ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!
ウォーターサーバー選びに即決!【たった3つのポイント】

ウォーターサーバー選びに即決!【たった3つのポイント】

ウォーターサーバーの普及率が飛躍的に向上した昨今では多くの業者がこの事業に参入しており、各社が独自の特徴を有したウォーターサーバーを取り扱っています。しかしながら、このことから消費者にとっては何を基準にウォーターサーバーを選べばよいか分からないという悩みが生じることも少なくありません。ここではウォーターサーバーを選ぶ際に重視すべき「費用」、「水質」、「タイプ」の3点から、その選び方について解説していきたいと思います。

費用

ウォーターサーバーを使用する上で、ほぼ例外なく発生するのが水そのものの代金です。この値段は、業者や水の種類によって大きく異なりますが、最近ではミネラルウォーターでも500mlあたり50円台という低価格が設定されていることも少なくありません。オーソドックスなボトル式ウォーターサーバーの場合、ボトル1本あたりの値段が決められており、業者によっては1か月の最低注文本数が決められている場合もあります。

また、ウォーターサーバーは多くの場合、利用者がレンタルする形となるため、レンタル代もほぼ例外なく発生します。しかし、この費用に関しては無料となっていたり、サーバー返却時に返金されたりする場合もあるため、業者ごとの規約を確認するようにしてください。

一方で意外と見逃しがちなのが電気代です。特に温水や冷水の給水機能が搭載されたウォーターサーバーでは、内部で温熱器や冷却器が常時稼働しているため、電気代だけで月1,000円を超える場合もあるのです。中には省エネ機能が搭載されたものなどもありますが、最低でも月数百円の電気代がかかることも考慮する必要があります。

すべての業者ではありませんが、解約をする際に解約料や機器の撤去費用がかかる場合もあります。これらの料金は総額で数万円となることもあるため、契約時にはこの点も含め規約を十分に確認しなければなりません。

以上のことから、ウォーターサーバーの使用においては、サーバーに搭載された機能などによっても必要となる費用の内訳が大きく異なります。そのため、ウォーターサーバーを選ぶ際には、必要となる費用の総額だけでなく、その内訳も十分に比較する必要があります。

水質

ウォーターサーバーで使用されている水は、「ミネラルウォーター」や「天然水」といった呼ばれ方をしていますが、各々の水質には違いがあります。

ウォーターサーバーに使用される水の中でも特に多いのがミネラルウォーターです。ミネラルウォーターはその名のとおりミネラル分を多く含み、硬度が高い「硬水」に該当します。また、単にミネラルウォーターといっても、その種類は「ミネラルウォーター」、「ナチュラルミネラルウォーター」、「ナチュラルウォーター」、「ボトルドウォーター」に分類することができます。これらの各種類には、処理方法や含有成分に違いがあり、物によっては美容、整腸、ダイエットなどの効果があることが謳われている場合もあります。

ミネラルウォーターの成分の中には人工的に添加されたものもありますが、一方で採水地から汲み取られたのち、厳密な水質検査を経て出荷されるのです。これらの天然水には、人工的な添加物が含まれていないという特徴があります。

また、天然水には各種ミネラル分などによる効能などは期待できませんが、よりナチュラルな状態であるという点は大きなメリットであり、この点を重視して天然水を選択される方も少なくありません。

ウォーターサーバーには高度なろ過機能を利用して不純物が取り除かれたRO水と呼ばれるものも存在します。RO水はその水質が非常によく、品質を重視される方にとっては申し分のない水といえるのです。

このようにウォーターサーバーで使用される水は、その種類によって水質が大きく異なり、サーバーを選ぶ際には、各々の特徴についても熟知し、自身の希望に合うものを探してみるのがおすすめです。

タイプ

ウォーターサーバーは、「ボトル式」と「水道直結式」の2種類に分類することができます。

このうちボトル式は水が入った大型のボトルをサーバーに接続して使用し、ボトルの交換は利用者自身が行います。空になったボトルは業者が回収する場合と利用者が廃棄する場合があり、後者の場合はボトルに潰しやすい素材が使用されることが多くなっています。

また、ボトル式の場合は、ボトルの最低注文数が決まっていることが多く、利用者は常時ボトルを数本保管する必要があるため、非常時の備えにもなるというメリットがある一方、必要以上のボトルを注文しなければならないため、ボトルが溜まっていってしまうケースもあり、注意しなければなりません。

一方で水道直結式はサーバーを水道に直結することで、高度なろ過機能によって塩素などの処理がされた水道水が給水されるため、水そのものにかかるのは水道水のみというメリットがあります。そのため、電気代やサーバーのレンタル代などの月々にかかる費用によっては、ボトル式よりもはるかに安い価格で利用できることがあります。

以上のことから、利用者の求めるものにもよるものの、水道直結式は大きなデメリットもなく、ボトル式以上に優れているといえます。

まとめ

ここではウォーターサーバーを選ぶ際に特に重視すべきポイントを、「費用」、「水質」、「タイプ」の3つの観点から解説しました。これらを参考に、ご自身が求めるものを明確にし、それに合ったウォーターサーバーを探してみてください。