ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!

ボトル式ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーには主に「ボトル式」と「水道直結式」の2種類が存在します。ここではこの2種類のうち、ボトル式のウォーターサーバーについて、その特徴やメリット、デメリットについて解説していきます。

ボトル式ウォーターサーバーの特徴

ボトルボトル式ウォーターサーバーは、十数リットル程度の水が入った大型のボトルをサーバーに装着し、日常の飲用などを目的として使用します。

従来のボトル式ウォーターサーバーでは、サーバーの上部にボトルの装着部が設定されている商品が多かったため、女性やお年寄りが重いボトルを持ち上げてサーバーに装着することは困難でしたが、最近ではサーバーの下部にボトルの装着部が設定されている場合も多く、女性やお年寄りでも簡単にボトルの装着ができるようになりました。

ボトル式ウォーターサーバーで使用するボトルに入っている水は、業者が特定の採水地で汲み上げた天然水やミネラルウォーターが多く、いつでも安全性の高い新鮮な水を自宅にて飲むことができます。また、ボトルは業者が配送してくれる上に、場合によっては配送頻度や配送本数なども指定が可能であるため、時期によって水の消費量にばらつきがある家庭での使用にも最適です。

また、ボトル式ウォーターサーバーを使用する上では、サーバーを自宅に設置しなければなりません。このようなサーバーはレンタルできることも多いため、短期間の使用や一度は使用感を試してみたいという方にもおすすめです。

このようにボトル式ウォーターサーバーには数多くの特徴があり、さまざまな用途での使用に向いています。

ボトル式ウォーターサーバーのメリット

続いてはボトル式ウォーターサーバーのメリットをいくつか挙げ、ご紹介したいと思います。

水そのものの値段が安い

一般的なペットボトル入りの天然水やミネラルウォーターは、500ミリリットルで100円弱程度の値段が設定されています。ですが、ボトル式ウォーターサーバーで飲むことができる天然水やミネラルウォーターの値段は近年非常に安くなっており、中には500ミリリットルあたり50円台の値段が設定されているケースもあるのです。

ボトルの廃棄が簡単

ボトル式ウォーターサーバーで使用するボトルは非常に大きいため、廃棄に手間がかかると思われるかもしれません。しかしながら、最近では業者によるボトルの回収サービスの実施や、潰しやすい素材を使用したボトルの開発などがされていることから、ボトルの廃棄に関する心配は無用です。

サーバーのレンタル代は無料の場合も

ボトル式ウォーターサーバーの利用にあたって設置する必要があるサーバー本体はレンタルができる場合もあります。また、中にはサーバー本体のレンタルを無料で行っている業者も存在するため、出費を大幅に抑えられるのです。

配送頻度は指定も可能

ボトルの配送頻度があらかじめ決められていると、水の消費量が少なかった時期にはボトルが溜まってしまうかもしれません。しかし、最近では配送頻度を指定できる業者も多く、消費量に合わせて調整することが可能です。

非常時の備えにもなる

ボトル式ウォーターサーバーを日常的に使用していると数十リットルの飲み水を常時確保した状態になるため、災害などで水道が止まってしまった際などの備えにもなります

ボトル式ウォーターサーバーのデメリット

一方でボトル式ウォーターサーバーの導入を検討する際には、そのデメリットについても熟知しておかなければなりません。ボトル式ウォーターサーバーのデメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

交換が面倒な場合も

ボトル式ウォーターサーバーのボトルの交換は、機器のさまざまな改良が図られたことにより、従来に比べると手間がかからなくなりましたが、手順を間違えると水がこぼれてしまう場合などもあるため、面倒に感じることもあるかも知れません。

ボトルが溜まってしまうことも

昨今ではボトルの配送頻度を調整できる業者も多くなったことから、ボトルが溜まってしまう心配は少なくなりましたが、配送頻度を調整するためには逐一電話などで連絡を入れるなどの手間がかかる場合もあり、気づいたらボトルが溜まってしまっていたというケースもあり得ます。

清掃に手間がかかる

ウォーターサーバーの中には、自動で内部の清掃を行う機能がついているものも少なくありませんが、給水口などの清掃は自身で行わなければならない場合がほとんどであるため、清掃の手間が完全に省けるということはないでしょう。

電気代がかかる

昨今ではボトル式ウォーターサーバーの水の値段は急激に安くなっていますが、一方で、サーバーの稼働には電気代が必要であることも忘れてはなりません。具体的な金額はサーバーの種類や使用頻度によって異なるものの、物によっては1か月あたり1,000円弱の電気代がかかるケースもあるため、トータルでのコストパフォーマンスはペットボトル入りの水を購入する場合と大差ないため、予め確認しておく必要があります。

まとめ

ここではボトル式ウォーターサーバーの特徴とメリット・デメリットについて解説してきました。水そのものの価格が安くなっているボトル式ウォーターサーバーはメリットが多い反面、電気代などを含めたコストパフォーマンスは突出して優れている訳ではない場合もあります。そのため、導入を検討する際にはコスト面以外のメリット・デメリットについても吟味する必要があります