水道水はなぜおいしくない?

水道水はなぜおいしくない?

 

水道水はなぜおいしくない?

水道水がおいしくないと感じる理由としては、上述したようににおいや味などが挙げられています。そして、それらが生じる原因としては以下のものが指摘されています。
日本の水道水の安全性は世界的にみても非常に高いことで知られており、そのまま口にしても健康被害が表れることはほぼありません。しかしながら、その反面、水道水から生じるにおいや味が気になり、口にすることに抵抗を感じるという方も少なくありません。

ここでは、水道水がまずい原因について解説するとともに、それに対するおすすめの対処法などをご紹介します。

 

カルキ臭

水道水を飲むことに対して抵抗を感じるという方がしばしばその理由として挙げるのがカルキ臭です。このカルキ臭はプールの水から生じることもあり、そのにおいをかいだことがあるという方も多いことでしょう。

カルキとは、またの名を次亜塩素酸カルシウムといい、さらし粉と呼ばれることもあります。特にこのさらし粉は、水の消毒や漂白に使用されることがおおく、プールの水の消毒などでも使用されていることから、それがカルキ臭を生じさせる原因となっています。

水道水においてもこのような塩素を使用した消毒は行われており、そのことが水道水の安全性を保っていますが、その反面残留した塩素はプールの水と同様にカルキ臭を発生させるため、水道水からも同じようにカルキ臭がすることがあります。

また、塩素には水道水に含まれる不純物と化合することでトリハロメタンと呼ばれる発がん性物質を発生させる性質があることから、カルキ臭が生じている水道水を日常的に飲んでいると、将来的な健康被害が生じる恐れもあります。

このようにカルキ臭の原因となる塩素には、消毒や漂白を行い、水道水の安全性を高められるというメリットがある反面、発がん性物質を発生させるというデメリットがあるという点に関しても覚えておく必要があるでしょう。

 

カルキ臭以外のにおい味

一方で水道水からはカルキ臭以外の嫌なにおいがすることもあり、そのことを理由として水道水を口にすることに抵抗を感じている方も少なくありません。

水道水から生じるカルキ臭以外のにおいとして多いのが、生臭いにおいです。特に食器を洗った後などに食器から漂ってくる生臭いにおいが気になったことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんが、そのようなにおいも水道水が原因となっていることがあります。

このように水道水から生臭いにおいが生じる原因としては、ダムの底に溜まった泥の中にある生臭さの原因成分が溶け出し、水道水に混在したまま供給されてしまったことが考えられます。そのため、水道水の生臭い状態が長期間にわたって続く場合は、地域の水道局か保健所へ連絡してみるのがおすすめです。

その一方で水道水の味には硬度が関係していることもあります。特に水道水の硬度は地域によって異なることもあるため、普段とは違う地域で水道水を飲むと違う味がすると感じることもあります。

 

天候や気温による異臭

水道水の異臭には天候や気温が関係している場合もあります。特に、空梅雨が発生すると、ダムやそこに流れ込む川は水量が少なくなり、水の流れも停滞するようになります。この状態になると水面には多くの藻が発生するようになり、浄水場ではその処理を行うために大量の塩素を投入するため、その分カルキ臭と藻が腐ったようなにおいが混ざり合った異臭がすることもあります。

また、地震や火山活動などが活発化すると、水道管には衝撃が加わり、水道管内部の錆がはがれ、水道水に混入してしまうこともあります。これにより水道水からは鉄臭いにおいがするようになり、場合いよっては健康被害が発生する場合もあります。

そのため、水道水から鉄臭いにおいがするようになったら、水道局などに水質調査を依頼し、場合によっては建物の管理会社やオーナーに水道管の点検や取り換え工事などを提案してみるのも有効です。

 

水道管の老朽化

現在日本で使用されている公用の水道管の多くは1960年代から1970年代にかけての高度経済成長期に設置されたものがほとんどとなっています。一方で、水道管の平均寿命は約40年とされているにもかかわらず、現状で水道管の取り換え工事は順調には進んでおらず、耐久年数を過ぎた水道管が老朽化し、水道水の質にも影響を与え始めているといわれています。

老朽化した水道管の内部では錆が生じ、上述したような地震などの衝撃が加わると簡単にはがれるようになっていることも考えられます。そのため、水道水の鉄臭さは、かつてはマンションなどの集合住宅で生じやすいとされていたものの、現状では戸建て住宅でも生じやすくなっているといえます。

また、水道水から生じる異臭はマンションの貯水タンクの老朽化や汚れが関係している場合もあります。マンションの屋上に貯水タンクがある場合、タンク内の異常に気づきにくいことから、知らないうちに水道水の質が悪化していることもあるため注意が必要です。

そのため、マンションなどで水道水から異臭がする場合は、管理会社やオーナーに貯水タンクの点検や清掃を依頼するのもおすすめです。

 

浄水器設置について

このように水道水から生じる異臭は、水道水に混在した何らかの不純物が原因となっていることがほとんどです。そのため、水道水を安心して飲むために浄水器の購入を検討されている方も多いかもしれません。続いては、この浄水器の性能や種類について解説します。

 

浄水器によるカルキ臭の除去

カルキ臭の除去を目的として浄水器の購入を考える方も少なくありません。しかしながら、浄水器は価格帯や性能がものによって大きく異なるため、浄水器全般を一括りにして、どれくらいカルキ臭を除去できるのかを明確にすることはできません。そのため、浄水器の購入に際しては、いくつかの商品を比較し、検討する必要があります。

また、浄水器の主な機能としては水道水中の不純物の除去が挙げられますが、いずれの浄水器でも不純物を完全に除去することは困難であるため、不純物の一種であるカルキを原因とするカルキ臭もまた完全に除去することはできません。

しかしながら、浄水器の中には逆浸透膜などを使用した高性能なものも存在し、そのような浄水器であればカルキ臭を人が感じない程度にまで除去することは可能です。また、浄水器の中でも蛇口に直接取りつけるような簡易的なものではなく、キッチンのシンクに設置する据え置き型のものなどは、水道水をろ過するのに若干の時間がかかる反面、その性能は特に優れたものが多いことから、カルキ臭をほぼゼロに近い状態にまで除去することが可能です。

 

浄水器の種類

 


浄水器は以下の6種類に分類することができます。

蛇口直結型
最も典型的な蛇口につけるタイプの浄水器を「蛇口直結型」といいます。このタイプの商品は非常に多い分、商品ごとの性能の差も大きく、購入時には口コミなど第三者の評価も参考する必要があります。

据え置き型
キッチンのシンクに設置する若干大きめの浄水器が「据え置き型」です。性能のよいろ過機能を搭載していることが多い反面、場所を取るというデメリットもあります。

アンダーシンク型
キッチンのシンクの下に取りつける浄水器を「アンダーシンク型」といいます。このタイプは据え置き型と同等のろ過機能を搭載しているだけでなく、シンクを占有しないというメリットもあります。

ポット型
内部にろ過装置が搭載されたポット型の浄水器も存在します。このタイプは水を入れ、数時間そのままにしておくと、ろ過された水がポットの底にたまる仕組みになっています。また、最近では同様の仕組みを利用した水筒型のものも多くなっているようです。

シャワー型
蛇口直結型と同様に蛇口に取り付けるタイプの浄水器ですが、こちらはシャワータイプになっているため、お風呂などでの使用に適しています。そのため、浄水機能は飲み水の生成を目的としたものよりも劣ることが多くなっています。

ストロー型
ろ過機能を取り付けたストロータイプの浄水器も存在します。このタイプは災害時などの使用を念頭に置き開発がされたため、性能は他の浄水器よりも劣り、日常生活での使用には適しません。

このように浄水器にはさまざまな種類が存在し、それぞれで使用に適したシーンも異なることから、各々の特徴をよく理解した上で購入するものを決定する必要があります。

 

現在の浄水器は不純物や錆臭さの除去が可能

水道水には正常な状態でも塩素が残留していることから、カルキ臭が発生することは致し方ないといわざるを得ません。しかしながら、最近では水道管の老朽化などを原因とする錆臭さが水道水から生じる場合もあるため、水道水の質に不安を感じている方は少なくないでしょう。

それに呼応する形で現在の浄水器の性能は向上しており、不純物の除去に関してもナノ技術を生かした逆浸透膜を利用することなどによって、その精度は日々向上しているといえます。特に、多くの浄水器で使用される逆浸透膜は、ペットボトル入りのものが販売されることもあるRO水の生成においても重要な存在となっており、そのことからも不純物の除去に関する精度の高さがうかがい知れます。

一方で水道管の老朽化などが原因となることが多い錆臭さは、消臭効果が期待できる活性炭が使用されている浄水器で除去することができるかもしれません。特に活性炭が使用された浄水器には、鉄臭さ以外にもカルキ臭や生臭さを除去する効果も期待できるため、水道水のにおいに敏感な方には特におすすめです。