ウォーターサーバーで育児がグンと楽になる♪完全ミルク育児のススメ

 

母乳が出にくい…一人で悩まないで!

赤ちゃんを育てているママにとって、母乳の出具合と言うのは大変気になる問題ではないでしょうか。母乳の出具合は、水分不足からなることもあるようです。また、ミルクを使うことになった場合はお湯が必要です。ここでは、やかんやケトルでお湯を沸かすことなくすぐにお湯や水を使うことができる、ママの強い味方であるウォーターサーバーについてご紹介いたします。今までのイメージとは大きく異なる便利で経済的なウォーターサーバーが数多くありますので、きっとあなたの育児のサポートができるのではないでしょうか。

母乳を与えるママ母乳には赤ちゃんに必要な栄養素や、免疫力をアップさせるホルモンが沢山含まれているので、出来るだけ母乳で育てたいと言う方も多いと思います。特に初めて出る初乳には多くの栄養素が詰まっていて、赤ちゃんにはとても良い物です。しかし、母乳の出には個人差があるので、母乳が思うように出ないと言う事でお悩みのママも多いはずです。粉ミルクを与えるにしても、お湯を沸かしたり、ミネラルウォーターを買い込んだりと準備が大変になります。

今は色んな粉ミルクが有るけど、やはり母乳で育てたい。妊娠中から母乳で育てようと決めていた、と言う方もいらっしゃるでしょう。でも肝心の母乳が出ない、赤ちゃんの為にも母乳で育児がしたい、それなのにどうして出ないの?と大変なストレスを感じているママも多いのですが、決して母乳育児がベストだと言う訳では無い事を知ってほしいのです。

粉ミルクを与えるママ第一に、今の粉ミルクは昔の物に比べて、栄養価がとても高く、母乳と大して代わりはありません。
粉ミルクは栄養価が不十分だ、と言う考え方はもう古いのです。実際に粉ミルクを飲んで育った赤ちゃんの多くは皆すくすくと健康に成長しています。ですので、母乳が出ないからと言って、落ち込んだりせず、出具合に一喜一憂する必要はないのです。ママが笑顔で粉ミルクをくれる時間と言うのは、親子両方にとってとても大事な時間なので、ママもストレス無くその時間を過ごせると言うのが一番大事ではないでしょうか。もしも、母乳が思うように出ないからと言って、暗く落ち込んだ顔のママが涙を堪えて粉ミルクをあげる。そんなのは赤ちゃんも嬉しくありませんし、自然と親の不安な心を感じ取ってしまいます。

もう一つ言いたいのは、赤ちゃんが母乳やミルクだけ飲んで過ごす時間は長くても半年です。それを過ぎると離乳食となりますので、母乳で育った子も粉ミルクの子も、いつの間にか同じものを口にしているのです。母乳が出ないとなると、この悩みや苦しみは一生付きまとうものだと言う風に思ってしまいがちですが、その状態はすぐに終わってしまうのです。周りからも母乳をすすめられ、自分で母乳が出ないからと言って良い母親ではない、と言う風に勝手に決めつけてしまう事が一番いけません。母乳育児と言うのは、粉ミルクに比べたらやり易いと言うメリットは確かにあります。哺乳瓶の消毒や管理をしなくてはなりませんし、ミルクの温度などにも気を使います。しかしそれも長い育児の最初の少ない期間だけです。子育てには色んな悩みが付きまといます。初めての子どもだったり、生まれたての赤ちゃんだったりする場合は尚更悩みは多いと思います。もちろん育児は母乳だけに限った事ではありません。母乳に気を取られ過ぎて、悩み込んで他の事が疎かになっては元も子もありません。母乳と言う手段もあるけど、粉ミルクと言う方法もある、と言う位にあまり重く考えないようにしましょう。

決して母乳が出ない=良い母親ではないと言う風に思うのではなく、もっと気軽に粉ミルクでの育児を楽しみましょう。粉ミルクでの育児を大きくサポートしてくれるのがウォーターサーバーです。ウォーターサーバーがあれば、粉ミルク作りの負担を大幅に減らしますので、貴重な親子の時間も増えますし、ママの気持ちにゆとりも生まれます。そんなウォーターサーバーを賢く使って、毎日の育児を笑顔で行いましょう。

 

完全ミルク育児という選択肢。そのメリットとは?

粉ミルクでの育児にはメリットが沢山あると言う事をご存知でしょうか。そんな粉ミルク育児のメリットを五つご紹介いたします。母乳で育てるのが良いと言うような風潮がありますが、実は粉ミルクには良い部分が数多くあるのです。良い部分に着目してより良い育児環境を目指しましょう。

 

パパも授乳が出来る

まず一つ目はパパも授乳が出来ると言う事です。母乳の場合はどうしてもママしか与える事ができず、パパは横で見ているだけになります。多くのパパは父親としてもっと育児に参加したいと思っているのではないでしょうか。そんな時にミルクを入れた哺乳瓶があればパパが赤ちゃんを抱っこしてミルクを与える事ができます。これには赤ちゃんも大喜びです。また、ママが他の家事などで忙しい時は、ちょっとミルクあげといて、とパパに授乳を任せる事も出来るので、ママの負担も減って、夫婦で育児を分担させる事ができます。

 

飲んだミルクの量が分かりやすい

二つ目は、飲んだミルクの量が分かりやすいと言う事です。母乳だとお乳からそのまま飲みますので、どの位飲んだのかが分かりません。飲んだミルクの量が少ない時などは、赤ちゃんの体調に何らかの問題があると言う事が考えられるので、哺乳瓶に入った粉ミルクというのは、赤ちゃんの体調がすぐに分かってしまうのです。最近はよくミルクを飲む様になった。今日は少し少ない、など微妙な変化にも気が付きやすい所も大きなメリットであります。

 

ビタミンDを効率良く摂取できる

三つ目はビタミンDを効率良く摂取できるところです。母乳はとても栄養価が豊富なのですが、ビタミンDはあまり含まれていません。もちろんビタミンDも赤ちゃんには必要不可欠です。粉ミルクは人工的に栄養分が配合されているので、ビタミンDも多く含まれています。ビタミンDが著しく不足してしまうと、くる病と言う骨の病気になってしまうことがあるので、気を付けたい所です。

 

何処でも気兼ねなく授乳が出来る

四つ目のメリットは、何処でも気兼ねなく授乳が出来ると言う点です。母乳だと、外出先で授乳できるスペースを探さなくてはなりませんが、ミルクの場合は粉とお湯を混ぜてどこでも赤ちゃんに飲ませる事ができます。これはわざわざ場所を探す手間が省けるので大きな負担軽減となります。パパもママも赤ちゃんを連れて出掛けやすくなり、親子の時間を増やす事ができます。授乳用のケープや服と言うものも販売されていますが、これら購入して、わざわざ持ち運ばなくても良いと言うのもメリットです。

 

ママのストレスや負担が大幅に削減される

五つ目のメリットは、一番大事な事と言っても良いです。それはママのストレスや負担が大幅に削減される事です。今日は母乳があまり出ない、体調が優れない、と言う時に無理して母乳を出す必要が無いので、体力的な面でも負担が減りますし、安定して粉ミルクを与える事ができるので、精神的にもママの負担が減らせます。赤ちゃんの育児は何かとストレスが溜まり、イライラしてしまうものですが、そのような状態はママにとっても赤ちゃんにとっても良い物ではありません。ママが毎日笑顔で居られる為には、ウォーターサーバーを利用してミルク育児をすると言うのはとても良い方法なのです。

五つのミルク育児のメリットを挙げました。一つ一つ見ていくと、どれもママの負担を減らすものであることが伺えます。母乳は確かに栄養素が豊富ですが、ママの負担がとても大きなものになるのではないでしょうか。特に上に兄弟がいると言う場合は、赤ちゃん一人にかかりきりと言う訳には行きませんので、ミルク育児で負担が軽減されるのは、他の兄弟にとってもママとの時間が増えて好ましい事です。もちろん母乳育児もミルク育児もそれぞれにメリットが存在して、自分に合う方法で授乳を行うのがベストです。こうであらねばならない、と言うこだわりや思い込みを捨てて、自分と赤ちゃんが笑顔で居られる育児をしましょう。

 

ウォーターサーバーを使えば1分でミルク作りが可能

いざ粉ミルクを赤ちゃんに飲ませるためには、色んな準備が必要ですが、ウォーターサーバーを使えば1分もあれば簡単にミルク作りが完了してしまいます。まず、ミルクを作るためには70度以上のお湯が必要となりますが、ウォーターサーバーのお湯の温度は約80度位に保たれていますので、そのまま粉ミルクにそそぐ事ができます。哺乳瓶をよく振って、人肌程度に冷ませばもう赤ちゃんに飲ませる事ができます。

温度の他に気を付けたいポイントは、水です。ミネラルウォーターは購入して持ち帰る際に非常にかさばり重たい物です。しかしウォーターサーバーならばいちいち購入する必要がありません。また、水素水など健康的な水をいつでも飲む事ができるので、赤ちゃんのミルク作りはもちろん、美容に気を使っていらっしゃる方にも嬉しいのです。

よく、ウォーターサーバーは設置する時に工事が必要で場所を取ると思っている方がいらっしゃいますが、スリムで工事もすぐに済んでしまうウォーターサーバーも多くあります。便利さも大事ですが、やはり赤ちゃんのミルクに使う水は安全でなくてはいけません。水道水にはカルキが含まれています。このカルキは消毒の役割を果たしているので、水道水には必ず含まれている成分です。水道水をカルキ抜きする場合は10分以上沸騰させなくてはならないので、毎日赤ちゃんのミルク作りに使用するのは、時間も手間もかかり過ぎるので不向きと言えます。その点、ウォーターサーバーならば簡単にカルキ抜きされたお湯が出てくるので、深夜でもわざわざお湯を沸かす必要が無くササッとミルクを作って赤ちゃんに与える事ができます。

そもそも、どうして赤ちゃんにはカルキ抜きが必要で、水道水を与える事が好ましくないのでしょうか。その理由として、赤ちゃんの胃腸は大人に比べてとても弱くデリケートだからです。大人は何ともないカルキでも、赤ちゃんに与えてしまうと、カルキの残留水素が体内に溜まってしまい良くありません。硬水にもカルシウムやミネラルが多過ぎて赤ちゃんの胃腸には刺激が強すぎるのです。水道水が不向きとなると、ミネラルウォーターを購入すると言う風になってしまいますが、それも負担が大きくのしかかります。日本は水道環境が恵まれている国なので、基本的に水道水を飲んでも体調を崩すと言う事は考えられませんが、赤ちゃんには水道水を与えないと言う親御さんが多いのも事実です。

また、赤ちゃんは大人よりも多く水を飲むので、その分良質な水を与えたいと言う方も多く、ミルク作りをするにあたり、ウォーターサーバーを購入される方も多いのです。今まで考えもしなかった水の事を、赤ちゃん誕生がきっかけとなり考えるようになった。と言う声がよく聞かれます。ウォーターサーバーからは熱いお湯が出るので、小さなお子様が誤って触ってしまい、火傷をするのではないかと不安に思われている方も多いでしょう。しかし、ウォーターサーバーにはロック機能も付いているので、誤ってお湯が出てしまうと言う事態も防ぐ事ができます。

安全面の次に気になってしまうのが水の費用ですが、水道水をろ過して使うタイプのウォーターサーバーはとても経済的と言えます。ボトルを購入するタイプの物は、どうしても水台と宅配代がかかってしまいますので、経済面を考えるのであれば水道水をろ過するタイプの物をおすすめします。このタイプは非常に手軽でかかる費用も置く場所も少なくて済みます。その他にも、自動で水が通る部分が洗浄されたりするものを選ぶと衛生面でもより安心して赤ちゃんにミルクを与える事ができます。

赤ちゃんの粉ミルクについてご説明しましたが、我々大人にとっても毎日飲む水は非常に重要な物なので、たかが水だと軽く考えるのではなく、注目して頂きたいのです。お料理に使う水を変えるだけでも味が違ってくるので、水を良質なものに変える事は生活の質を向上させる事に繋がります。

最後に、どのウォーターサーバーを導入すればよいか分からないと言う方向けに「ミルク作りに最適な水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング」をご紹介します。水道直結型というのは重たい水を運んだりする手間も高額な費用も掛かりませんので、手軽に良質な水が飲める手段と言えます。赤ちゃんに与えるミルクを良質で安心安全なものにすることで、下痢などの不調も減り、パパママ共に赤ちゃんの負担も軽減されるウォーターサーバーは各家庭に一台置いておく事をおすすめします。