ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!

ウォーターサーバーのメンテナンスは大変?

ウォーターサーバーを導入し、日常的に使用する上ではサーバー本体のメンテナンスの必要性や方法についても熟知していなければなりません。ここでは、それらの詳細について解説していきます。

放っておくと内部で細菌が発生することも

キレイな水ウォーターサーバーに関しては、その安全性の高さに魅力を感じ、導入を決めたという方も少なくないようです。

しかし、ウォーターサーバーの安全性は、必ずしも無条件で保障されるわけではありません。特にサーバー内部の衛生状態に関しては、サーバーそのものの安全性にも大きく影響するため、利用者は常に気にかける必要があるといえます。

絶えず水が存在するウォーターサーバーの内部は、常に湿度が高い状態になっています。このような環境下では、細菌が繁殖してしまう危険性が常にあり、定期的なメンテナンスを怠ると給水口から出てくる水の品質にも影響を与えることが考えられます。このような点からも、ウォーターサーバーのメンテナンスの重要性は明白です。

業者のメンテナンスだけでは不十分な場合も

メンテナンスの重要性に関しては業者側も十分に把握しているため、殆どの業者では作業員が利用者を訪問し、メンテナンスを行っています。このようなメンテナンスにかかる料金は業者によってさまざまですが、中には年1回のみなどの回数限定で無料メンテナンスを行ってくれる業者も存在します。

しかしながら、このような業者によるメンテナンスは頻度が十分でなかったり、頻繁に依頼すると料金が膨大になってしまったりといった問題点も多く、サーバーそのものを常にきれいで安全性の高い状態に保つためには十分でないことも少なくありません。

そのため、サーバーの衛生状態の維持を業者だけに任せてしまうのは危険といわざるを得ず、ある程度のメンテナンスに関しては利用者自身で行ったほうがよいでしょう。

水やコップが触れる箇所は入念な清掃が必要

コップそれでは、利用者自身でウォーターサーバーのメンテナンスを行う際にはどのような点に注意すればよいのでしょうか。

ウォーターサーバーの各部位の中でも、特に汚れやすく、細菌も繁殖しやすいのが水やコップが直接触れる箇所です。これらの箇所は細菌が付着しやすいだけでなく、細菌が繁殖しやすい条件もそろっているため、できるだけ清掃は毎日行う必要があります。

これらの箇所の清掃では、アルコール除菌スプレーと清潔な布巾などを使用し、汚れだけでなく水気もふき取るようにしましょう。また、給水口の下にある水が溜まる箇所は、取り外して洗浄をしたり、煮沸消毒したりするのも効果的です。これらのメンテナンスは免疫力の低い小さな子どもがいる家庭や、細菌がより繁殖しやすくなる夏場などでは、できるだけ毎日行うようにし、常に清潔な状態を保つようにすれば、大きな効果を実感することができます。

内部の清掃は業者が行ってくれることも

一方でウォーターサーバーの内部は複雑なつくりとなっているため、専門知識を持たない利用者が分解してしまうと故障の原因にもなりかねず、内部のメンテナンスを利用者が行うことは困難といわざるを得ません。そのため、外部の給水口などのメンテナンスを入念に行っても、結局はその安全性は変わらないということもあります。

この点に関しては多くの業者がウォーターサーバーのデメリットとして認識しており、定期的にサーバーを引き取り、内部の洗浄や部品の交換などを行ってくれる業者も少なくありません。そのため業者を選ぶ際には、このようなサーバーの内部のメンテナンスを行うサービスが用意されているかどうかという点も重視する必要があります

自動洗浄機能が搭載されたサーバーもおすすめ

水道一部の水道直結式ウォーターサーバーの中には、水道水を数時間おきにサーバー内に循環させることにより、水が内部に滞留し細菌の繁殖をしてしまうのを防ぐ自動洗浄機能を搭載しているものもあります。また、高度なろ過機能を利用し、サーバー内に滞留した水を再度ろ過することにより、内部の衛生状態を保てるタイプも存在します。

このような機能は、構造上ボトル式ウォーターサーバーに搭載するのは難しいものの、サーバーの衛生状態を保全する上では大きな効果を発揮するため、サーバーを選ぶ際に重視するのもおすすめです。

返却を想定したメンテナンスも必要

多くのウォーターサーバーは業者からレンタルする形となるため、解約時には返却することとなりますが、サーバーに大きな劣化が見られる場合、原状回復費などの名目で別途料金が請求されてしまうケースもあります。定期的なメンテナンスは、このようなサーバー本体の劣化を防ぐのも、その目的として含むことができるため、将来的な無駄な出費を防ぐという意味でも重要となります。

そのため、ウォーターサーバーのメンテナンスとしては、殺菌が繁殖しやすい箇所のふき取りや洗浄だけでなく、汚れが付着しやすい本体表面のふき取りなども定期的に行わなければなりません

まとめ

ウォーターサーバーを使用する上では、衛生状態を維持するだけでなく、返却時の備えとしてもメンテナンスが重要となります。また、メンテナンスの具体的な方法に関しては、「ボトル式」、「水道直結式」などのタイプの違いによっても異なる場合があるため、設置時などに業者に確認するようにしてください。