ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!
ウォーターサーバーの利点と難点について

ウォーターサーバーの利点と難点について

ウォーターサーバーの導入を検討する際には、その利点だけでなく、難点についても熟知し、総合的にその性能を判断しなければなりません。ここでは、一般的なウォーターサーバーに見られる利点と難点をそれぞれ3つずつご紹介します。

ウォーターサーバーの利点

ウォーターサーバーの利点を3つずつ紹介します。

利点1 安全性の高い水を安価で飲むことができる

ウォーターサーバーは、ペットボトルに入った状態で販売されることも多い天然水やミネラルウォーターだけでなく、高度なろ過機能によって品質が高められたRO水(逆浸透膜ろ過水)と呼ばれる水が使用されているのです。そのため、安全性の高い水を自宅にいながら気軽に飲む事ができるという点で大きなメリットがあります。

また、ウォーターサーバーを通して飲用できる水は、ボトル式ウォーターサーバーの場合で500ミリリットル当たり50円前後、水道直結式ウォーターサーバーの場合は、一般的な水道代と同じです。ですので、市販されているペットボトル入りのミネラルウォーターなどよりもはるかに安い価格で購入できるという点もまた、大きなメリットといえます。

利点2 サーバー自体の機能も豊富

近年では多くの業者がウォーターサーバー事業に参入しているため、各業者では独自の機能を搭載したサーバーの開発に努めています。

例えば、常温の水だけでなく、冷水や温水も飲むことができるよう、冷却器や温熱器を搭載したウォーターサーバーは非常に多くなっています。これにより、季節に関係なく安全性の高い水を飲みやすくなったり、料理や洗顔などの用途でもウォーターサーバーの水を利用しやすかったりというメリットも生じるようになりました。

また、最近では内部の衛生状態の保全のために自動清掃機能などが搭載されたサーバーも珍しくなくなってきており、利用者にとってはメンテナンスの手間を大幅に省くことができるというメリットもあります。

利点3 災害時の備えにもなる

度重なる大きな地震の発生により、日ごろから生活用水を確保しておくことの重要性を多くの人が実感したのは容易に想像ができるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーの中でもボトル式のものを家庭内で導入した場合、十数リットル程度の水が入ったボトルが常時家に複数本ある状態になるため、日常の飲用だけでなく、非常時の備えにもなるという点で大きなメリットがあります。

一方でウォーターサーバーの中でも水道直結式のものの場合は、水道水をろ過する仕組みになっているため、非常時に水道水の供給がストップしてしまうと、サーバー自体も使用できなくなってしまいます。そのため、非常時の備えとしてウォーターサーバーを導入する場合は、必ずボトル式のものにしなければなりません。

ウォーターサーバーの難点

ウォーターサーバーにはいくつかの難点も存在するため、それらについても熟知しておく必要があります。

難点1 さまざまな費用が掛かり分かりづらい

温水・冷水が使えるウォーターサーバー

通常ウォーターサーバーを使用する上では、サーバーの使用量や水そのものの料金が発生しますが、必要となる費用は業者によって異なるため、注意してください。

例えば、サーバーのレンタル料やボトルに入った水の料金が極端に安い業者の場合、初期設置費用や工事費用、さらには解約費用などの名目でサーバーの利用とは直接関係のない料金が多く発生する場合も少なくありません。そのため、契約時には規約をしっかりと確認し、見積もりを入念に行っておくとよいでしょう。

また、ウォーターサーバーの使用に際しては電気代も発生します。最近では省エネモードなどが搭載されたものも登場していますが、冷却器や温水器を頻繁に使用すると、月々の電気代は1,000円以上となることもあるため注意しなければなりません。

難点2 場所を取り、転倒の危険性もある

特に床置き型のウォーターサーバーの場合は、そのサイズも大きく、家庭内で設置場所を確保するのも難しい場合があります。また、縦長のウォーターサーバーの上部に重いボトルを装着した場合、安定性に欠けることもあるため、地震の発生時などに転倒の危険性があるという点も大きなデメリットといえます。

一方で業者によっては、設置時に転倒防止のためのサーバーの固定作業なども行ってくれることがあるため、利用するのがおすすめです。

難点3 ボトルが大きい

ボトルが大きいボトル式のウォーターサーバーの場合、サーバーに装着するボトルのサイズが大きい点も大きなデメリットとなることがあります。

通常水が入ったボトルは業者が配達をしてくれますが、1回当たりの最低配達本数が決まっているケースが多く、利用者はボトルを保管する場所を確保しなければなりません。

また、ボトルは大変重量があるだけでなく、多くのサーバーでは構造上サーバーの上部にボトルを持ち上げて装着しなければならないため、子どもや女性がボトルの交換をするのは難しいという場合もあります。ただし、水道直結式のウォーターサーバーの場合は、その心配は不要になります。

まとめ

ここでは、ウォーターサーバーの基本的な機能や構造をもとに、それによって生じる利点と難点について解説してきました。ウォーターサーバーの導入を検討している方は、これらの点をご自宅の環境などに置き換え、業者を選ぶ際の参考にしてみてください。