口臭の原因を取り除くには水を飲むのが効果的

 

口臭の原因を取り除くには水を飲むのが効果的

口臭の原因のほとんどが、口内に生息する細菌です。直接歯を磨いたり、臭いを抑えるうがい薬を使う方法が一般的ですが、普段から効果的な方法で水を飲むだけでも、簡単かつ手軽な口臭対策が可能です。

口臭の代表的な原因には虫歯や歯周病のほか舌苔などがありますが、胃炎や糖尿病など罹患している病気が影響していることもあります。しかし実際には口内と喉からきてるケースがほとんどで、水を飲むだけでも臭いを緩和することが可能です。

直接臭いに作用しているのは揮発性硫黄化合物で、別名口臭ガスとも呼ばれています。原因は歯垢や舌苔のほか、膿栓や膿汁です。これらを原因とする口臭は、実に全体の9割を占めると言われています。

舌苔は舌の上に付着する白い苔のような物質で、主に食べカスや飲料物をエサとして細菌が繁殖した集合体です。口臭の原因となることが多いため、舌苔を取り除くことは口臭予防の基本となります。水だけでは完全に舌苔を取り除くことはできませんが、食後や臭いの強い飲み物を飲んだ後すぐに水を飲んだり、口内をすすぐだけでも臭いのもとをある程度洗い流すことが可能です。

舌苔の原因となっているものに歯周病菌があり、唾液が分泌されない睡眠中に増殖し、起床時の口臭の原因となってしまうため、しっかりとした歯磨きによる口腔ケアが重要となります。このため朝起きてすぐに水を飲むと、口内の雑菌を洗い流すことができるため口臭対策には有効です。

これらに続いて多いのが膿栓や膿汁です。俗に臭い玉と呼ばれているもので、喉の扁桃腺部分の窪みに付着します。白血球が細菌やウイルスを被い死滅したものの塊ですから、身体の免疫系が正常に機能している証ですが、これらができないように対策することは難しいため、自然に排出されるのを待つしかありません。口内に細菌やウイルスが入り込まないよう気をつけると多少は改善されるため、歯周病の治療や口呼吸しないよう意識することで効果を発揮します。膿栓や膿汁についても、水を飲んだりうがいをすることで一部を洗い流すことができます。

普段は唾液によって口内が清潔に保たれ、それが口臭予防にも繋がっており、水で洗い流すことは唾液と同じ役割と言えます。