ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!

水道直結式ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーの中には「水道直結式」と呼ばれるタイプのものも存在します。ここでは、ボトル式と比較すると知名度は低いものの、ボトル式にはない特徴も多い、この水道直結式ウォーターサーバーについて解説します。

水道直結式ウォーターサーバーの特徴

ウォーターサーバー一般的に広く知られているボトル式ウォーターサーバーとは違い、水道直結式ウォーターサーバーは、どの家庭にもある水道にサーバーを直結させて使用します。サーバーを水道に接続するにあたっては簡単な工事が必要となりますが、この作業に関しては業者が行ってくれるため、利用者は設置するスペースを確保するだけで利用を開始することができます

また、業者によっては延長パイプなどを利用して、水道から離れた場所にサーバーを設置する工事を行ってくれることもあります。

通常水道水は口にしても特に問題はありませんが、水道直結式ウォーターサーバーの内部には高性能なろ過機能が搭載されているため、水道水をさらによい状態で口にすることができるようになります。また、多くの場合サーバーには温水を出す機能も搭載されているため、より幅広い用途で質のよい水道水を使用できるようにもなります。

一方で、上述したように一般的にはボトル式のほうが知名度は高く、水道直結式はあまり知られていません。実際、その普及率もボトル式のほうが水道直結式を大きく上回っており、広義的に見れば水道直結式はマイナーなウォーターサーバーであるといわざるを得ないという特徴もあります。

水道直結式ウォーターサーバーのメリット

ボトル式に比べ知名度は低い水道直結式ウォーターサーバーですが、そのメリットは多く、具体的なものとしては以下のようなものが挙げられます。

水そのものの値段が安い

水道直結式では、水そのものには水道代しかかからないため、利用料金を大きく抑えることができます。ボトル式で使用する天然水やミネラルウォーターは、500ミリリットルあたり最低でも50円はするため、水そのもののコストパフォーマンスにおいて水道直結式には大きなメリットがあります。

ボトルの受け取り、取り換えなどの手間がかからない

ボトル式の場合、十数キロほどの重さがあるボトルを定期的に受け取り、水が出なくなるたびに交換しなければなりません。水道直結式の場合はこれらの手間をすべて省くことができるというメリットもあります。

自動清掃機能を搭載

多くの水道直結式ウォーターサーバーでは、サーバー内の衛生管理のために自動清掃機能を搭載しています。そのため、長時間使用しないことで水が内部に滞留することによる細菌の繁殖なども防ぐことができます。

水道から離れた場所での設置も可能

広いオフィスなどで使用する場合、設置したい場所に水道がないこともあるかも知れません。しかしながら、水道直結式ウォーターサーバーは延長パイプなどを使用すれば、水道から離れた場所に設置することもできます

水道直結式ウォーターサーバーのデメリット

一方で水道直結式ウォーターサーバーにはいくつかのデメリットも存在します。

使用量が少ない場合は損

水道直結式ウォーターサーバーの利用にあたっては、サーバーのレンタル料が発生することが殆どです。レンタル料の金額は業者によって異なりますが、目安として月に50リットル以上の水をサーバーを経由して使用しない場合、ボトル式を使用したほうが得であるため、使用量が少ない方にとって水道直結式はコスト面で大きなデメリットがあるといわざるを得ません。

初期費用・解約手数料が高い

ボトル式とは違い、水道直結式は水そのものの料金が業者の利益にならないため、初期費用や解約手数料が高く設定されていることが少なくありません。そのため、長期的な利用を想定していない場合などには大きなデメリットが生じてしまいます。

水は天然水やミネラルウォーターではない

ウォーターサーバーを利用したいと考える方の中には、天然水やミネラルウォーターを安価で毎日飲むことをその目的とする方も少なくありません。しかしながら、水道直結式で飲むことができる水は、水道水をろ過したものであるため、人によっては天然水やミネラルウォーターを飲むことはできないという点もまたデメリットになってしまうかもしれません。

利用者自身でのメンテナンスも必要

水道直結式ウォーターサーバーには、上述したように内部の自動清掃機能などが搭載されていることもありますが、給水口や細かな部品などは利用者自身で定期的に洗浄しなければならない場合もあります。そのため、メンテナンスの手間が全くかからないわけではないという点もデメリットといえます。

まとめ

以上のことから、水道直結式ウォーターサーバーは「とにかく多くの水を消費する方」や「職場などの多くの人が集まる場所にウォーターサーバーを設置したいと考える方」、あるいは「ボトルの受け取りや交換の手間を省きたいという方」などにおすすめすることができます。また、その料金体系はボトル式ウォーターサーバーとは大きく異なるため、総合的に見た上でコストパフォーマンスを比較する必要もあります