ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!
お米を美味しく炊き上げるコツは「水」にあり!

お米を美味しく炊き上げるコツは「水」にあり!

ウォーターサーバーの水はお米を炊く際に使用するのもおすすめです。しかしながら、水の種類などによっては、お米本来がもつおいしさを十分に味わえない場合もあります。ここでは、ウォーターサーバーの水を使用してお米を炊く上で知っておいてほしい知識について解説していきます。

水道水には塩素などの不純物が含まれる

日本の水道事情は世界的に見ても水準が高く、加熱処理まで行えば、その安全性も極めて高くなることから、お米を炊く際に水道水を使用する方は非常に多いのは何ら不思議ではありません。

しかしながら、水道水には微量ではあるものの不純物が含まれます。特に殺菌・消毒のために使用される塩素は水道水にも含まれているのです。この塩素は特定の有機物に反応することで発がん性物質を発生させるともいわれています。

そのため、水道水には直ちに人体に影響が表れるほどの害はないものの、長期的に見れば絶対に安全ということはなく、特に毎日お米を食べるという方は、炊飯時に使用する水の品質にもこだわらなければなりません。

不純物の少ないウォーターサーバーの水は炊飯にも最適

ウォーターサーバーの水には、天然水や各種ミネラルウォーターなどさまざまなものがありますが、そのほとんどは業者が選定した特定の採水地のみで採取した水とされています。また、不純物などの処理も十分に行われていることから、水道水と比較しても高い品質であるといえます。

特に高度なろ過技術のもと処理がされた「RO水」と呼ばれる水は、不純物の処理が徹底して行われており、炊飯に使用する水としても最適です。

また、RO水だけでなく、ウォーターサーバーで使用されることが多いミネラルウォーターや天然水には、成分や内容量などの表示が義務付けられているため、安全性を確認した上で使用ができるという点でも水道水に比べて炊飯に向いているということができます。

炊飯には軟水がおすすめ

一般的な感覚として、おいしいごはんとは、味はほのかに甘く、全体的にふっくらとしており、お米の粒が立った状態にあるものを指すことが多いのではないでしょうか。

しかしながら、ウォーターサーバーの水を使用して炊飯をしても、水の種類によってはこのような状態にならないケースがあるため注意が必要です。

上述した条件がそろったおいしいご飯を炊くためには、水の中でも「軟水」を炊飯に使用するのがおすすめです。ミネラルの含有量が少ない軟水は高い浸透力を持っているため、炊いたときにお米に浸透しやすく、炊きあがりがふっくらとした状態となります。

また、RO水の中には軟水をろ過したものも存在するため、炊飯に使用することを目的に、ウォーターサーバーの導入を考えているのであれば、軟水のRO水を取り扱っている業者を探してみるのがおすすめです。

目的によっては硬水がよい場合も

一方で、硬水は必ずしも炊飯に向いていないという訳ではありません。特にチャーハンやピラフに使用する水分の少ないパラパラしたごはんが必要なときや、外国産のお米を炊くときなどは、むしろ硬水のほうが向いているという場合もあるのです。

この理由としては、硬水にカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが多く含まれているため浸透力が低く、お米の内部にまで浸透しにくいということが挙げられます。そのため、場合によってお米に芯が残ってしまう場合もありますが、チャーハンやピラフなどの調理を経て、再度加熱をすると芯がなくなった丁度よい状態になります。

このように、よりおいしくお米を味わいたいのであれば、お米の種類や食べ方などに応じて、軟水と硬水を使い分けるのがおすすめです。また、多くの場合、ウォーターサーバーの水には、軟水あるいは硬水との表示がされていますが、表示がされていない場合は、成分表示にミネラル量から、どちらに該当するのかを判断ができます。

お米を研ぐときのポイント

よりおいしくお米を炊くには、水の種類だけでなく、お米のとぎ方にもこだわらなければなりません。

お米は最初に水が触れた段階から、水を吸収し始めるため、根本的なこととしてお米を洗い、すすぐ際にもウォーターサーバーの水を使用する必要があります。また、お米は洗いすぎるとうまみや栄養分まで捨ててしまう要因となるため、洗浄は2、3回程度にしましょう。

これら一連の流れは、お米が水に溶けた糠などの不純物を吸収することを防ぐため、できるだけ手早く行うのも重要となります。この点に注意しないと、ろ過処理がされた水を使用する意味もなくなってしまうため、使用する器具の準備などはあらかじめ行っておくようにしましょう。

炊くときの注意点

お米をおいしく炊くために、お米が水を十分に擦った状態で加熱する必要があるため、研いだ後は30分程度放置するようにしてください。このひと手間を加えるだけでお米をふっくらと炊き上げることが可能となります。

また、炊飯が終わったらすぐにふたを開けず、再び30分程度放置し、蒸らす必要もあります。これにより米粒が立った状態になり、味だけでなく、その食感まで楽しむことができます。

まとめ

ここではウォーターサーバーの水を使用してお米を炊く際に知っておいてほしい、最適な水の種類やおいしいお米の炊き方などについて解説しました。ぜひこれらの情報を参考に、ウォーターサーバーの水を炊飯に活用してみてください。