冷え性を改善させるために正しい水の飲み方を実践

冷え性を改善させるために正しい水の飲み方を実践

 

冷え性を改善させるために正しい水の飲み方を実践

慢性的な冷え性が治らなくて困っている方は多いでしょう。

水の飲み過ぎは冷え性を招くと考えている方が多いですが、正しい飲み方を知っていれば問題はありません。

むしろ水を飲むことによって冷え性を遠ざけることが可能になります。

冷え性の要因として血のめぐりの悪化があるので、血液・リンパの流れを促進することがポイントとなります。

体液がスムーズに循環していると細胞が温まるので、全身を温めることができるわけです。

人間の身体は末端が冷えると全身に冷えが及んでしまうので、常にサラサラ体質を維持することが大切です。

肉類中心で野菜をほとんど食べない食生活は血流をドロドロにさせやすいですが、飲料補給も大いに関係しています。

ジュースやコーヒーをがぶ飲みする方は冷え性を招きやすいので、冷え改善のために適量に抑えてください。

夏場は意外にも冷え体質になりやすいですが、この理由としてジュースの飲み過ぎがあります。

喉が渇いたときに飲む程度が好ましいですが、それ以外にも起床後は飲んでおくのが好ましいです。

就寝中は大量の発汗によって血液がドロドロになりやすいため、冷え性改善のためにコップ1杯の水を飲みましょう。

血液がサラサラになると身体が温まりますし、脳梗塞や心筋梗塞の予防にもなります。

ペットボトルに入れておいて、枕元に置いておけば起床時にすぐに飲むことができます。

ミネラルウォーターは非常においしく、のどごしもよいので喉の渇きを癒すのに最適です。

ウォーターサーバーを導入すれば、いつでも新鮮なミネラルウォーターを飲むことができます。

不純物が取り除かれており、ミネラルが豊富に含まれているので健康維持に最適です。

人間の身体は冷えにより免疫力が低下してしまうので、冷え性改善は必須となります。

正しい水の飲み方を認識しておき、常に血流をサラサラにしておきましょう。

手足が冷える方は末端に血流がスムーズに行き届いていない可能性があるので、1日2リットル程度は水分を補給したいものです。

 

正しい飲み方を知って実践しよう

水を正しく飲むポイントはおいしく継続することで、そのためには飲みやすいものを選ぶことが大切です。

例えばミネラルウォーターには硬度が存在し、硬度が低いほどまろやかな飲み口になります。

硬度が高くなるとミネラル分は豊富になりますが、舌に残るような重たい感触があります。

日本で主流となっているのは硬度の低い軟水なので、ミネラルウォーターを購入するときはチェックしてください。

実際に飲んでから口に合うものを選ぶのが間違いありません。

冷え性改善のためには血液を末端まで循環させる必要があり、そのために効果的なのは白湯を飲むことです。

沸騰させてから冷ますことにより、不純物が取り除かれてより健康的になります。

ぬるま湯は身体を冷やさないので、胃腸の冷えを改善するためにもおすすめです。

胃腸が冷えると消化機能が低下してしまうので、肌荒れの原因にもなります。

白湯やぬるま湯を飲むタイミンは喉が渇いたときですが、ほかにも発汗を伴う場面の前後に飲んでおくのもおすすめです。

例えば運動前後は汗をかきますから、コップ1杯程度は飲んでおきましょう。

ほかにも入浴前後、起床時などは摂取するタイミングとして適しています。

冷え性改善のためには毎朝体温測定をしておくことが大切で、計測するタイミングは同じにしましょう。

目が覚めて起き上がる前に計測すると、本来の体温を知ることができます。

良質の水を正しく飲むことによってめぐりが改善し、細胞を元気にすることができます。

体調が好転してきたらめぐりが活性化していると考えられるので、毎日の体調チェックも行なってください。

お茶を活用する場合はカフェインを含まないものがおすすめで、覚醒作用や利尿作用がないので就寝前でも飲むことができます。