ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!

日本のウォーターサーバー事情

日本国内においてウォーターサーバーの普及率は急速な高まりを見せていますが、一方で海外に目を向けてみると、その普及率には依然として大きな差があり、日本においてウォーターサーバーがいまだ一般的な存在でないことが分かります。ここでは海外との比較を通して、日本におけるウォーターサーバー事情について解説していきたいと思います。

国内での利用者数は急速に増加

富士山従来はオフィスや病院などの多くの人が集まる一部の場所にしか設置されていなかったウォーターサーバーですが、近年では一般家庭における導入事例も急速に増加しています。

このような日本におけるウォーターサーバーの普及率が急速に増加した背景には次の理由があげられます。原発事故による放射性物質が水道水に悪影響を及ぼすことや、食品に対する人為的な毒物の混入事件の頻発などにより、国民全体に口にするものの安全性に対する疑念が広まった点が大きく影響しているのです。

また、このような傾向に乗じ、新たにウォーターサーバー事業に参入する業者が増え、業界全体として大きな盛り上がりを見せている状況もまた、ウォーターサーバー普及率に大きな影響を与えている理由の一つと考えられます。

このように、日本国内におけるウォーターサーバーの急速な普及の原因としては、大きな社会的出来事の頻発によって、国民の意識が大きく変化したことによるのではないでしょうか。

海外に比べると普及率はまだ低い

日本国内におけるウォーターサーバーの普及率は著しいものがある一方、海外と比較するとその数値の差は歴然としており、日本国内においてウォーターサーバーは依然としてメジャーな存在ではないことがうかがい知れます。

海外におけるウォーターサーバー普及率の高さの根本的な原因としては、「水を購入すること」に対する考え方の違いが挙げられるのです。

例えば、アメリカの一部地域では開拓時代に飲み水を確保することが難しかったため、飲み水を販売する商売が一般的となりました。この背景から培われた水の購入に対する考え方は、水道が広く普及した今日でも廃れておらず、家庭内でウォーターサーバーを導入し、安全性の高い水を飲むことを多くの人が贅沢だと感じていないため、ウォーターサーバーの普及率にも表れていると考えられます。

海外と日本の水道事情の違い

ウォーターサーバーの普及率の違いについて考える上では、世界的なレベルでの水道事情についても知っておかなければなりません。

日本においては、どの地域にいてもほぼ問題なく水道水を飲むことができ、水道水を介した集団感染などのニュースもあまり耳にしません。

しかしながら、このような国は世界的に見ても決して多くはなく、同様の国はせいぜい15か国程度ともいわれています。この数字には、「首都で水道水を飲める」といった国は含まれていないため、浄化方法などに関する技術的な問題ではなく、そもそも水道管を国中に張り巡らすことができないという国が世界中には圧倒的に多く存在するのが分かります。

このように、国内のどこにいても安心して水道水を飲める国は、日本を含めても特に少なく、そのこともまた、日本と海外のウォーターサーバー普及率の差に表れていると考えられるのです。

消費者が求めるものと水源の数の違い

ウォーターサーバー普及率の差には、日本と海外における「消費者がサーバーの水に求めるもの」と「水源の数の違い」の違いも大きく関係しています。

ウォーターサーバーを家庭内で導入する日本人の多くは、サーバーを利用して飲むことができる水に対し、より高い品質を求めています。そのため、日本ではサーバーで使用する水にRO水(逆ろ過膜浸透水)と呼ばれる高い技術を利用してろ過された、天然水以上に安全性の高い水が採用されるケースが多くなっています。

しかしながら、このRO水を製造するための水源は海外に比べて少なく、供給できる量が限られているといった現状もまたウォーターサーバー普及率に影響を与えている理由と考えられるのです。

一方で海外においては、ウォーターサーバーで使用する水に対し、日本ほどの高い安全性を求めておらず、多くの場合は一般的な天然水が使用されています。海外にはこのような天然水の水源が多く存在する地域も多く、供給がしやすい理由もまたウォーターサーバー普及率の高さに影響していると考えられるのです。

消費者のニーズと地理的要因が大きく関係

以上のことから、日本と海外におけるウォーターサーバーの普及率に依然として大きな差がある原因としては、安全性の高い水道水の普及率を含めた地理的要因と消費者自身のニーズが挙げられます。

一方で、海外と比べた際の日本におけるウォーターサーバー普及率の低さは、水道水の安全性が高いためといえるのではないでしょうか。そもそもウォーターサーバーが生活に不可欠なものではないという現状がその原因の根本にあることが考えられ、普及率が低いのは決して悪くはないといえます。

まとめ

ここではウォーターサーバーの普及率に関する日本と海外の比較を通し、日本国内におけるウォーターサーバー事情について解説してきました。日本におけるウォーターサーバー普及率の低さは、水道水の安全性の高さの裏返しということもでき、海外とは大きく事情が異なるといえるでしょう。