妊娠中の女性や膀胱炎の水分補給にはウォーターサーバーの美味しい水を

 

妊娠中の女性や膀胱炎の水分補給にはウォーターサーバーの美味しい水を

妊娠中の女性が食べ物や飲み物の好みが変わってしまうのは妊娠の初期にみられる症状の一つで、体内のホルモンバランスの変化によるものとされています。今まで食べていたものが急に苦手になったり、嗅覚が鋭くなり普通に飲めていた水道水のカルキ臭が気になるようになり、嘔吐してしまうこともあるのです。つわりが酷く何も食べられず栄養バランスが乱れ、水分を十分に摂らないような状態は妊娠中の大切な時期の母体に、そしてお腹の中の赤ちゃんにも悪影響を及ぼします。妊娠中の水分補給は非常に重要、一般的に妊婦さんには1日に1.5〜2リットルもの大量の水分を摂取することが勧められています。また膀胱炎の方も、十分な水分の摂取が大切です。膀胱の中で細菌が繁殖する膀胱炎はいつまでも残る不快な残尿感が大きな特徴、尿の量の減少や血尿、排尿時に強い痛みを感じることもあるのです。膀胱炎の主な原因はトイレを我慢して膀胱内に尿が溜まった状態が長く続き、疲労や病気などで抵抗力が落ちていると細菌が繁殖しやすくなるのです。そして水分補給不足も大きな原因の1つ、たとえば汗をたくさんかいて体内の水分が不足すると尿の量も減ってしまいます。

膀胱になかなか尿がたまらないと尿意を自覚するまでに時間がかかり、膀胱内に尿が長時間留まることになり、細菌が繁殖して膀胱炎を引き起こしてしまうのです。膀胱炎が悪化して細菌が尿管から腎臓まで達すると、背中に激しい痛みと高熱を伴う腎盂炎を発症するケースもあるのです。妊娠中の水分不足は血液がドロドロ状態になったり、羊水が不足する「羊水過少症」なども引き起こすケースもあり、お腹の赤ちゃんに十分な酸素と栄養が行きわたらなくなり、成長を妨げるような危険な状態になることもあります。膀胱炎の治療にも水分が重要で、抗菌剤の服用と水分補給をたっぷり行います。抗菌剤で細菌を死滅させ水分をたくさん摂ることで尿を多く作り、細菌を身体から排出するのです。

 

良質の水が手軽に飲めるウォーターサーバー

妊娠中は食欲がないとしても栄養バランスを考え、十分な水分補給を心がけなければなりません。果汁のジュースやお茶、炭酸水などを飲む際に注意が必要なのは含まれているカフェインや糖分、そして塩分などの含有量です。これらの成分はお腹の赤ちゃんに良くない影響が出てしまう可能性があり、むくみや妊娠高血圧症候群といった悪い影響を及ぼすこともあるのです。妊娠中のつわりや食欲不振の症状が酷く、カルキ臭や味が気になって水も飲めないという方には、カルキを含まない質が良い安全な水が気軽に使えるウォーターサーバーがおすすめです。

妊娠中のつわりが酷く何も飲みたくないような状態でも、美味しい水で氷を作り囓ってみると口の中がひんやりするので吐き気が治まることもあるのです。かき氷を作り好きなシロップをかけて食欲をそそり水分補給をするのも良いでしょう。水分補給は膀胱炎の治療と予防にも重要です。膀胱炎の対策は膀胱の中から細菌の排出と細菌の侵入を防ぐことですが、細菌を排出する排尿を促すもっともシンプルな手段が水分補給です。膀胱炎の予防に最適な水は、余分な成分が含まれない良質な水です。ウォーターサーバーなら膀胱炎の治療に最適な白湯もスイッチ1つで気軽に淹れられるので便利、冷水や温水を使いたいときに、すぐに利用できるのでお茶などの飲み物も気軽に淹れられます。ウォーターサーバーは水の種類を選べることも魅力、妊娠、出産してからの赤ちゃんのミルクを作りに最適な不純物を取り除いたRO水、RO水にミネラルを添加した水もあります。そして日本各地の、ミネラルを豊富に含む美味しい名水が気軽に飲めるタイプなどがあります。自分が美味しいと思う水なら、毎日たっぷり飲んでも苦にならないのです。