高齢者の脱水症予防にウォーターサーバーが適している理由

 

高齢者の脱水症予防にウォーターサーバーが適している理由

高齢者は体の機能低下などを理由として脱水症にかかりやすいです。看護の際にはこまめに体調をチェックしたり、日常的に意識して水を飲むように指導する必要があります。ウォーターサーバーは気軽に飲みやすいため、意識して飲んでもらいやすくなります。

高齢者は、脱水症にかかりやすいです。その理由は、体内の水分量が減っていることがまず挙げられます。これは、加齢に基づく食欲の減退などが理由です。また、体液を蓄積する筋肉量の低下も、同じく減らす原因です。
そして、加齢に伴う内臓の働きの低下も、脱水症を引き起こしやすくなります。高齢者になると、腎臓の働きが低下します。腎臓は、体内の水分量をコントロールする機能を有していますが、その働きが低下すると塩分濃度を適切に調節することができなくなってしまい、脱水症にかかってしまいやすくなるわけです。
感覚機能が低下することも影響してきます。人間は体の水が減るとそれを知らせるためにのどが渇くのが普通です。しかし、高齢者になると感覚機能が低下してしまって、のどの渇きに気付かず長期間水を摂取しないことによって脱水症になることがあります。
まだまだほかにもあります。排泄障害がある場合です。頻尿などの排泄障害があるケースでは、必要な分までも排泄してしまうことがあります。高齢者は排泄障害になることが多いので、これが関係してくることがあります。
その他には、降圧剤の摂取によることもあるといえるでしょう。高齢者は血圧が日常的に高くなってしまうことが多いので、降圧剤を服用していることも多いです。この薬には利尿作用が副作用として存在しているため、必要な分も余分に排出してしまいやすくなります。
これらが主な理由ですが、高齢者は脱水症を引きを超しやすいです。脱水症は高齢者の場合は特に命にかかわってくるものであるため、看護をする方は脱水症に気を付けて看護をする必要があります。具体的には、こまめに様態をチェックしたり、適切なタイミングで水を摂るように促す看護を行うことです。
手軽に水を飲みやすい環境を整えることも重要でしょう。すぐに水を飲むことのできる環境なら、積極的に高齢者も不足分を補給するようになって、脱水症を予防することにつながります。

 

高齢者の脱水症の予防にウォーターサーバー

ウォーターサーバーは、高齢者の脱水症を防ぐために看護にも役立つといえます。その理由は、設置場所が自由なので、近くに設置しておけばこまめに水分補給をしやすくなるからです。目に見えていれば、意識してこまめな水分補給をするようになる可能性も高くなりますし、一定時間に何杯飲むかという指示をすることで、飲むように促すことができます。また、看護する側もすぐに水を出して飲ませることができるので、看護の手間も省くことができるでしょう。実際に、介護施設に設置されているケースもありますし、自宅に設置して飲ませるようにしている家庭も多いです。
水のおいしさも、RO水や天然水であるため水道水に比べるとおいしいです。意識して飲むにしても、味がおいしくなければ飲む気にもなりません。しかし、味がおいしければ積極的に飲みたいと感じてもらうことができるため、水分補給をしてもらいやすくなるでしょう。
高齢者が一人でウォーターサーバーを利用する場合は、扱いやすさが重要になってきます。ウォーターサーバーはタンクを上部にセットして利用しますが、これが大きいと重くて取り換えに苦労することとなります。力が低下している高齢者にとって、重い物を持ち上げることは苦労してしまいます。しかし、水の容量が少ない軽量ボトルタイプも販売されています。これなら、気軽にセットすることができますし、一人で少ない消費量でも余すことがないため、ちょうどよいといえます。料金も大きなタイプよりも安くて済むため、コストの問題も解決されます。その他、卓上タイプも、水の設置場所が低くてしかもコンパクトで扱いやすいため、高齢者に向いているといえます。