ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!

美容のために考えるウォーターサーバー選び

美容に気を使っている方は、日頃デトックスにも取り組んでいるかもしれません。デトックスというと、沢山の水を飲むのが良いとされており、水を飲んで汗や尿として出すことで、体の中の老廃物も排出できると言います。
ただ水を飲むにしても、少し飲んだぐらいではほとんど効果はなく、1日に沢山の水を飲まないとなりません。効果的に水を飲んでいくならば、その水の種類や飲み方を考える必要があります。
美容やデトックスの効果的な水の飲み方は何であり、どのような水を飲んでいけばいいのでしょうか?

水分不足による弊害

 

人間の体は約60%以上が水分で構成されており、人間に水分はなくてはならない成分となっています。のどの渇きを感じたときは、それはすでに1%程度体から水分が失われている証拠であり、さらに水分不足が進めば、脱水となり、脱水症状を引き起こします。

美容の面から見れば、皮膚の乾燥や潤い不足が起き、血液も水分で構成されているので、水分不足は血液濃度を高めるので、血液の粘性を高め、血行を悪くします。血行が悪いと、体の隅々まで栄養や酸素を運びにくくなるので、細胞には良くないです。
また、血行が悪いことは、体内の老廃物も運びにくくするので、老廃物を体内に溜めやすくなり、デトックス効果を低くします。

健康面から見ると、脱水は体に悪いばかりでなく、脱水が進んで酷くなると、生命の危機も招きます。体から2%の水分が失われると、めまいや吐き気などを引き起こし、10%失われると失神、20%失われると死亡の危険があります。脱水の症状が進めば進むほど、体の不調は多く表れ、最後は死亡する可能性も出てきてしまいます。

健康面を考えても、また美容面を考えても、水分不足を招くべきではなく、脱水にならないように、水分補給は十分に行うべきです。また汗をかいても水分は体から失われ、呼吸や皮膚呼吸でも水分は失われるので、運動しなくても体から自然と水分は出ていき、水分補給は必要となります。

 

水を飲む効果

 

水分を十分に補給することは、体に潤いを与えて、脱水を防ぐことになります。年齢を重ねるほど、人間は乾きやすくなり、体に溜められる水分量も減っていき、皮膚も乾燥するので、それはしわやシミを作りやすくします。
高齢になると、しわやシミが出来やすいのは、水分が不足していることも関係しています。美容面を考えると、水を飲むことは、体だけ出なく、皮膚にも潤いを与えて、瑞々しい肌を作るのに役立ちます。

沢山水を飲むことは、体内に水分を循環させて、老廃物を出しやすくしてくれて、デトックス効果も見込めます。水分補給を積極的に行えば、汗や尿も出やすくなり、体の中の余分な老廃物を排出するばかりでなく、余分な塩分も出してくれます。

塩分濃度を下げるのにも効果があるので、水分を沢山摂れば、高血圧防止にもなります。十分に水分を摂取することは、血行を良くするので、体の隅々まで酸素や栄養を運びやすくもしてくれます。

このような多くのメリットを生んでくれるので、水分を補給することは、人間の体にとっては良いことが沢山あるのです。水を飲むならば、1日に必要な量があるので、それを目安にして、飲むようにすると良いでしょう。
のどが渇く前に飲んで、脱水を起こさないように注意してください。

 

1日に必要な水分の量

 

人間の体には、水分は必須ですが、1日に必要な量が決まっています。そのために、脱水にならないようにするためには、その量を目安として、1日に水分補給すると良いでしょう。

目安としては、体重1kgに対し1日40mlぐらいが必要と言われます。そのために、体重40kgの人であれば1日1,600ml、体重50kgの人であれば1日2,000ml程度を飲むようにします。

ただし、食べ物にも水分は含まれているので、食事からは500mlぐらい補給できると言われています。1日に水分摂取すべき量としては、1,100mlから1,500mlぐらいであり、体重が多いとさらに多く必要です。食べ物からも水分は摂取できるので、味噌汁やスープなどを活用すると、より効率的に水分補給を行えます。

このような量が目安となっていますが、必ずしも目安となる量を飲まないといけないとは限りません。たとえば、昨日は少し飲む量が少なかった、今日は飲む量が多かったなどと、毎日を平均すると目安の量ぐらいになれば良く、多少少ない日や多いような日があっても大丈夫です。ただし、毎日飲む量が目安よりも少ないとなると、平均しても少ないので、出来るだけ目安となる量は毎日飲むようにした方が良いでしょう。

 

水を飲むタイミング

 

美容のためには、水を飲むのが良いですが、その飲むタイミングもあります。口から入れた水は、胃にたどり着きますが、すぐに小腸に移動し、ほとんどが小腸で吸収されます。
小腸で1度に吸収できる量には限度があるので、1度にあまりに多く摂取しても、吸収できない分は尿としてそのまま体外に排出されます。水を飲むときは、1度にコップ1杯程度を飲むと、無駄なく体に吸収されます。

飲むタイミングとしては、のどが渇く前や汗をかいた後であり、また眠っている間は水分補給が出来ないので、眠る前と起きた後にも水を飲むようにします。これらのタイミングを考えると、朝起きたとき、朝昼晩の食事の時、休憩時、入浴後、運動した後、睡眠前などに水を飲むようにします。朝起きた後に、すぐ水を飲むことは、胃腸を刺激し、便秘予防にも良いです。

いつも水を飲める環境を作ると、不足無く水分補給を行うことができます。ペットボトルや水筒に水を入れて持ち歩く、ポットやウォーターサーバーを使って、いつでもすぐに水が飲めるようにするなどあります。

水は、そのままだと味がないので、飲みにくいと感じる方もいるかもしれません。そのような方であれば、ハーブティーやお茶にしたりするなど、味を付けて飲むと飲みやすいです。

 

美容に効果のある水の種類

 

水にはいくつも種類があり、それぞれで効果が違ってきます。

硬水

マグネシウムなどミネラルの豊富に含まれる水であり、海外の水に多く、便秘予防に良いと言われます。マグネシウムは、便秘薬にも使われていますから、ダイエットやデトックスに良いと言われます。ミネラル不足の人は、ミネラルを補給するのにも良いでしょう。

軟水

ミネラルの含まれる量が少なく、日本のほとんどの水が軟水で、口当たりがまろやかです。口当たりがよいので、お茶や珈琲に使うと美味しくできると言われています。髪や肌にも優しいので、化粧や入浴時などに使うと、髪やお肌をつるつるにします。

炭酸水

血管拡張作用があり血行を促進、腸の働きを活発にして整腸作用、疲労物質と結合して取り除くので疲労回復効果もあります。タンパク質と結合して取り除くので、洗顔などで使うと、汚れを効果的に落とします。ただ炭酸水は、自宅で簡単に作れるものではありません。しかしウォーターサーバーを使えば、炭酸水を手軽に作れるタイプもあります。

水素水

動物実験で活性酸素除去効果を確認できた水であり、人間では検証中となっていますが、アンチエイジングなどに効果的と言われています。ただやはりこちらも自宅では簡単に作ることは出来ませんが、水素水用のウォーターサーバーもあります。もしも水素水を使うときは、生成して1時間ぐらいで水素が抜けてしまうので、早めに使うようにしましょう。

 

まとめ

 

水は人間にはなくてはならないものであり、補給しないと脱水症状を起こします。十分に水分補給を行えば、美容にも良く、美肌効果やデトックス効果も見込めます。1日に必要な量があるので、その量を目安として、水分補給していけば、不足なく脱水になることも無いでしょう。

水にしても、軟水と硬水があり、その他にもいくつか種類があります。人によって好みもあるので、まずは自分に合いそうだと思うような水を飲んでいくと良いでしょう。