ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!
ウォーターサーバーで簡単!奥さまの時短テクニック集

ウォーターサーバーで簡単!奥さまの時短テクニック集

ウォーターサーバーには従来の給水機能にとどまらず、温水機能をはじめとしたさまざまな機能が搭載されるようになりました。ここでは、それらの機能を利用した家事などにおける時短テクニックをいくつかご紹介したいと思います。

朝食の準備

毎朝のコーヒータイム毎朝温かいコーヒーを飲みたいという方は多いでしょう。しかしながら、お湯を沸かすには時間がかかるだけでなく、コンロから長時間目を離すのも危険なため、忙しい朝にそのための時間を確保するのは、難しいという方もまた多いのではないでしょうか。

ウォーターサーバーの中でも温水機能が搭載されたものは、いつでも80度近い熱湯を出すことができるため、コンロや電気ポットを利用しお湯を沸かす手間を省けます。そのため、朝食の調理時間を短縮でき、毎日ゆったりとした朝を迎えることが可能です。

赤ちゃんのミルクや離乳食の調理

赤ちゃんがいるご家庭では、赤ちゃんから目が離せないため、ミルクや離乳食の調理に大きな手間がかかるケースも少なくありません。また、赤ちゃんは夜中にミルクを欲しがる場合などもあるため、いつでもミルクや離乳食を調理できる態勢が整っていれば、親御さんは貴重な睡眠時間を多分に削る必要もなくなります。

この点において、ウォーターサーバーには、上述した通り温水機能が搭載されているものが多く、いつでも熱湯を出すことができるため、赤ちゃんが急にぐずつきだしたときにも、すぐに対応できるのです。

また、温水機能が搭載されたウォーターサーバーには冷水機能が搭載されているタイプも多いため、双方の機能を併用することによって、ミルクや離乳食の調理に利用する水の温度も調整が可能となっています。

このようにウォーターサーバーの各機能の中でも温水・冷水機能は、赤ちゃんがいるご家庭にとって非常に意義があり、大幅な時短を期待することができます。

サムネイル
関連コラム
ママ必見!離乳食にはウォーターサーバーを活用しよう!

煮物などの調理

ウォーターサーバーの機能は、日々の調理においても幅広く活用ができます。中でも特に高い効果を発揮するのが煮物の調理時です。

煮物の調理では味の調整などでさし水をする場合がありますが、この際に冷たい水を入れてしまうと一度沸騰した水の温度が下がってしまい、料理の味が落ちてしまう場合があります。

この点において、ウォーターサーバーの温水機能を活用し、熱湯に近い水をさし水として鍋に入れると、それによる水の温度の低下を防ぐことができ、料理の味への影響も最小限に抑えられるのです。

また、ウォーターサーバーの高品質な水は、水道水のように塩素などの不純物がほとんど含まれていないため、料理そのものの安全性を損なうことなく、調理時間の短縮ができます

インスタント食品の調理

忙しいときの食事は、カップ麺やカップスープなどのインスタント食品で済ませてしまうという方も多いかもしれません。しかしながら、水道水を沸かしてインスタント食品の調理をすることには意外に時間がかかるだけでなく、水道水に含まれる不純物が食品の安全性に悪影響を及ぼすケースも考えられるため、デメリットが多いと考えられます。

ウォーターサーバーの温水機能を活用してインスタント食品の調理を行う場合、お湯を沸かす手間を省ける上に、水道水以上に高い安全性が確保できるため、頻繁にインスタント食品を口にするという方にとっても大きなメリットがあるのです。

このように、ウォーターサーバーは、食事をインスタント食品で済ませることによる時間短縮というメリットをより大きできるため、多忙を極める方などはその恩恵を大いに受けられるのです。

干物の戻し

切り干し大根や乾燥シイタケは調理前に水で戻さなければなりませんが、その際に水道水を使用すると余計な時間がかかってしまうケースがあります。

この点において、ウォーターサーバーの水の中でも特に硬度が低い軟水は浸透力が高く、干物の戻し作業をスピーディーに行うことが可能です。また、ウォーターサーバーの水は、水道水に比べて品質がよく、干物自体が多くの水分を吸収する戻し作業に使用する水としても最適です。

キッチンの清掃

キッチンの水回りの汚れや、油汚れの清掃には多くの時間がかかります。しかしながら、ウォーターサーバーの水の中でも特にアルカリ性のものは、これらの汚れをきれい落としてくれる効果があるため、水道水以上に清掃に向いている水といえます。また、同様にアルカリ性である重曹と併用するとさらにその効果は高まることから、大幅な時間の短縮が可能となります。

また、ウォーターサーバーの温水機能を利用して、熱湯を油汚れにかけると油が浮きあがるため、より清掃がしやすくなり、この点においても同様に大幅な時間の短縮ができるようになります。

このようにウォーターサーバーは調理だけでなく清掃においても大きな威力を発揮し、面倒な作業の手間を解消してくれます。

まとめ

ここではウォーターサーバーを利用した調理清掃に関する時短テクニックをご紹介しました。最近では温水・冷水機能にとどまらず、さまざまな機能を搭載したウォーターサーバーが登場しており、それらをうまく活用すれば、さらに幅広い時間の短縮ができるかもしれません。