正しい歯磨き方法で虫歯や口臭を防ぐ

 

ウォーターサーバーを有効活用

知っているようで意外と知らないのが正しい歯磨き方法です。
定期的に歯医者に行ってメンテナンスをしていれば話は別ですが、そうでなければ自分の歯を磨くのは自分だけです。
間違った方法で歯を磨いていると磨き残しが発生したり、歯茎を傷めることにも繋がりかねません。

水も綺麗なものを使いたいので、ウォーターサーバーの水があればなお良いです。

 

正しい歯磨きを実践するにはブラッシングに注意

虫歯や口臭を防ぎ、口の中を健康に保つために歯磨きはとても重要な意味を持ちます。

正しい歯磨きに欠かせないのが丁寧なブラッシングです。
できるだけ細かく歯ブラシを動かしてブラッシングをすることで、歯垢や歯石を防ぐことができます。
歯の表面だけではなく、歯と歯の間にも歯垢は溜まりそこが虫歯や口臭の原因になることもあるので注意が必要です。
歯ブラシの角度なども変えながら、細かく歯垢をかき出すようにブラッシングをすることが重要です。

歯の間を清潔にするためには、デンタルフロスを利用する方法があります。
デンタルフロスを使えば、歯ブラシが届かない所にもフロスを入れることができるため、磨き残しをさらに少なくすることが可能です。
歯と歯茎の間にもフロスを滑り込ませることができるので、歯垢が溜まりやすいところをピンポイントで綺麗にすることもできます。

ブラッシング圧も大切です。

歯や歯茎を清潔に保ちたいため、歯についた汚れをしっかり落とそうという気持ちが強すぎると、つい手に力が入ってしまいがちです。
力を入れてゴシゴシと歯磨きをすると、歯茎を傷つけてしまうことにもつながりかねません。

歯の上を滑らせる程度でも充分綺麗になるので、努めて力を抜くことが大切です。

奥歯の奥などは、特に磨き残しが多くなります。

口の開け方などにも工夫をしながら歯磨きを行えば、歯ブラシが届くようになるのでベストの位置を見つけることも大切です。
歯磨きのタイミングにも気をつけたいです。
食事が終わるごとに歯磨きをするのが理想ですが、食事の直後はあまり良くないので少し間を空けて磨きます。

 

ウォーターサーバーの綺麗な水を使うのも効果的

正しい歯磨き方法を実践するための要素はブラッシングや磨き方だけではありません。
歯磨きに使用する水にも気をつけることができればさらに効果的に虫歯や口臭を防ぐことができます。
ブラッシングをした後口の中をゆすぐ時にもきれいな水を使えばより口の中を清潔に保つことが可能です。

ウォーターサーバーがあれば、常に清潔な水を使うことができます。

ウォーターサーバー
ウォーターサーバーのきれいな水は口をゆすぐ時だけではなく、飲料水として飲む場合にも口の中の健康を保つのに役立ちます。
口の中が乾くと口臭は強くなりがちです。

それを防ぐためにも水分補給は重要ですが、歯に沈着するような飲み物ばかりを飲んでいると歯が黄ばんだり、
黒ずんできたりと見た目にも健康的には見えません。
その点ウォーターサーバーの水であればその心配は必要ありません。

歯に色素が沈着するような恐れもないので、ストレスなく水分を補給することができます。

歯に着色物が付着すると表面に凹凸ができやすくなります。
そこが歯垢の温床になってしまうのはよくあることです。
コーヒーや紅茶など特に濃い色のついた飲み物は注意が必要です。

そのような飲み物を飲んだ後に軽くウォーターサーバーの水で口をゆすぐだけでも随分結果は違います。

日々の積み重ねから虫歯や口臭を防ぐという意識が高ければ将来に向けてポジティブな変化が期待できます。

口の中が酸性に傾くと虫歯ができやすくなるので、酸性の強い飲食物を口にした後は、
ウォーターサーバーの水を水分補給に使うと良いです。
口の中を中性にする手助けをしてくれます。

食事中も積極的に水を飲むようにすれば、さらにメリットを享受しやすくなります。