ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!
ママ必見!離乳食にはウォーターサーバーを活用しよう!

ママ必見!離乳食にはウォーターサーバーを活用しよう!

生後しばらくしてからの赤ちゃんには、段階的にミルクや離乳食を作って与えるようになりますが、使用する水の品質にはこだわらなければなりません。ここでは、赤ちゃん向けのミルクや離乳食を作る際に使用する水の選び方や、ウォーターサーバーの水は赤ちゃんが口にする水として適している理由などについて解説します。

赤ちゃんが口にする水の品質にこだわらなければならない理由

哺乳瓶品質のよくない水が赤ちゃんに与える悪影響の大きさは、恐らくほとんどの方が理解していると思われます。しかしながら、この場合の水の品質の良し悪しを大人の感覚で判断してしまうことには大きな危険が伴います。

例えば、多くの大人は輸入物のミネラルウォーターを日常的に口にしても健康被害は顕著に表れません。しかしながら、輸入物のミネラルウォーターの中にはミネラル分を多く含む硬水に該当するものも少なくないでしょう。

胃腸をはじめとした消化器官が未発達である赤ちゃんは、このような硬水を口にしてしまうと、そこに含まれるミネラル分が消化器官に悪影響を与え、下痢などの症状を引き起こすこともあります。

このような例もあることから、赤ちゃんが口にする水は、赤ちゃんの観点から見て、その水質にこだわる必要があります

赤ちゃんにとって水道水は危険がいっぱい

ミルクや離乳食を作る際に水道水を使用するという方は決して少なくありません。しかしながら、水道水には赤ちゃんにとっての危険が多分にはらまれているため注意が必要です。

例えば、一般的な水道水には、殺菌・消毒を目的とした塩素が投入されています。その量は、大人が飲む分には問題はありませんが、赤ちゃんが口にした場合、その免疫力の程度によっては健康障害が表れてしまうことも考えられます。

また、水道水に含まれる塩素は、同様に水道水に含まれる有機物と化合することで発がん性物質に変化するケースもあるといわれているのです。人体への影響は症状としてすぐに表れる訳ではありませんが、生後間もないうちからそれらの有害な物質を体内に取り込んでしまうのは避けるべきです。

このように、水道水には赤ちゃんの健康に悪影響を与えることが考えられる物質が含まれており、極力赤ちゃんに飲ませるのは避けるべきでしょう。

サムネイル
関連コラム
水道水のこと知っていますか?

ミルク・離乳食には軟水が最適

上述したように、硬度の高い硬水は赤ちゃんにとって有害であるため、赤ちゃんに飲ませる水の絶対条件としては硬度が低い軟水であることが挙げられます。最近では水が入った容器に「硬水」あるいは「軟水」といった表記がされているのも多いですが、もしそのような表記がない場合は、硬度が1Lあたり120mg以下のものを探してみるのがよいでしょう。

また、このような軟水はミルクや離乳食を作る際に使用する水としても適しています。軟水に該当するものは天然水が多いですが、さらに品質にこだわりたいのであれば、高度なろ過技術を用いて不純物が取り除かれたRO水を選択するのもおすすめです。RO水はウォーターサーバーの水として取り扱われていることも多く、ウォーターサーバーを取り扱う業者を中心に探してみると見つけやすいでしょう。

ウォーターサーバーの水なら何でもよい訳ではない

ウォーターサーバーで飲める水に対しては、多くの方は品質が高いとのイメージを持っているため、赤ちゃんに与えることに対して抵抗を感じない方も少なくないでしょう。しかしながら、昨今ではウォーターサーバーの水の種類は多岐にわたるようになっているため、選定時には注意をしなければなりません。

特に注意したいのが、上述した硬度の問題です。ウォーターサーバーに使用されている水は硬度が高いミネラルウォーターが多いだけでなく、場合によっては天然水でも人工的にミネラルが付加されることで、硬度が高くなっている場合もあります。

そのため、ウォーターサーバーの水は品質が高いから、種類に関係なく赤ちゃんに飲ませても問題はないということはなく、その成分表示を十分にチェックしなければなりません。

温水機能があるウォーターサーバーならさらに便利

赤ちゃん向けのミルクや離乳食を作る際にはお湯が必要となるため、毎日お湯を沸かさなければならず、そのことは親御さんにとっても大きな負担となります。

この点において近年では温水の給水機能がついているウォーターサーバーが珍しくなくなったため、赤ちゃんがぐずりだしてもすぐにミルクを作ることが可能です。また、この機能では80度程度の熱湯に近いお湯が給水されるため、冷水機能と併用すれば温度調節もしやすく、作ったミルクや離乳食をすぐに赤ちゃんに与えられるのではないでしょうか。

災害時の備えとしても最適

地震などの災害時には、赤ちゃんのミルクや離乳食の確保が難しくなるため、小さな子どもがいる家庭ではそのための備えもしておかなければなりません。

特にボトル式ウォーターサーバーの場合、ストックとして保管している水は空気に触れない状態になっているため、劣化するスピードが遅く、災害時の長期間の避難生活などでも赤ちゃんに与えることができます。

そのため、ミルクや離乳食作りに使用するためにウォーターサーバーを自宅で導入するのは、子どものことも考えた災害時の備えにもなるという点で大きなメリットがあります。

まとめ

ここでは赤ちゃんに与える水の品質について解説すると同時に、ウォーターサーバーの水をミルクや離乳食づくりに活かす方法などについても解説しました。水が赤ちゃんの健康に与える影響について気になるという方は、ウォーターサーバーの導入を検討してみてはいかがでしょうか。