるのでギリギリで注文をすると欲しい日までに間に合わない可能性もあります。

本体をどこにでも置く事ができるので、水道が通っている場所でなくても大丈夫です。工事などの必要が無い分、どのような場所にも設置する事ができます。
キッチンやリビングだけではなく、それ以外の部屋に水が欲しい場合も、ウォーターサーバーを置ける点がメリットといえるでしょう。

ボトルの水は工場でろ過し、世界各地の天然水をくみ上げているものがあります。天然水の場合はくみ上げる地域や国で成分が大きく違っているので、小さい赤ちゃんがいるご家庭などでは事前に確認が必要です。

特徴・メリット・デメリット

ボトル式ウォーターサーバーの大きな特徴として、利用している間はボトルを注文し続けることが挙げられます。注文はインターネットや電話などで簡単にできます。比較的早くに配達してくれるメーカーが多いですが、ゆとりを持って注文しておくのがよいでしょう。

また、大きなメリットとして、水を蓄えておく形になるので、万が一災害などがあり水道が出なくなったときなどに安心です。震災を始め、大雨、大雪などさまざまな災害が起こった際には、ボトル式ウォーターサーバーが見直されてきています。災害時に水道が出なくなった時は、ボトルの水が大変貴重になりますので、万が一の防災グッズという面でもボトル式ウォーターサーバーは役立ちます

もうひとつのメリットとして、専門の工場でろ過を行うのでより水の安全性が高い点です。プロが厳しい目で水の品質を管理、チェックするので安心して飲めるとの声も多いです。

デメリットは、ボトルそのものの置き場所に困る、ボトルを運ぶときに重たいという点です。ストックがあれば災害時に役立ちますが、普段は少しかさばる存在となってしまうのです。

費用面では、使用中はボトルの購入を続けるので、水道直結式のものよりも費用を払う期間が長くかかってしまいます。また業者の多くは玄関先までしかボトルを運んでくれませんので、それを女性や高齢者が運んでセッティングするのは少々大変な作業となります。

また、自身での手入れも必要となります。水の受け皿を常に清潔にしておく、ウォーターサーバー本体についた汚れをふき取るなどの作業をマメにしないと水に埃などが混ざり込む危険性があります。

特に故障したと感じない限りは特別なメンテナンスは必要ありませんが、日頃の手入れやケアを丁寧に行うことが大事です。

水道直結ウォーターサーバーとは

水道水道直結ウォーターサーバーは、その名前のとおり水道と繋がっているタイプのウォーターサーバーです。水道水をその場でろ過する仕組みになっている点がボトル式と大きく異なります。

もちろん家の水道と繋げる必要がるので、工事をしなくてはなりません。賃貸のアパートなどは水道直結ウォーターサーバーの工事が禁止されている場合もあります。

その場で水をろ過しますが、工場でろ過するボトル型と水の品質にそう変わりはありません。家の水道水がろ過された水に変わるので、野菜を洗う際なども量を気にせず使用できます。
どうしても付ける場所がキッチンなどの水道が通っている場所に限定されてしまいますが、設置後は気軽に水が使える点が大きなポイントといえるでしょう。

特徴・メリット・デメリット

水道から出る水がそのままろ過される、また工事が必要な点がボトル型ウォーターサーバーと大きく違う特徴です。

メリットは何といっても、費用が抑えられる点です。ボトルを購入する費用が水道代になるので、少々使い過ぎても高額になる心配はありません。また、ボトル式と違いボトル本体を置くスペースを気にせずに済むほかセッティングの手間も省けます。

もうひとつのメリットは、ボトル式だとどうしても残りの水の量が気になってしまいますが、水道直結ウォーターサーバーならザバザバと野菜やお米などを洗える点です。

ろ過していない水道水で野菜を洗ってしまうと、塩素が野菜に含まれているビタミン類を壊してしまう恐れがあります。せっかく野菜を摂るのに、栄養素が壊れてしまうのはもったいないです。
水道直結ウォーターサーバーで洗えば丸ごと栄養を体に補えます。もちろん汚れは水道直結ウォーターサーバーでもきちんと洗えるので、安心して野菜を生で食べられます。ご飯もふっくら美味しく炊きあがるので香りも楽しめるでしょう。

逆にデメリットは、メンテナンスを定期的にしないとろ過作用が薄れてしまう点です。

ボトル型は水の出方が悪いなど不具合があればすぐに分かりますが、水道直結ウォーターサーバーの場合は中々不調が分かり難いものです。どこも壊れていないと思い、メンテナンス無しで使っていると、全くろ過機能が機能せずにただの水道水を飲んでしまっていることも考えられます。

もうひとつのデメリットは、塩素を除去し過ぎる点です。塩素を除去するのが目的のウォーターサーバーなのに、矛盾していると感じますが、この塩素は食べ物を菌からガードしている利点もあるのです。この点に注意をしないと食べ物が早く傷んでしまう事もあります。

また、水道直結ウォーターサーバーの水を水筒などに溜めて冷蔵庫に置いておくと言うのも好ましくありません。水道から出したらすぐ飲む、使うようにする必要があります。

価格の大きな違い

それぞれにメリット、デメリットが存在するウォーターサーバーですが、価格はどちらの方がお得なのでしょうか。水は毎日使うものですし、お料理や炊飯などにも使うのであればかなりの量となるので、大きな問題です。

よくウォーターサーバーを購入するのならば、ペットボトルのミネラルウォーターを購入しても同じなのではないか、という声を聞きますが、価格面で考えるのならば断然ウォーターサーバーを利用した方がお得です。設置費や初期費の他に電気代や宅配代などをトータルしても長期的に考えるとウォーターサーバーはお財布に優しいのです。

ボトル式の場合は、本体を購入するのではなく、レンタルできるメーカーもあります。その場合はレンタル料と水のボトル代、宅配代などがかかります。

水道直結式のものは最初に自宅の水道と繋げる工事が必要なので少々初期費用は高くなりますが、その後かかる費用は水道代のみとなります。もちろんその間何もしなくてもよいと言う訳では無く、メンテナンス代は必要です。

長い目で見ると価格を抑えられるのは水道直結式のものです。しかし、ウォーターサーバー選びは価格や費用だけで選んでしまうのではなく、それぞれのメリット、デメリットを考えてどちらが自分の生活スタイルに合っているかを考慮する必要があります。

機能の大きな違い

こうして見てみると、水道直結式の方がボトルを置く場所も取らずに量を気にせず使えるので便利に思えますが、機能面でも考える必要があります。

水道直結のものはコンパクトですが、とても高いろ過システムが取り付けられています。決して工場で作られたボトル式の水の方が良質という訳では無く、水の品質面ではどちらも同じなのです。

また機能面に関しては、サーバー本体が搭載している機能に依存するため、本体を選ぶ段階で、どのような機能が搭載されているかを確認しなくてはいけません。ものによっては、レバー一つでお湯を出せるタイプもありますが、中には出せないものもあります。
水道直結式は水道に依存するので、そのものに破裂や凍結などの問題が出てしまうとウォーターサーバーの水が使えなくなります。

水の安全性や品質だけではなく、全体の機能を考えるとどうしても置き場所の問題と直面します。ボトル式は置く場所を確保しなければなりません。しかし水そのものが確保されているので、万が一水道水が出なくなった状況に陥っても、水の心配は要りません。
水は生活に欠かせないものなので、機能や便利さなども注意してウォーターサーバーを選びたいものです。

どうやって選ぶべきか

ボトル今や色々なメーカーからウォーターサーバーが販売されているので、どれが自分に合っているのか迷ってしまう方も多いでしょう。そんな方へ、選び方のポイントをご説明いたします。

まず、ウォーターサーバーを選ぶ際に重要視されるポイントが価格です。低価格で抑えられるほうがよいですし、毎日使う水なので高額だと厳しいでしょう。最近ではボトル式のものは本体をレンタルしているメーカーも多いので、価格は利用しやすい金額となってきました。

次のポイントは水の品質です。水と一口にいっても、大自然の中の天然水と工場でろ過されたRO水に分けられます。天然水にはミネラルやバナジウムなどの成分が豊富です。水道直結式のものはRO水のみなので、天然水にこだわる方はボトル式のものを選ぶのがよいでしょう。

その他の選ぶポイントは、お湯が出る、子ども用のストッパーが付いているなどの機能面です。ボトル式でお湯が出てくるタイプのものは子どもの思わぬ事故に発展する可能性があるのでそれを防ぐストッパーや安全機能も小さなお子様が居る家庭には大きなポイントです。
赤ちゃんがいる家庭では1日に何度もミルクを作る必要があります。そのような家庭ではお湯が気軽にいつでも使えるボトル式ウォーターサーバーが便利ですね。

また、ウォーターサーバーも部屋のインテリアの一部なので、デザインがおしゃれであるかどうかも選ぶ際の大きなポイントとなっているようです。部屋が狭い場合は、ボトル式を置くスペースを部屋に確保できないこともあります。

中には水素水が出る機能付きのウォーターサーバーもあり、美容と健康に気を使っている方から人気です。ウォーターサーバー選びのポイントは自分たちがどんな水、どんな機能を望んでいるかを明確にすることです。

使用料や使用場所、人数、家族構成などから一般的に普及しているのはどちらか

ボトル式と水道直結式、どちらが一般的に普及しているのでしょうか。現段階ではまだボトル式ウォーターサーバーです。初期工事も必要無いので、本体のレンタル費用プラス水のボトル代だけで美味しく安全な水が飲めることが理由です。

最近ではウォーターサーバーの本体はどんどんスリム化していき、置き場所も取らなくなってきました。もちろん見た目もおしゃれで部屋の雰囲気も壊さずちょっとした隙間などに置くことができます。

ボトルは宅配となりますが、家族が多い家庭ほどウォーターサーバーは便利です。スーパーなどで都度ペットボトルの水を購入して持ち帰るのは大変でしょう。自宅まで宅配してくれるボトル式ウォーターサーバーは忙しい方の味方といえます。

また、地震が多い日本では、水を各家庭で蓄えておく事の大切さが見直されていてボトル式ウォーターサーバーの人気が高まっています。

水道直結ウォーターサーバーだと、水道が止まってしまったら水は出てきません。大きく重たいボトルを収納するのは大変ではありますが、ボトル式ウォーターサーバーは万が一の災害の際に家族を守ります。

日本や海外の例などから考察

日本では昔から水は無料でいくらでもあるものという考え方が主流で、ウォーターサーバーが販売された1980年代にはあまり需要がありませんでした。これは日本が水資源の豊かな国で水道環境が良好であることも一因となっています。水道水をそのまま飲んでも害も無いので、わざわざ水にお金をかける必要が無いという風潮でした。

一方海外では1910年代にアメリカでウォーターサーバーが開発されて一般に普及していきました。日本に比べて水道整備が整っていないという理由も挙げられますが、ボトルの値段が日本の50%引き程の値段と言うことも関係して人気を得ていきました。

日本でも2008年ころまでは一般家庭にウォーターサーバーはあまり普及しておらず、病院の待合室に置いてあるものと言うイメージでした。
しかし、ミネラルウォーター人気が出てきて、水には色々な種類がある、含まれている成分が違うなどの情報が普及し、美容や健康面でも水にこだわるのがよいことが知られていくにつれ、ウォーターサーバー人気も高まってきました。

そしてさらにウォーターサーバーが一般化したのは東日本大震災も影響しています。放射能の心配の無い安全な水を求める方が増え、また水が無くて困ったという声がたくさん聞かれたこともあり、ウォーターサーバーがあれば安心できるというイメージが強くなってきました。

意外と日本のウォーターサーバーの歴史は浅いことがお分かり頂けたと思います。海外ではもう何十年も前から一般的だったウォーターサーバーが日本の家庭でも人気が出てきたというのは、日本人の水に対する考え方が大きく変わってきたからなのです。

利用環境に適したウォーターサーバーを選ぶべき

室内ウォーターサーバーの導入を検討している方は、自分にはボトル式か水道直結式どちらが適しているかを考えましょう。毎日使うものなので、自分の環境に適したものを選ぶことが重要です。

まず、水道直結式のものは取り付け工事をしなくてはならないので、アパート、マンションなどの賃貸住宅に住んでいる方の場合は設置可能かどうか確認をする必要があります。また賃貸ではなく自分の持ち家での場合も、水道がとおっていない場所に設置したい場合などに壁に穴を開ける工事をするのは抵抗がある方も水道直結式は向かないかもしれません。

広く一般化しているボトル式ウォーターサーバーを選ぶのならば、まず置く予定のスペースに収まる本体を探す必要があります。場所が確保できたら後はレンタルするだけなので水道直結式に比べれば手軽です。

ただボトルを毎回注文する必要があります。早くて翌日以降の配送となり、注文当日に届くメーカーは少ないので、まだボトルがあると思っていたら無かった、ということを防ぐためにも、ボトルがどれだけあるか気にする必要があります。

ミネラルを多く摂りたい、ブランド水が飲みたい方にはボトル式がおすすめです。世界各地の栄養分たっぷりの水を飲む事ができます。メーカーによって異なるので自分好みの質の水を扱っているところを選びましょう。特に赤ちゃんに優しい水を求めている方には硬度が低い水が出るウォーターサーバーがおすすめです。

自分達の生活スタイルや家族構成を考えてどちらのタイプが長く便利に使えるかを想像してみることが選ぶポイントになります。