ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!
【軟水×硬水】水にだって種類がある!

【軟水×硬水】水にだって種類がある!

「軟水と硬水」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。

日頃から水を愛飲している方はご存知かもしれません。逆に、単語だけ聞いた記憶はあるけど、その分類についてどのようなものか知らない方もいるでしょう。ここでは、軟水と硬水についての基準や使用用途の違いについてご紹介いたします。

軟水と硬水について

硬水と軟水の違いわたしたちが普段何気なく使用したり、飲んでいたりする水ですが、同じ水にもかかわらず、味の違いを感じたことがある方もいるでしょう。

実はこの味の違いはミネラルウォーターなどで記載されている「軟水」「硬水」の違いにより生まれているのです。まずは「軟水」と「硬水」の違いについてご説明していきます。

軟水と硬水の違い

この2つの水の違いは、水に含まれているカルシウムマグネシウムの服有量で分類されています。

見た目は全く同じ飲料水でも、味の違いが生まれるのはこの2つを含めたミネラルの服有量が理由です。では、実際にどのような基準で「軟水」と「硬水」が分類されるのかについて、詳しくご説明していきます。

硬度とは?

まず、水は「硬度」というもので分類されます。この「硬度」というものはカルシウムやマグネシウムの含有量のことです。そのため、これらの含有量が低い「軟水」はまろやかな口当たりと、さっぱりとした風味を感じ、含有量が高い「硬水」は口当たりが重く、苦味を感じます

見た目が同じ飲料水でも、メーカーにより味の違いが生まれるのはこのためです。また「ガス入り」「ガス無し」など、日本に比べてミネラルウォーターの販売が盛んなヨーロッパは「硬水」が多く、逆に国産のミネラルウォーターはほとんどが「軟水」です。そのため「硬水」に慣れていない日本人はヨーロッパへの旅行で、個人差はありますが「水が美味しくない」と感じてしまいます。

軟水と硬水の分類

前述のとおり水は硬度で分類されるのですが、実際にはどのような基準で分類されるのでしょうか。日本国内での分類方法とWHO(世界保健機関)での定義で違いがありますので、この2つの区分方法についてご紹介します。

日本では一般的に硬度100mg/L以下の水を「軟水」それ以上のものを「硬水」と分類しているのです。また、硬度の計算方法にはアメリカ硬度、ドイツ硬度、フランス硬度、イギリス硬度など複数のものがありますが、日本ではアメリカ硬度を採用しています。

水とカルシウム・マグネシウムの関係

先ほど、硬水に慣れていない日本人がヨーロッパ旅行へ行った際に水が美味しくないと感じるのは、ヨーロッパの水が硬水だからと説明いたしました。ヨーロッパが硬水である理由としては、水にカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが含まれる過程にあります。

天然水は地中にしみ込んだ雪や雨が地層中で汚れやゴミなどをろ過し、地層中のカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分を吸い取っています。日本は国土が狭いため、地層に浸透する時間が短く、逆にヨーロッパなどの大陸では地層に接する時間が長いのです。

この時間の差が「軟水」と「硬水」を生み出す要因のひとつになっています。

軟水のメリット・デメリット

では、カルシウムなどの含有量が低い「軟水」にはどのような長所や短所があるのでしょうか。日本人になじみ深い「軟水」のメリットとデメリットについてご紹介します。

メリットとしてはまず、日本料理に適していることが挙げられます。理由としては「軟水」は無味無臭のものがほとんどであり、日本料理のような繊細な味付けを魅力とする料理の邪魔をしないからです。

次に、赤ちゃんや小さなお子様にも安心して飲ませることができることです。

「硬水」と比べてマグネシウムの含有量が低いためお腹に優しく、胃腸への負担が少ないからです。また「軟水」は肌や髪にも優しく、含有成分のおかげで肌がつっぱったり、髪がパサパサしたりする心配がほとんどないといえます。

デメリットとしては「軟水」はカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分があまり含まれていないという点で、ミネラル分の補給は期待ができないところです。

軟水の適した使い方・用途

「軟水」は体への吸収が速いため、運動中や夏の暑いときなど素早く水分補給をしたい場合に適しています。スポーツなどをされる際に水分補給として使う場合は「軟水」のミネラルウォーターをおすすめします。

次に、だしを摂るときにも素早く抽出されるため、コーヒーや紅茶、緑茶などを愛飲されている方も「軟水」を選ぶことがベストかもしれません。その他にも「軟水」を飲用することで老廃物の排出、美肌効果などが期待できます。

硬水のメリット・デメリット

一方、カルシウムやマグネシウムの含まれている量が高い「硬水」にはどのような長所や短所があるのでしょうか。炭酸が含まれていたり、香りづけがされていたりとお洒落な印象を受ける「硬水」のメリットとデメリットについてもご紹介します。

まず、便秘の解消効果が期待できる点がメリットといえます。実はマグネシウムは下剤にも使用されており、マグネシウムを多く含む「硬水」は消化器系に影響を与えて便通をよくする効果が期待できます

次に、洋風の煮込み料理を作る際に適している点です。「硬水」には肉の臭みを消したり、煮込んだときにアクを出やすくしたりする働きがあるからです。ですが、和風の旨味成分であるアミノ酸やタンパク質もアクとして排出されてしまうため、洋風の煮込み料理を作る際に使用するのがベストといえます。

また、動脈硬化の予防も期待できるのです。カルシウムやマグネシウムが多く含まれている「硬水」には、血液をさらさらにする効果があるといわれています。そのため、動脈硬化を予防し、心筋梗塞や脳梗塞といった病気のリスクを減らすことが期待されています。

デメリットとしては、洗剤の泡立ちが悪くなり、十分に洗浄できない可能性がある点です。これは「硬水」に多く含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が原因となっています。

これらのミネラル分が洗濯の際など、汚れを分解する前に化学反応を起こし、水に溶けない性質を持ったカルシウム石鹸やマグネシウム石鹸といった物質になってしまい、洗濯物に付着したり、底に沈殿したりするためです。海外に在住する際には中和効果のある成分を含んでいる硬水用洗剤を購入、利用することをおすすめします。

硬水の適した使い方・用途

カルシウムやマグネシウムを始めとしたミネラル分の補給ができる点が長所といえます。ミネラル分が不足していると感じている方には「硬水」をおすすめします。また、カルシウムとマグネシウムによる代謝の促進や脂肪吸収の抑制も期待できます。ダイエット効果を期待する方にも「硬水」の選択が最適でしょう。

その他には、パスタを茹でる際に使用するとコシが出ますので「軟水」で茹でたものとは一味違ったパスタ料理を作ることができます。

軟水を使わないほうがいいケース

多くの点で万能な「軟水」ですが、ミネラル分の含有量が低いため、貧血などでお悩みの女性がミネラル分の補給を目的に飲用するのはやはり適さないといえるでしょう。カルシウムやマグネシウムを始めとしたミネラル分の補給としてミネラルウォーターなどを飲用される場合は「硬水」のものをおすすめします。

硬水を使わないほうがいいケース

逆に「硬水」はミネラル分が多く含まれているため、腎臓の機能に問題がある方や胃腸が弱い方ですと、前者は結石のリスクが高まり、後者はお腹がゆるくなってしまいます。そのため、腎臓や胃腸の機能に不安のある方は「軟水」を選ぶことをおすすめします。

日本の水道水は軟水?硬水?

では、身近な水道水は軟水と硬水はどちらに当てはまるのでしょうか。

主に日本の水道水は軟水となっていますが、中には硬度の高い地域もゼロではありません。特に沖縄県の水道水は硬度が高いと言われています。ですが、そのように硬度が高い地位か数カ所にとどまっており、平均して日本の水道水は軟水と言えるのです。

ミネラルウォーターは軟水?硬水?

次に、一般的に販売されているミネラルウォーターはどうなのでしょうか。

ミネラルウォーターは、軟水と硬水の両方があります。身近なお店に販売されているミネラルウォーターは軟水がほとんどといえますが、中には硬水を取り扱っている店もあるはずですので、飲みなれていない水を購入するときはパッケージの記載を見て確認してから購入することをおすすめします。

ウォーターサーバーで軟水と硬水は選べるのか

今日、自宅で利用される方も多くなったウォーターサーバーですが、こちらで軟水と硬水を選ぶことは可能なのでしょうか。

こちらについても調べてみましたが、残念ながら日本国内では取り扱っていないようです。そのため、中程度の硬水もしくは海外から取り寄せるという方法しか現状では方法はないと言えるでしょう。

サムネイル
関連コラム
水道水のこと知っていますか?

まとめ

今回は水の分類「軟水と硬水」についてご紹介してきました。

これらは、カルシウムやマグネシウムの含有量から分類され、目に見えない部分で大きな違いがあることが分かったのではないでしょうか。また、料理に適した水や、体調によっては避けたほうが良い水があるので、この記事を参考に軟水と硬水を上手く使い分けてください。