解約金はいくらかかる?ウォーターサーバーの解約方法

解約金はいくらかかる?ウォーターサーバーの解約方法

 

解約金はいくらかかる?ウォーターサーバーの解約方法

ずっとウォーターサーバーを使いたいたけど契約を見直したいから解約したい。 ウォーターサーバーの水のおいしさには満足してはいるけど違う選択肢を探している。 このようなお悩みをお持ちの方はいませんか。

 

費用

まず、解約原因として一番多いのが費用です。ウォーターサーバーを利用するためにはさまざまな費用がかかります。
毎月の費用としては、水の代金を含め、サーバーのレンタル料や電気代、配送料などがあります。
目安として、1日1リットル水を消費し、電気代が月に1,000円かかった場合、毎月約3,000~8,000円ほど費用が発生します。
会社によっては、毎月の費用のほか、初期費用や定期的なメンテナンス料が必要な場合もあります。また利用状況によっては、解約金が発生する場合もあります。

発注ノルマ制度

それから解約を考えてしまう理由としてノルマの問題もあります。
宅配水業界には1ヶ月に注文する数量が決まった発注ノルマの制度が設けられていることがあり、これが原因でトラブルになる場合もあります。
発注ノルマはふたつのタイプに分けることができます。
ひとつは配送時の最低注文ロットを指します。
例をあげると、最低ロットが30リットルの契約だった場合、10リットルのみ水を配送することは不可能です。
ただ、密閉されている水に関しては半年から1年程度は保存可能となります。
そのため、一度に多く配送されても傷んで飲めなくなるといったことはありません。
全て使い終えてから次の注文を行えばいいのですが、もうひとつ問題があります。それは月間注文ノルマです。 月間注文ノルマとは、1カ月のうち必ずこの本数は注文しなければならないといったもので、例えば、月間注文ノルマが40リットルの場合、同じ月の中で30リットルしか水を使用しなくても最低限40リットルは購入しなければなりません。そうなると、当然残りの10リットルは無駄になってしまいます。
このようなノルマがあると、特に一人暮らしをしている人たちはノルマのために水を消費しないといけないのでストレスとなってしまう方が多いようです。
また家族の場合でも、家族がいるから水をたくさん消費するに違いないと思い、ノルマのことは気にせず契約したものの、 実際にウォーターサーバーを使ってみると予想よりも水の消費量が減ってしまい使い切れずに余ってしまうことがあるようです。

交換の手間

続いて解約を考えてしまう理由として交換の手間もあげられています。
一般的なウォーターサーバーは、どこのメーカーでもボトルの大きさは12リットルが基本です。
ただ、12リットルのボトルであればその重さは12キロにもなります。力のない人であれば持ち運びは困難でしょう。
また、ガロンボトルの場合、ボトルそのものの重さがさらに加わる関係で、12リットルの水の重さが13キロにもなってしまいます。
その上、ほぼ全てのウォーターサーバーにおいて、ボトルの設置場所がサーバーの上の方にあり、重いボトルを持ち上げてサーバーに取り付けなければなりません。
特に12キロものボトルを女性の力で持ち上げるのはとても困難な作業です。そういったことから、家庭によってはボトルを設置する作業を男性に任せているところも多いのではないでしょうか。
このような事情もあり、最近ではサーバーの下部にボトルを設置できるようになっている製品や、ボトルが持ち上げやすいように取っ手がついているものもみられます。

ボトルの保管場所に困る

また、空になったボトルを置く場所を考えるのがストレスだという人たちもいます。
リターナブル方式という種類のウォーターサーバーであれば、使用済みのボトルはメーカーに返却する必要があります。
リターナブル方式とは、使用済みのボトルをメーカーが回収し、洗浄後に再利用する方式のことです。
そのため、空になったボトルは、配達員が回収しにくるまでどこかに保管しておかなければいけないのですがマンションなどでスペースがあまりない場合は、置く場所がなくて困ってしまうという方がいるようです。

解約金について

そして実際に解約手続きをしようと踏み切る際に注意してもらいたいのが解約金になります。

契約中のウォーターサーバーを辞める手続きをするにあたって解約金が発生することがあります。

ただしメーカーによってこの解約金の有無は異なります。

解約金のことを知らずに契約してしまい辞めるときに気が付いてトラブルとなってしまうこともあるようなので注意が必要です。

賢く解約金から逃れる方法としては、例えばウォーターサーバーの乗り換えを検討しているようであれば新規乗り換えキャンペーンを利用して、解約金をお得に済ませることができます。

乗り換えたいメーカーにキャンペーンがあるか確認した上で解約金をお得に済ませるといいでしょう。

解約手続きの流れ

実際に解約に踏み切った際には解約手続きはどのように進めればよいのでしょうか。

ウォーターサーバーを解約するにあたりウォーターサーバーの取り扱いをしている会社によって多少解約手続きの流れは異なりますが一般的な手続きの流れについてご説明します。

まず解約手続きを開始するには、販売店へ解約の旨を連絡します。

解約するにあたり解約手続き専用のフリーダイヤルを設けているところが多いです。

会社によってはインターネットなどで手続き可能なところもあるようです。

その際、少し注意が必要な点が、レンタルサーバーの返却になります。

メーカーによっても違ってきますがあらかじめ説明はあるでしょう。

場合によっては水を使い切る必要があるのです。

そのため、解約をしてサーバーの返却が決まったら、水の消費量を考えたうえで回収希望日を設定するようしましょう。

電話にて販売店やカスタマーセンターなどに解約の意志を連絡した場合は、手続きはスムーズに行われることが一般的です。

その際、中には解約理由を聞かれる場合もありますが、無理な引き留めと共に解約ができなくなるケースはないでしょう。

サーバー返却の流れ

サーバーの返却について、まずは全体的な流れを把握しておきましょう。

サーバーを返却する場合、ご家庭に設置しているサーバーを販売店スタッフが引き取りに来ることも、またはサーバーを自分で梱包して発送する手続きが必要な場合もあります。

サーバーの引き取りをしてもらう場合は、返却するまでにタンクの水を使い切る必要があります。

その際に水が余ってどうしても使いきれないというケースがありますが水が余っている状態でも解約はできます。

返却するのはサーバーのみとなり、水の料金については既に支払いを終えているため、返却の必要はありません。

サーバーはメーカーが所有するものですが、水は利用者のものという区分となります。

ウォーターサーバーを急に解約しなければならない事態が生じた際には、たとえ水が余っていたとしても、慌てて使うことなく解約しましょう。

またボトルを空にするのであれば必ず温水や冷水共に水を出し切るようにしましょう。

契約期間中の解約

ウォーターサーバーを契約している期間内に解約をすることを決めるとどうなるのでしょうか。

ここでくわしくご説明します。

解約金額には2パターンあります。

何年使っても金額が変わらない内容のものと、契約年数により金額が変動する内容があるのです。

場合によっては、解約金が発生しない業者やプラン存在しています。

このときに注意する必要あがるといえるのが、契約年数によって解約金額が変わるタイプのものです。

使用期間が短いほど解約金が割高になるので、予想外の金額になってしまうことがあります。

水が消費しきれずに解約を検討している人は、休止システムを利用して、少し宅配を休んで継続したほうがよい場合もあります。

会社によって解約金に関する内容は異なるので、契約の際にきちんと確認することが重要です。

解約にかかる費用の相場

解約にあたっての費用相場はどれくらいかかるのでしょうか。

実際のところ解約金が一切発生しない業者もありますが、基本的には契約期間内に解約すると違約金が発生するようになっています。

3,000円で済む場合もあれば、25,000円という請求額になることもあるようです。

全体的な相場をみてみた限りでは、5,000~10,000円くらいに設定しているところが多いといえるでしょう。

金額より重視すべきはやはり契約期間です。

また、解約金以外にも、色々な追加料金が発生する場合があります。

これにはどのようなものがあげられるのでしょうか。

たとえば、サーバーを返却するにしても、返却のための送料がとられてしまう、あるいはサーバー交換の手数料、または配送休止料がかかる場合があるのです。

契約期間1年以内に解約する場合

解約の例として契約期間1年以内を想定してみます。

あるウォーターサーバーの会社では更新月解約料は解約が無料、更新月以外だと7,000円がかかるとされます。

会社によるところですが、全体をとおして割合安いといえるところですと、入会後6ヶ月以内だと解約料は3,000円という会社もあります。

そして、1年未満に解約する運びとなった場合は10,000円、1年以上2年未満で解約にいたった場合は5,000円のサーバー返却手数料としての解約金が発生する会社もあるようですので、あらかじめ確認しておく必要があるでしょう。

他にも1年未満の解約で返却送料と洗浄料として9,500円を解約金として手数料を請求している会社もあります。

このようにみると解約金の相場としては10,000円前後と考えておいたほうがよいでしょう。

また、利用者が過去にサーバーを破損・故障させた場合には、補償代金も追加で請求される場合もあります。

最低契約期間はそれぞれのメーカーやプランによって異なりますが、短いものだと6ヶ月、長い場合だと2~3年に及ぶものもあります。

ウォーターサーバーは基本的に2~3年継続利用で料金が設定されています。

そのため、3年以上の長期利用だと解約料はかからないケースが多いようです。

注意が必要なのは、サーバー交換です。

途中でサーバーを交換した場合、利用年数はゼロになってしまいます。

例えば2年使ったあとにサーバーを変えた場合などは、サーバーを変えた時期から2年以内の解約として手数料が必要となってくるので注意しておきましょう。

 

次に使うウォーターサーバーはどうするか

解約金も支払い無事に解約が完了したあとで次に考えることは今後の水についてです。

さまざまな理由から解約したとしても、今までおいしくて安全だった水環境がなくなってしまうのです。

しかしそうはいってもボトル型ウォーターサーバーの水をずっと契約していくのはもう厳しい。

そのような方におすすめなのが、今注目を集めている水道直結タイプのウォーターサーバーになります。

この水道直結型サーバーから出てくるのは、水道水です。

もちろん水道水で給水するので、基本的にかかる月々の費用はウォーターサーバー本体のレンタル料金のみになります。

その他には多少の電気代とたまに必要となるフィルター交換くらいなのでほぼレンタル料金のみで、追加の費用がかからないのは魅力的です。

過去にボトル型ウォーターサーバーで費用がかかってしまったのがネックとなって辞めてしまった方や、もう既に解約の検討をしている方でも安心して使える費用構成となっています。

またボトルに残っている水の残量を常に気にしなければいけないような心配がなくなります。

自分が必要だと思う水を自分のため、家族のために、と思う存分使うことができます。

そして今まではサーバーにボトルを取り付けるためには重いボトルを持ち上げなければならなかった大変な作業の手間はこの水道直結のウォーターサーバーには全くありません。

また興味深い点では水道直結のウォーターサーバーの魅力となるポイントは水道水をろ過する技術にあります。

ほとんどの水道直結のウォーターサーバーにはROろ過システムといってRO膜という超微細孔のフィルターで、ろ過するといった、ろ過技術を搭載しています。

ウォーターサーバーでは、そしてその水を冷水や温水、常温水と、用途に合わせた状態で利用できます。