水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーのメリット・デメリットを全部見せます!

 

ボトル型と違って雑菌が繁殖しない

 水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーの大きなメリットの一つがボトル型とは違い雑菌が繁殖しづらいと言う点です。

通常、ボトル型のウォーターサーバーは自動洗浄機能がついておらず、機器内は必ずしも清潔とは言い切れません。これに対し水道直結型ウォーターサーバーは、水道水を利用した機器内の自動洗浄機能がついている事が多く、内部を常に清潔な状態に保つことが可能です。また、ボトル型の場合は交換時にホコリが入ったりすることもありますが、交換する必要がないタイプはホコリが入ることが少ないと言えます。

 

元は水道水なので、気兼ねなく野菜や食器を洗える

 
通常のボトル型のウォーターサーバーの場合、出てくる水はミネラルウォーターのため、値段も高く、飲用目的以外での使用ははばかられるかもしれません。

これに対し水道直結型ウォーターサーバーは、本体のリース料金があるものの、水道水をろ過して使用します。そのため飲用だけでなく、野菜や食器の洗浄にも水道水の料金で仕様ができるので、気兼ねなく使う事ができるでしょう。