カルキが水道水の味におよぼす影響とは?

カルキが水道水の味におよぼす影響とは?

 

カルキが水道水の味におよぼす影響とは?

カルキ臭の「カルキ」とは、次亜塩素酸カルシウムといい、さらし粉と呼ばれることもあります。このさらし粉は消石灰に塩素を混ぜて製造されることから、そのまま「塩素」ともいわれます。これは、プールの水などの塩素消毒などでも使用されます。この塩素消毒は水道水の処理においても同様に行われており、そのことが水道水から生じるカルキ臭の原因となっています。

 

塩素消毒の必要性・メリット

さらし粉によって行われる塩素消毒は、主に水道水の消毒・漂白を目的として行われています。この作業はダムなどに溜めた衛生状態がよくない水を処理し、水道水として供給する上で欠かせないものとなっていることから、その必要性は非常に高く、カルキ臭はその作業によるなくてはならない代償といえます。

塩素消毒の具体的なメリットとしては、ダムに溜まった衛生状態のよくない水に含まれる細菌などの消毒が簡単に行えるという点や、大量の水にも対応できるため、水道水の処理に適しているという点などが挙げられます。

 

塩素消毒のデメリット

塩素消毒のデメリットとしては、上述のとおり鼻を突くようなカルキ臭が残ることが挙げられます。このカルキ臭と残留塩素自体は健康被害が表れるほどのものではないものの、苦手とする人が多いという事実は水道水の品質において無視することはできないでしょう。

また、塩素は水道水中に含まれる不純物と化合することでトリハロメタンという消毒副生成物を生成させる働きがあることが確認されていますが、このトリハロメタンは発がん性物質でもあることから、長期的にみると人体への悪影響がないともいえないという点もまたデメリットとして挙げられます。