ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!

ウォーターサーバーの最適な選び方

ウォーターサーバーといってもその種類はいくつかあり、使用用途や家族構成など、利用者自身のスペックに合わせて最適なものを選ばなければ、ウォーターサーバーを導入することによる恩恵は受けられません。ここではウォーターサーバー自体の種類や使用用途と、ウォーターサーバーの最適な選び方などについて解説していきたいと思います。

ウォーターサーバーの基本情報

ウォーターサーバーの安全性

ボトルが大きい水は毎日口にするものであるため、ウォーターサーバーの導入を検討する際にその安全性は大きなポイントとなります。

ウォーターサーバーはさまざまな業者が独自の商品を取り扱っているため、ウォーターサーバーであれば総じて安全であるとはいい切れません。しかしながら、ほとんどのウォーターサーバーはボトルを頻繁に交換することや、機器内に自動除菌機能などを設けることにより安全性を高めており、過度な心配は不要です。

どれぐらいの種類があるのか

ウォーターサーバーそのものの形式は大きく分けて「ボトル式」と「水道直結式」の2種類に分けられます。ボトル式は主にミネラルウォーターなどが入った大型のボトルを頻繁に交換することで、いつでも質のよい水を飲めるようにするのに対し、水道直結式は「RO膜」などを利用したろ過機能を内蔵しており、水道水をよりよい状態で飲めるようになっています。

RO膜などを利用したろ過機能が内蔵された水道直結式のウォーターサーバーは、浄水器と混同される方もいますが、水道直結式のウォーターサーバーには自動除菌などの機能が複数付帯しており、簡易的な浄水器とは機能面で大きく異なります。

また、これら2種類のウォーターサーバーは、さらに「床置きタイプ」と「卓上タイプ」の2種類に細分化できるため、設置場所の条件に応じて適したものを選ぶのがよいでしょう。

水を飲む以外の用途

ウォーターサーバーというと飲用を目的として導入する人が多いというイメージが強いかもしれませんが、ボトル式・水道直結式いずれの場合も水そのものの価格は非常に安く、お茶やお酒などでの飲用や料理での使用だけでなく、洗顔などで使用したとしても決して贅沢ではありません。また、温水が出るウォーターサーバーを選択すれば、より幅広い用途に使用できるでしょう。

ウォーターサーバー選びで気を付けるべき点

価格だけでは選ばないほうがいい

ウォーターサーバー選びでは多くの人が水そのものの価格で良し悪しを判断してしまいがちです。しかしながら、ボトル式のウォーターサーバーでは、一回当たりの最低注文本数が決められていることも少なくありません。このようなウォーターサーバーを導入した場合、利用者は必要ない分の水まで注文することとなり、無理をしてそれを次の配達日までに消費しなければならなくなるということにもなりかねないでしょう。

また、ウォーターサーバーには水そのものの料金だけでなく、機器のレンタル費用や定期的なメンテナンス費用なども発生することがあります。そのため、ウォーターサーバー導入時は、価格だけでその良し悪しを判断するべきではありません

サイズも重要

上述したようにウォーターサーバーには、床置きタイプと卓上タイプがあり、それぞれでサイズが異なります。また、ボトル式か水道直結式かによってもサイズは異なり、屋内における設置可能な場所も変わってきます。そのため、ウォーターサーバー導入時には、設置場所をあらかじめ決めておき、それに応じたサイズ内でウォーターサーバーのタイプを決定するとよいでしょう。

配送や交換の手間は?

ボトル式のウォーターサーバーの場合は、ボトルの配送頻度についても確認しておく必要があります。

ボトル式ウォーターサーバーのボトルの配送方式には、あらかじめ決められた頻度で定期的に配送されるものと、利用者が好きなタイミングで注文をし、配送してもらうというものがあります。前者には何度も注文をする手間が省けるというメリットがある反面、消費しきれなかった分がたまってしまうというデメリットも存在します。一方で後者には何度も注文しなければならないというデメリットがある反面、本当に必要な分だけを購入できるという点がメリットです。

また、ボトル式の場合、ボトルの交換は利用者自身で行うこととなりますが、ほとんどの場合、ボトルの交換は簡単に行えるようになっているため、その手間を気にする必要はないでしょう。

サムネイル
関連コラム
意外と大変…使って分かるウォーターサーバー「水」の重たさ

利用者のスペックごとに見たウォーターサーバーの実用性

ウォーターサーバーは、機器そのものの機能だけでなく、利用者の家族構成や利用環境などのスペックによって、その実用性も異なります。続いては、利用者のスペックごとにウォーターサーバーの実用性を考えてみましょう。

家族構成

一般的な核家族かそれ以上の人数によって構成される家族の場合、水の消費量は大変多くなることが予想されます。そのため、ボトル式ウォーターサーバーの消費しきれなかった分のボトルがたまっていってしまうという心配は必要ありませんが、一方で水そのものの料金だけで利用料が高額となってしまうこともあるでしょう。そのため、大人数の家族であればあるほど、水そのものの価格に注意してウォーターサーバーを選べば、経済面でもその実用性の高さを実感できます

一方で、特に健康志向の方などの中には、一人暮らしでも自宅にウォーターサーバーを導入したいと考える方も少なくありません。このようなケースでは自分の好きな頻度で注文ができるボトル式のものや、ボトルを交換する手間が省ける水道直結式のものを選択すれば、その実用性の高さがわかります。

また、赤ちゃんに質のよい水を飲ませる目的でウォーターサーバーの導入を考えている方もいらっしゃることでしょう。一概にはいえませんが多くのウォーターサーバーは機器内に自動除菌機能などを搭載しているだけでなく、水道直結型では高いろ過機能を搭載し、また、ボトル式では元から質のよいミネラルウォーターを使用しているため、赤ちゃんの飲用や離乳食に使用しても問題ないでしょう。業者によっては、赤ちゃんの飲用としての利用への適正を明確にしていることもあるため、よく確認した上で選択すると安心です。

サムネイル
関連コラム
赤ちゃん・乳幼児に、水道水は危険?

ペットの飲用としての適性

質のよい水はペットに飲ませても安心だと考えがちですが、犬などのペットの場合、ミネラル分が多すぎる水は有害なこともあります。そのため、ウォーターサーバーの水をペットに飲ませる際には、業者が明文化しているペットの飲用としての適性についてよく確認しなければなりません。

サムネイル
関連コラム
ペットの健康のために選ぶウォーターサーバー

利用環境

ウォーターサーバーが設置されることの多い場所として挙げられるのが、オフィスや病院などの多くの人が集まる場所です。このような場所でウォーターサーバーを設置する場合、水の消費量は格段に多くなることが予想されるため、水そのものの価格でウォーターサーバーを選択するのがよいでしょう。

一方で上水道の普及・整備が整えられた日本では、水道からでも質のよい水が出ている地域が存在します。そのため、居住環境によってはウォーターサーバーの導入を考える前に、自身が住む場所の水道水の質についてもよく把握する必要があるでしょう。

サムネイル
関連コラム
水道水のこと知っていますか?

「ボトル式」と「水道直結式」どちらを選ぶべきか

それでは、最後にウォーターサーバーのタイプの中でも最も基本的な「ボトル式」と「水道直結式」の各々が、どのような人や利用用途に向いているのかまとめてみましょう。

ボトル式が適している方の例

まず、根本的な点として、よりミネラルウォーターに近い水を飲みたいという方はボトル式が適しています。また、そもそもあまり頻繁にはウォーターサーバーを使用しないという方もボトル式が適しているでしょう。

水道直結式が適している方の例

一方でミネラルウォーターでなくても、水道水をろ過した程度の水であれば問題ないという方は水道直結型が適しています。また、頻繁に使用するため、ボトル交換の手間を省きたいという方や、水そのものに対しては一般的な水道料金以上の金額は払いたくないという方も水道直結型が適しているでしょう。

さらに詳細な徹底比較についてはこちらをご覧ください。