ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!

ウォーターサーバーの料金・各種費用

ウォーターサーバーの導入を検討する際には、水そのものの料金やサーバーのリース代だけを比較しがちですが、ウォーターサーバーを使用する上で発生する料金は多岐にわたるため、総合的な比較、判断が必要です。

ここでは、それらの料金についてひとつずつ解説していきたいと思います。

設置費用

気になる費用まずはサーバー本体の設置費用についてです。通常サーバー本体は業者が配送し、設置まで行ってくれますが、特に水道に接続する「水道直結式」の場合は工事に時間がかかるケースもあります。

しかしながら、設置費用という名目で料金を徴収している業者は少なく、工事をしただけで料金を徴収されるということは少ないでしょう。

一方で設置費用や事務手数料などをまとめて初期費用として一括請求している業者も存在するため、余計な設置費用などを払いたくないのであれば、契約した最初の段階で発生する初期費用の内訳をしっかりと確認する必要があります。

水自体にかかる料金

貧乏家族水自体の料金については、「ボトル式」と「水道直結式」の2種類に分けて考える必要があります。

ボトル式の場合、ほとんどの業者ではボトル1本あたりの価格を設定し、利用者が必要な本数を注文するスタイルがとられています。ボトル1本あたりの内容量は業者によってばらつきがありますが、おおむね十数リットル程度であることが多く、1リットル当たりの価格は100円前後である場合がほとんどです。

一方で水道直結式の場合、水そのものに対して発生する料金は水道代のみとなります。そのため、その価格はボトル式よりもはるかに安く、コストパフォーマンスは非常に高いといえます。しかしながら、水道直結式で飲むことができる水は、天然水やミネラルウォーターとは違うため、その点も留意が必要です。

電気代

エコウォーターサーバーを使用する上で発生する電気代は、サーバーの種類や利用頻度などによって大きく異なります。しかし、オーソドックスなウォーターサーバーでは温熱器や冷却器を常時稼働させるため電気代は決して安くはなく、月1,000円程度にまで達する場合もあるのです。

一方で、このようなウォーターサーバーの欠点を顧み、最近では省エネモードなどが搭載されたウォーターサーバーも珍しくなくなってきています。そのため、使用しない時だけ省エネモードにするなどの対策を行えば、月300円程度まで電気代を抑えることも可能です。

リース代

多くの場合、ウォーターサーバーは業者が貸し出す形になるため、使用する上ではリース代も発生します。そして、このリース代もボトル式と水道直結式で、その金額は大きく異なります。

ボトル式の場合、業者にとっての大きな収入源は水そのものの販売料金です。そのため、リース代は月数百円程度と水道直結式に比べて安く設定されている場合が多く、中にはリース代を無料としている業者も存在します。

一方で水道直結式の場合、水そのものに対して発生するのは水道料金となるため、当然業者側の利益にはつながりません。その分、水道直結式を取り扱う業者ではリース料を月数千円とボトル式に比べ高く設定しています。そのため、サーバーの種類を選ぶ場合は、リース料の違いにも着目する必要があるのです。

メンテナンス費用

ウォーターサーバーの中には自動清掃機能を搭載し、内部での細菌の繁殖などを防いでいるものもありますが、基本的には定期的なメンテナンスを行わなければなりません。

ウォーターサーバーのメンテナンスは多くの場合、業者が利用者を訪問して行いますが、それに対して料金が発生するか否かは業者によって異なります。しかしながら、中には年1回のメンテナンスのみ無料で実施していたり、セルフメンテナンスだけで保守ができたりするサーバーを提供している業者も存在するため、メンテナンス費用をかけずにウォーターサーバーを利用することも決して不可能ではありません

一方で、安全性を重視してサーバーを選ぶのであれば、有料であってもメンテナンスを頻繁に行ってくれることを重視して業者を比較するのがおすすめです。

解約料

ウォーターサーバーを取り扱う業者にとっては、顧客一人当たりの利用期間が長ければ長いほど、より多くの利益を得ることができるため、中には一定の期間を満たさない段階での解約に対して、高額な解約料を設定している業者も存在します。

このような業者は、特にリース料や水そのものの値段を安く設定している業者の中に多く、突出してこれらの料金が安い業者の場合は、解約に関する規約も十分に確認しなければなりません。

解約料の具体的な価格については業者によって違いがあるものの、5,000円から10,000円程度が相場となっています。また、解約に際してはサーバーの回収費用や撤去費用などの名目でさらなる料金が発生することもあるため、この点に関しても予め規約を確認しておく必要があります。

まとめ

ウォーターサーバーの利用にあたっては、さまざまな料金が発生します。特に水そのものの値段が安い業者の場合、コストパフォーマンスも優れていると考えがちですが、電気代やリース代なども含めた月々の料金を比較すると、他の業者との大きな違いはないということも少なくありません。そのため、これらのウォーターサーバーの利用に際して発生する料金は総合的に見て判断する必要があります。