地震で水に困らないために

 

地震で水に困らないために

万一の地震に備えて確実に対策をしておきたいのが水の備蓄を行っておくことです。その際にはウォーターサーバーが役立ってくれます。日常的に楽しみながらも、いざという時には非常用として活躍してくれます。

 

地震で水に困らないために

地震の影響で断水する事態に見舞われることがあります。過去に起こった大震災の場合、完全に復旧するまで、およそ90日もの期間が掛かった例もあり長期的な悩みになる恐れもあり得ます。水はライフラインの基盤ともなる存在ですから、自由に使えない状況に陥ると大きな不便を強いられることになるでしょう。

地震大国でもある日本で生活する上で心掛けなければいけないことがあります。それは備蓄をしっかりと行うことです。もし地震の被害に見舞われた場合でも、速やかに支援が行われる態勢もありますので、備蓄の必要性をそれほど感じていない人もいるかもしれません。しかしながら支援が入るまでには日数を要することもありますし、想定外の規模による被害ならば予想よりもはるかに時間が掛かる可能性もあるでしょう。

万一、支援がスムーズに行われない事態に至った場合、自力で対処していくことが必要であり、もしもの事態に困らないためには最悪のケースを想定して地震に備えなければいけません。そのための基本ともなるのがしっかりと備蓄を行うことで、リスクへの意識を高く持つことで後々の安全を確保することができるのです。したがって、備蓄に関しては個々が重要な問題として認識することが必要と言えるでしょう。

備蓄を行う場合の方法ですが、水を準備しておく際にはペットボトルのミネラルウォーターが選ばれることが多いです。ペットボトルをしっかりと用意しておくのは効果的ですので実践する価値があります。しかし近年ではウォーターサーバーも備蓄の観点から注目されているのです。普段の便利な水としてだけでなく、防災対策として活用されるケースも増えています。

 

選ばれる理由とは何なのか

ウォーターサーバーが良い理由に、定期的に水が送られてくる点が挙げられます。地震に備えて水を用意するにしても、いつ発生するのか分からない災害に対して常に準備万端にするのは簡単ではありません。賞味期限も考えながら入れ替えをしなければいけませんから、あれこれ手間が掛かることでモチベーションも保ちにくくなるでしょう。その点、ウォーターサーバーなら常に水がある状態を手軽に維持できます。重たい水を運んでくる手間もなく、女性やお年寄りだけの世帯でも不便を感じにくいです。

常に新鮮な水を確保しておけるのもメリットと言えます。水をストックしておく場合、管理方法が良くないと腐ってしまう可能性も否定できません。そのような物を飲料用として飲むのは危険です。

ウォーターサーバーのユーザーですと新鮮な物がストックされている状態ですから鮮度の面で安心感があります。安全に飲めるのはもちろんのこと、各社が拘りの品質で提供してくれる物でもあるために味が良く、万一被災した際にも安らぎの時間を与えてくれることでしょう。

専用ボトルは大容量のためにストックの面で利便性もあります。ペットボトルですと本数も準備しておかなければいけないところ、一方の専用ボトルなら20リットル弱の物もあります。たったひとつのボトルで沢山の水を確保できますので、何本もペットボトルを用意する必要がありません。

このようなメリットがあるゆえに地震対策にも打ってつけです。普段から水を楽しめつつ、いざという時には頼れる嬉しい存在と言えます。

各メーカーで特徴もありますし、収納方法やボトルの形態も異なります。料金の安さだけではなく、女性で も取り換えやすいバックインタイプも人気です。バックインタイプでしたら停電してしまった時でも、コッ クが取り付けられていますのでそこから水を出すことが出来ます。

ボトル式ではなく、水道直結型の「CoolQoo(クールクー)」でも、冷水で約3リットル、温水で約3リットル の約6リットルの水がタンクに貯蔵できます。
また、配送手段がなくボトルが届かない場合でも、水道と電気が復旧さえすれば、利用が可能となります。

赤ちゃんがいるご家庭では、特にミルクを作る時にも必要となりますし、命に係わるものですので必ず備蓄 をしておくようにしましょう。何か起こる前の備えというのが1番重要です。