会社の防災を考えれば水の備蓄は必須

 

会社の防災を考えれば水の備蓄は必須

会社の防災を考えたときに必要なものはいろいろとありますが、まず水の備蓄は必須と言えるでしょう。

というのは、これがなければ人は数日も生きることは出来ないと言われています。

緊急時用の水
会社の防災を考えたときにまず確保すべきものという事になり、その次に食料という事になるでしょう。

水は緊急時の事を考えれば備蓄しておく必要があります。

いざという時に無くてはならないものですから、その時に確保できないというのでは防災の意味がないからです。

会社の防災時の備蓄リストとしては、真っ先に考えておく必要があります。

これはとても重いという事も考えておく必要があり、そう簡単に持ち運べないという事も考えておく必要があります。

災害が起きれば断水などのこともあるという事を考える必要がありますから、備蓄をしてこれに備えることは当然という事にもなります。

火災などにも備える必要があるので飲料用以外でも使い道はで出来ますが、まずは緊急時の飲料用として最低限の分は確保しておくことが必要になります。

会社にいる人員が数日飲む分ぐらいは必要という事になるでしょう。

人は一日に2リットルは必要ともいわれていますから、それに人数分をかけて保管をしておく必要があります。

そして、これは賞味期限もあるものなので、定期的に交換する必要がある事も忘れてはいけません。

一度備えても月日が経過すれば交換して新しいものを備えるようにする必要があります。

手間も時間もかかりますが、会社の防災という事を考えれば当然必要な措置なので、忘れずに備える必要があると考えるべきです。

 

災害は必ず来ると考えて備えるべき

災害は滅多に来ないし起きないという発想ではなく、必ず来ると考えて、これに備えることが大切です。

来るかもしれないだとまだ甘いといえます。

この甘い考えは必ず災害時にはしっぺ返しとなって返ってくることになります。

災害は必ず来ると考えて、それに対応できるものを備えるというのが基本ということになるでしょう。

何が必要になるのかは、災害によっても変わりますが備えるべきものや行動などは、同じような事をすることになるので、考えられるあらゆる災害に備えていれば、想定していなかったような事態となってもある程度は対応をすることが出来るでしょう。

会社の防災はこのように考えて万一に備えておくものです。

万一というとまずいので必ず来ると考えて、これに備えておくべきものです。

するべきことは、災害が起きたら安全なところに逃げる、その際には慌てないで、所定の場所に冷静に移動する、その際には頭を低くして頭上に注意をし、煙が発生している時にはハンカチで煙を吸わないようにして、速やかに走らないで所定の場所に移動するようにします。

そしてその場所には備蓄された水や食料が保管してあって、それで緊急時は過ごすことが出来るようにしておくということです。

こうした備えがある事で、安心して仕事をすることも出来ますし、万一のときに慌てないで行動をすることが出来ます。

ですから、日ごろから避難訓練をするなどして、常にそうした事態に備えることが必要です。