ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!
お酒の水割りにも使えるウォーターサーバー

お酒の水割りにも使えるウォーターサーバー

ウォーターサーバーの活用法としては水をそのまま飲むのが一般的ですが、お酒を割る際に使用するというのもおすすめです。ここでは、お酒とウォーターサーバーの相性について解説すると同時に、お酒に関係するさらなるウォーターサーバーの活用方法などもご紹介していきます。

お酒好きが水にもこだわるべきである理由

お酒の飲み方は多種多様に存在し、その好みも人によって大きく異なります。中でも、水割りは最もオーソドックスなお酒の嗜み方のひとつであり、お酒本来の味や風味を堪能する上でも最適な方法です。

一方で、お酒を水で割る際には、水の種類やお酒との相性も考えなければ、お酒本来の味や風味を十分に堪能できない場合もあります。特に水の場合は、わずかな成分の違いでも、その風味や飲んだときに喉で感じる感触などが大きく変化することもあるため、お酒に対して相性の悪い水を選んでしまうと、お酒そのものの魅力を消してしまう恐れもあるのです。

このような理由から、お酒を水割りで飲む際には、使用する水にもこだわる必要があるといえます。

お酒を割る水は硬度が重要

お酒を割る水を選ぶ際に、着目すべき点のひとつが「硬度」です。硬度とは、水に含まれるミネラル分の濃度を数値化したものであり、数値が1,000mlあたり120mg以上であれば「硬水」、60mg未満であれば「軟水」と呼びます。

感じ方には個人差がありますが、一般的に硬水は「硬い」という表現がされることも多く、飲んだときに喉にわずかな違和感を覚える場合もあるのです。一方で軟水は口当たりがよく、飲みやすいという特徴があります。

この2種類の水のうち、お酒を割るのに最適なのが軟水です。軟水は口当たりがよいため、お酒の風味や味を消してしまうことがなく、それらを存分に堪能できます。

ウォーターサーバーでの使用が多い水のうち軟水に該当するのが天然水やRO水などです。また、水道直結式のウォーターサーバーの場合、水道水が軟水の地域であれば、同様にお酒を割るのにも最適でしょう。一方でミネラルウォーターは硬水であるため、お酒を割るのには向いておらず、ウォーターサーバーを選ぶ際には注意が必要です。

ウォーターサーバーは冷水・温水が出るものがおすすめ

お酒の水割りの作り方に関しては、水の温度やお酒と水の比率などの好みが人によって異なるため、ウォーターサーバーを選ぶ際には、そのような好みの違いにも対応できる機能が搭載されている点も重視するべきです。

例えば、季節によって水割りに使用する水の温度を変えたいという場合は、水の温度調整ができるウォーターサーバーを選ぶのがおすすめです。特に最近では機器の内部に冷却器や温熱器を搭載することにより、いつでも冷水や温水が出せるようになっているウォーターサーバーも珍しくなくなってきており、そのようなタイプのサーバーを導入すれば、より多くの方法でお酒を窘めます。

一方でこのような冷却器や温熱器が搭載されたタイプのウォーターサーバーは、電気代が高くつく場合もあるため、導入に際しては注意が必要です。

仕込み水とお酒の関係

特に日本酒の場合、その味や風味の違いは使用する水が大きく影響するといわれています。これらの日本酒の製造過程において使用される水を「仕込み水」と呼び、その性質は水割りを作る際に使用する水選びにおいても重要となるのです。

例えば、仕込み水が硬水である日本酒の場合、その味は辛みを伴う力強い味になるのに対し、仕込み水が軟水である日本酒は舌触りが滑らかな優しい味になります。

このような味の特徴から仕込み水の硬度を判断し、同等の硬度を持つ水を使用して水割りを作ると、味や風味は損なわれることがなく、その魅力を存分に堪能できます。

このように日本酒に合った水は、仕込み水の硬度によって異なり、それを試飲などで判断できるようになれば、より多くの日本酒を堪能することができるでしょう。

飲食店での利用にもおすすめ

個人で営む飲食店や人手が足りていない飲食店では、お酒を作る作業で多くの時間を取られてしまい、接客などが疎かになってしまうということもあるかも知れません。上述したようなウォーターサーバーの冷水・温水機能などは、そのような飲食店でのお酒の提供業務を効率化する上でも大きな力を発揮するため、ウォーターサーバーは一般家庭だけでなく飲食店での導入にも向いているといえるでしょう。

また、異なるタイプのウォーターサーバーを店内に設置し、硬水や軟水が選べるようにした状態でセルフサービスとしてお客さんに利用してもらえば、業務の効率化が図れるだけでなく、お客さん自身もそれぞれの好みに合わせて水割りが作れるため、まさに一石二鳥です。

まとめ

ここではお酒とウォーターサーバーの相性や、水割りを作る際の水の選び方、さらにはお酒に関するウォーターサーバーの活用方法などについて解説してきました。最近では冷水・温水などの給水機能だけでなく、さまざまな機能が搭載されたウォーターサーバーが登場しているため、それらをうまく活用できれば、より多くの方法で水割りを堪能することができるでしょう。