ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!
ボトル宅配・買い切り・水道直結、ウォーターサーバーの種類について

ボトル宅配・買い切り・水道直結、ウォーターサーバーの種類について

数多くの業者がウォーターサーバー事業に参入している昨今では、ウォーターサーバー自体の種類も多岐にわたるようになり、各々にさまざまなメリット・デメリットが存在しているのが現状です。ここではウォーターサーバーの種類をいくつか挙げ、各々の特徴について解説していきます。

水道直結式ウォーターサーバー

水道直直結式では、その名のとおりサーバーを水道に直結させて使用します。そのため、水そのものの代金は水道代のみとなり、ミネラルウォーターなどを使用するウォーターサーバーよりも費用を大幅に削減することが可能です。また、水道直結式は、内部に高度なろ過設備が搭載されているため、水道水に含まれる塩素などの不純物を取り除けるため、高品質な水をいつでも飲めます。

一方で、多くのウォーターサーバーはボトル式となっているため、ボトルの交換や配達の申し込み、受け取りなどの手間が定期的に生じますが、水道直結式はそのような手間も省くことができるため、日中は家にいない場合が多い方などにも最適です。

このように水道直結式は、その普及率は現時点では低いものの、多くのメリットがあるため、今後さらに注目度が高くなるのが予想できます。

ボトル式ウォーターサーバー

一方で普及率が非常に高いボトル式は、最も典型的なタイプのウォーターサーバーといえます。

ボトル式には、ミネラルウォーターや天然水、RO水など、多種多様な種類の水から好きなものを選べるというメリットがあります。また、水そのものの価格は水道水よりは高いものの、500mlあたり50円台程度の値段が設定されていることもあるため、ペットボトル入りのミネラルウォーターなどよりも遥かに安い価格で毎日の水分補給に利用できるというメリットもあるのです。

一方で、ボトル式には上述したようなボトルの交換や配達の申し込み、受け取りといった手間が定期的に生じるというデメリットも存在します。そのため、時間に融通を利かせ辛い一人暮らしの方などには不向きな場合もあります。

レンタル型ウォーターサーバー

多くの場合ウォーターサーバーはレンタル型となっており、毎月のレンタル料が数千円程度かかります。そのため、場合によっては水そのものの代金より、サーバー本体のレンタル料のほうが高くつくケースも少なくありません。

レンタル型の場合は、サーバーを購入しなくてよいため、初期費用を安く抑えられる点や、短期間での使用の場合はサーバーを購入するよりもお得である点などがメリットとして挙げられます。また、レンタル型の場合は業者による定期メンテナンスなどのサービスを受けやすくなるため、急な故障などにもすぐ対応してもらえることが多いようです。

一方で、早期解約の場合は高額な解約料がかかるケースが多いという点は大きなデメリットのひとつとして挙げることができます。そのため、規約の内容や使用期間によってはサーバーを買ってしまったほうがお得である場合もあるのです。

買い切り型ウォーターサーバー

レンタル型に対し買い切り型は、利用者がウォーターサーバーを購入してしまう形となります。そのため、初期費用は高額になりがちですが、長期的に見ればこちらのほうがお得といえるでしょう。また、最近では大手通販サイトなどで安価なウォーターサーバーが販売されており、それらを購入してしまうのもよいかもしれません。

一方で、このような買い切り型のウォーターサーバーの場合、販売元が倒産してしまうと、そのサーバーに対応したボトルが手に入らなくなったり、修理をしてもらうことが不可能になってしまったりする場合もあります。特に輸入物のウォーターサーバーの場合はこの様な事態に陥ってしまう危険性が高かく、購入時には販売元の会社の規模や知名度などの比較が必要です。

床置き型ウォーターサーバー

サーバー本体の形状は「床置き型」と「卓上型」の2種類に分けることができます。

このうち床置き型のほうは、小型の冷蔵庫程度の高さがあり、最近では場所を取らないスリムタイプのものも多くなっています。また、床置き型専用のボトルは大型のものが多く、交換の頻度がすくないというメリットもあります。

一方で床置き型は、ボトルを交換する際に必要なスペースも含めると、サーバー本体のサイズ以上に広いスペースが必要です。そのため、設置場所が限定されるという点は大きなデメリットといわざるを得ません。

卓上型ウォーターサーバー

一方で卓上型の場合は、サイズが床置き型の半分以下であるため場所を取らず、食卓に置くことも可能です。また、コンセントを外せば持ち運びもできるため、食卓以外の場所にも設置が可能であるという点は大きなメリットということができます。

しかしながら、卓上型はサーバー本体のサイズが小さいことから、ボトルのサイズも小さく、頻繁にボトル交換を行わなければならないというデメリットもあります。

まとめ

ここでは、ウォーターサーバーの種類をいくつか挙げ、それぞれの特徴について解説してきました。それぞれのウォーターサーバーには異なるメリット・デメリットが存在するため、ここでご紹介した情報を参考に、ご自身の目的に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。