地震対策は万全ですか?家族を守るための水の備蓄のススメ

 

地震対策は万全ですか?家族を守るための水の備蓄のススメ

自然災害はいつ起こるかわかりません。特に地震の際には備蓄しておきたいものとして、水が挙げられます。ウォーターサーバーを利用していれば、定期的に届けてもらえるため備蓄をしておくことも可能です。

自然災害の中でも、特に地震においては生活に1番必要とされる水の確保は必要となります。水道管が破裂してしまったり、断水してしまうことによって蛇口をひねっても出てこない状況が予測されます。

常日頃から地震などの災害時に備えて備蓄をしておきたいものとして1番あげられるのが水です。ペットボトルで家族の分を備蓄するという方法もありますが、賞味期限なども出てきますし、使う時にその期限が切れてしまうと言ったケースも実は結構多いと言われています。そこでおすすめなのがウォーターサーバーを設置することです。

この方法でしたら定期的に水を配達してもらうことができるため、地震などの急な災害が起こった時も備蓄があり安心です。

 

地震などの災害時の備蓄にはとにかく水が必要

地震などの災害時に、一番のライフラインと言われているのが水です。人間の体はほとんどが水分で構成されているため、何かあった時のために常に備蓄をしておくことは重要です。

水道管が破裂してしまったり、断水が起きる、さらに井戸があるから安心と思っていても、地震で使えなくなってしまう事もしばしばあります。そこでいざという時のために水だけは必ず備蓄をしておくようにしましょう。

 

もちろん水以外でも非常食としてすぐに食べられる缶詰、非常食用のパンやご飯、ラジオや懐中電灯、生理用品も必要です。災害時には、配給などが行われることもありますが、地震ですと道路や橋の関係でスムーズに配給が届かないケースも考えられます。赤ちゃんがいるならば、おむつもミルクも用意しておきましょう。

そして1番大事な水は、備蓄方法として2リットルペットボトルを購入して押入れや物置などに備蓄するケースが多いです。1日一人3リットルは使うということもありますので、それ×家族の分となると備蓄も大量です。購入する際もネット通販や届けてもらうと言った方法もありますが、重たくて買い物が大変という声もあります。

さらに、消費期限というものもあります。購入した時にはあと1~2年あるという感覚かもしれませんが意外とその期間はあっという間に過ぎてしまうものです。期限が過ぎてしまった水は、飲料水としてではなくその他で使うことも出来ますが、それではもったいないです。

そこでおすすめなのがウォーターサーバーです。普段使う用として設置されている方はもちろんいますが、それだけではなくこういった地震などの災害時には特に活躍します。東日本大震災の際には、地震の被害だけではなく、発電所に津波がかかってしまった影響で、関東地方までその影響がありました。

赤ちゃんは身体も小さいですし、口にするものの影響というのはとても大きくなります。母乳が飲める赤ちゃんは良いですが、ミルクがメインとなっている赤ちゃんですと、ミルクを作るために水は必ず必要になりますし、放射能汚染されてしまった事で、1歳未満のお子さんがいる家庭に配給されたということもありました。しかし配給されたものだけではもちろん足りなかったため、スーパーやコンビニエンスストアにミネラルウォーターを求めて走る人が続出して、買占めなども起こってしまいました。

家庭で備蓄をきちんとしておけば、安心も備えておくことが出来ます。備蓄方法としても、ミネラルウォーターをペットボトルで保管しておくと、期限が過ぎてしまったりして大事な時に使えなくなってしまう可能性も出てきてしまいますので、この保管方法もデメリットがあると言えるでしょう。

水は命に係わる重要なものですので、常日頃から安心していられるためにも、各家庭で備蓄をしていく事をお勧めします。その方法も考えてみましょう。

 

定期的に届けてもらえるから便利です

地震の時に一番困るのが水が無くなってしまう事です。

人間の体の多くは水で構成されているという事も有りますし、電気やガス、そして水道のライフラインの中でも命に直結するのが水なのでです。もちろんそれだけではなくトイレを流す時、洗濯をしたり歯磨きをしたり、顔を洗ったり、何をするのにも水は使われます。普段生活をしていて、当たり前に使っているものですが、いざそれが足りなくなると本当に困るものです。

災害の中でも特に地震の際には、これが1番脅かされる部分でもありますし、備蓄をしていざという時に備えておきましょう。一人1日3リットルと考えると、4人家族で3日分36リットルです。ペットボトルで言いますと、何と18本分にもおよびます。これだけの本数を確保しておくこと、そして管理をしておくのは意外と大変です。

消費期限の問題もありますし、期限を気にして交換をしたり、またそのために購入したりと重たい荷物にもなりますので、お年寄りだったり小さいお子さんがいるとなるとその負担も多くなるでしょう。しかしこれがウォーターサーバーであれば1パック12リットルほどの物がほとんどですので3パックとコンパクトになって収納もしやすいです。

箱に入っているタイプや、大きなボトルタイプと色々ありますので、保管しやすい物を選ぶというのも選択肢として良いでしょう。もちろん最近のものは、どこの水源から採取しているのか、硬水か軟水かなども、選択肢がたくさんありますので、お好みのものを購入できます。ここで1番のメリットとして挙げられるのが、定期的に自宅まで配達してもらうことができるという点です。

1度に配達してもらう量も、自由に設定することができますし、カスタマイズ可能です。頻度も1カ月に1回と指定する方が多いですが、もう少し頻度を多くしてもらうことも出来ます。大きいガロンタイプのボトルと、バックインボックスタイプとありますが、バックインボックスの場合には、蛇口を取り付けてそのまま使用することが可能です。そのため、停電になってしまいサーバーが使えない時であっても、そのまま蛇口を取り付けて使えますので便利です。

もちろん地震の時の転倒対策もきちんとあります。メーカーによっては、転倒防止対策としてサーバー背面と壁を固定するためのハーネスが付属されていますので安心です。もし付属されていない場合でも、市販の地震対策グッズを利用しても良いでしょう。テレビなどを固定する際にも使用されるワイヤーとビスのセットや、揺れを吸収するジェルマットを使うと転倒防止対策となりますのでおすすめです。足元ボトルや卓上サーバーという選択肢もあります。

定期的に届けてもらうことが出来る水の備蓄方法でしたら、普段の安心感を得ることが出来ますし、地震対策としての備えもしっかり行う事につながりますので検討すると良いでしょう。

 

赤ちゃんの非常食もウォーターサーバーがあれば安心

赤ちゃんは大人よりも体内の水分量の割合が多いです。そのため水分をきちんと摂らないと命により影響がでてしまいます。ミルクが必要な赤ちゃんにとって、水を常に備蓄しておくことはとても重要になってきます。備蓄していないと、地震などの災害時に水が配給される場合も、それが遅くなってしまえば命に危機が迫ってしまいますし、大人よりもより影響を受けやすいこともありますので、備蓄は重要です。

地震でライフラインで電気やガスがストップしてしまっていても、カセットコンロがあれば水を沸かすことが出来ます。ウォーターサーバーは地震などの災害時に停電してしまいますと、お湯を沸かすと言った機能は使うことが出来なくなりますが、バックインタイプでしたら蛇口がついていますのでそのまま使うことが可能です。そこから出してカセットコンロなどで沸かすことが出来れば、ミルクが作れます。離乳食も、冷めていると食べてくれない赤ちゃんがいますので、地震時にライフラインがストップすることを考え、温める事が出来る対策も考えましょう。

災害用の備蓄用品として、カセットコンロは1つあると非常に便利ですのでぜひ備蓄アイテムとして用意しておきましょう。赤ちゃんはミルクの温度が低いと飲んでくれません。水の確保だけではなく、温めることが出来る対策もきちんと準備しておきましょう。

地震が起きたときに1番心配なのはやはり水が足りない事です。食べ物が不足していても、何日かは生き延びることができても、水が足りないとそれよりも早く命に直結してしまうという事があります。特に赤ちゃんや子供は地震が起きてしまった時に、水が足りない事での影響はかなり大きくなりますので、安心を得るためにも定期的に配達してもらうことが出来るウォーターサーバーを導入するのは良いでしょう。

最近の非常食は、水を注ぐだけで食べられるように作られているアルファ米や温かいおかずが作れるものが豊富にあります。ホームセンターや通販でも地震対策用品を購入することが出来ますし、こういったものを備蓄しておくことは、配給が遅れてしまう事も可能性としてあるわけですし、安心を得るためにも考えておきましょう。また、水は飲み水用としてだけではなく、災害時の防災グッズとして出ている食料品を調理する際にも使うことがありますので、できれば多めに準備しておきたいものです。

家族の分を用意するとなると、そのスペースも確保するのにペットボトルでは場所も取ります。もちろん消費期限の問題もありますし、浄水器を付けているご家庭だったりすると、備蓄用としてのみおいているケースもありますので、定期的に期限を確認して取り換えるなどの手間もかかります。ウォーターサーバーを設置していれば、希望の本数を定期的に配達してもらえますので重たい荷物を持たなくても良いですし快適です。


 

放射能汚染の際にも活躍したウォーターサーバー

2011年の東日本大震災の時に、福島原発に被害が出た影響もあり、水が放射能汚染されたということ、また非常食の準備などの関心も高まりました。何年もたち、その意識が薄れてきてしまってきているかも知れませんが、何かあってから行動を起こそうとしても遅いのです。

放射能汚染された水は、特に赤ちゃんなど身体が小さいお子さんには大きな影響がでるという事で、関東地方でも水の配給がありました。しかしその本数ではとても足りないものでしたし、備蓄を常にしていた家庭ではそこまで慌てる事はなかったかもしれませんが、地震ではあらゆる影響が起こる場合もありますので、水や非常食の備蓄はやはり何か起こってからではなく、何もない時だからこそ余裕を持ってしておくべきです。

多くの方が水を求めてスーパーやコンビニエンスストアに走ったものですが、その時にウォーターサーバーを設置していたご家庭の方は、比較的安心して対応できたという声があります。地震時のライフラインの影響は、何が起こるかわかりません。東日本大震災では、地震の被害よりも津浪の被害が大きかったのですが、それによって放射能汚染という災害にも発展してしまいました。ウォーターサーバーは、1パック12リットルで1日一人3リットル必要と言われています。そのため、3パックほど備蓄があれば万が一に備えられると言えるでしょう。

ペットボトルでこれだけの量を備蓄するのは大変ですし、消費期限をチェックして入れ替えたりしなければなりません。それを考えますと、定期的に配達をしてもらうことが出来るウォーターサーバーはとても便利ですし効率も良いと言えるでしょう。

 

最近のウォーターサーバーの水は、採取地や水質なども色々ありますので、お好みのものを選ぶことが出来ます。もちろん赤ちゃんも飲める安全性の高い水質です。自然災害の中でも地震が起きるとライフラインがストップしてしまう事も考えられますので、その時の対策として安心を得るためにも検討してみると良いでしょう。

東日本大震災の時にも、多くの方が定期的に配達してもらうシステムを利用していてよかったと言っていました。何かあってからでは遅いですし、備蓄をすることでの安心も得られます。また、料金も予算に合わせて水を選ぶことが出来ますので、普段の生活で使う事も考えて選んでいきましょう。

各メーカーで特徴もありますし、収納方法やボトルの形態も異なります。料金の安さだけではなく、女性で も取り換えやすいバックインタイプも人気です。バックインタイプでしたら停電してしまった時でも、コッ クが取り付けられていますのでそこから水を出すことが出来ます。

ボトル式ではなく、水道直結型の「CoolQoo(クールクー)」でも、冷水で約3リットル、温水で約3リットル の約6リットルの水がタンクに貯蔵できます。
また、配送手段がなくボトルが届かない場合でも、水道と電気が復旧さえすれば、利用が可能となります。

赤ちゃんがいるご家庭では、特にミルクを作る時にも必要となりますし、命に係わるものですので必ず備蓄 をしておくようにしましょう。何か起こる前の備えというのが1番重要です。