ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!
ペットの健康のために選ぶウォーターサーバー

ペットの健康のために選ぶウォーターサーバー

ペットも家族の一人として大切に思っている方の中には、ペットにもより安全性の高い水を飲ませたいと考える方もいるかもしれません。ここでは、大切なペットの飲み水としても最適なウォーターサーバーの水について、その利点とペットに与える際の注意点について解説します。

水道水は必ずしも安全ではない

一般的な家庭ではペットの飲み水には水道水を使用していることと思います。日本の水道事情は世界的に見ても水準が高く、人間が飲んでも特に問題はないと考える方がほとんどであるため、ペットにも水道水を飲ませることに抵抗を感じない方が多いのは、決して不思議ではありません。

しかし、水道水には殺菌・消毒を目的とした塩素が微量ではありますが、含まれているため、その影響が人体に全く及ばないとは断言できません。特に、この塩素が水道水に含まれる細菌を殺菌した際には、トリハロメタンと呼ばれる発がん性物質が発生するのが分かっており、長期的かつ大量に水道水を飲むと、がんの原因となる可能性も考えられます。

このような水道水を飲むことによる悪影響がペットに対しても及ぶ可能性は十分にあり得るため、水道水はペットにとっても、必ずしも安全とはいい切れません。

硬水は尿路結石の原因となることも

ペットに水を与える際に注意をしなければならないのが、水の高度です。特にミネラルを多く含む硬水は、尿路結石などの症状を引き起こす場合もあるため、ペットに与えるのは避けたほうがよいでしょう。

ウォーターサーバーに使用される水の中で硬水に該当するのがミネラルウォーターです。ミネラルウォーターはその名のとおりミネラルを多く含んでおり、高度も高いためペットの飲み水としては不向きといわざるを得ません。また、一部地域では硬度が高い水が水道水として使用されている場合もあるため、該当する水道水もペットに与えるのは避けるべきです。

以上のことから、ウォーターサーバーの水をペットに与える場合は、高度が低い天然水を使用しているものを選択するようにしましょう。

不純物が少ない水はペットにも最適

ある程度の不純物が混在している水は、人間が飲んでも特に問題はありませんが、ペットの場合はこの限りではありません。

通常水道水には微量ではあるものの不純物が含まれています。その量は人間が口にしても特に問題はない程度ですが、ペットの場合はわずかな不純物でも体を壊してしまう可能性があるため、注意をする必要があります。

ウォーターサーバーで使用される水は、高度なろ過機能を使用して不純物が取り除かれた状態で出荷されているケースが多いため、このような不純物による悪影響がペットの体に及ぶのを心配する必要もありません。このことからもウォーターサーバーの水がペットの飲み水として適しているのは明白です。

高齢のペットの餌にウォーターサーバーの水を含ませるのもおすすめ

高齢のペットは咀嚼する力が失われてしまうため、硬いペットフードをかみ砕くことができなくなってしまう場合もあります。このようなケースでは、ペットフードに水を含ませ柔らかくするのがよいですが、高齢のペットは免疫力も落ちているため、使用する水の安全性にも気を遣わなければなりません。

ウォーターサーバーの水は、上述したように不純物が含まれていないだけでなく、細菌が繁殖しないよう、空気が含まれていない状態で出荷されるため、安全性が非常に高く、高齢のペットにも安心して与えることができます。

水を与えるときは水温にも注意

近年では内部に冷却器や温熱器を搭載することにより、いつでも冷水や温水が出せるようになっているウォーターサーバーも多くなりました。特に夏や冬は、ウォーターサーバーこのような機能を使用し、極端に冷たい水やぬるま湯をペットに飲ませたいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、この点についても注意が必要です。

個体差はあるものの、犬や猫は人間よりも胃腸が弱いため、冷水を飲むと下痢などの症状を引き起こしてしまう場合もあります。そのため、犬や猫にウォーターサーバーの水を飲ませる場合は、必ず常温の状態で与えるようにしましょう。

水道直結式もおすすめ

ウォーターサーバーの水の硬度の高さがペットに与える影響や、ペットも含めて大量の水を消費することによる出費の多さが気になるのであれば、水道直結式のウォーターサーバーを選択するのもおすすめです。

水道直結式のウォーターサーバーでは、水道水を高度なろ過機能を利用してろ過するため、硬度に対する心配が必要ないだけでなく、水そのものの値段は水道代と同じであるため、出費が極端に多くなる心配も必要ありません。そのため、ペットがいる家庭で使用するウォーターサーバーとしても最適です。

まとめ

ここでは、ペットの飲み水としても最適なウォーターサーバーの水について、その利点とペットに与える際の注意点などについて解説してきました。

人間にとって安全性が高いウォーターサーバーの水も、硬度や温度などに気を付けなければ、ペットにとっては有害となってしまうこともあるため、ペットの飲み水として使用する上では、適切な与え方について熟知していなければなりません。また、ウォーターサーバーを選ぶ際には、水の硬度やろ過方法などについても十分に確認しておく必要があります。