ミルク作りにピッタリのウォーターサーバーを選ぶポイント

 

赤ちゃんは消化器の働きが未熟

赤ちゃんのいるご家庭、これから新しい家族を迎える予定のご家庭などでは、水や食の安全に関して今以上に興味を持たれるので、ウォーターサーバーの購入を検討されるご家庭も多いかと思います。赤ちゃんのいるご家庭は一日に何回もミルク作りをしなくてはいけないので、本当に大変です。お腹をすかせてスイッチの入ってしまった赤ちゃんの泣き声は、ママを慌てさせ、イライラさせてしまいます。少しでもスムーズにミルク作りを行うためにも、ウォーターサーバーをご自宅に取り入れたいですよね。

とても多くのメーカーからウォーターサーバーが出ているので、一体どれがミルク作りに最適なのか、どこのメーカーのウォーターサーバーが安心して使えるのか悩んでいる方もいるでしょう。

赤ちゃんにとってミルクは大事
生まれたばかりの赤ちゃんの内蔵は未発達な状態のため、ちょっとしたことでも赤ちゃんにとっては負担となってしまいます。そのような状態の赤ちゃんにはミルクに使用する水選びにも慎重になる必要があります。
赤ちゃんにとって、ミルクは大事な食事です。離乳食を始める前の赤ちゃんにとっては特にそうでしょう。ミルクのほとんどが水分なので、水選びには一番気をつけたいですよね。

ウォーターサーバーを選ぶ際には、大人のためだけであれば、水の美味しさや値段、サーバーのデザインなどがポイントになります。しかし、赤ちゃんを中心に考え選択するのであれば、一番は赤ちゃんの体に負担の少ないお水を選ぶようにしてください。
ミネラル分が多く含まれている天然水は、大人にとっては美味しいお水ですが、赤ちゃんの腎臓にはかなり負担となってしまいます。ミネラル分の少ない軟水や、ミネラル分を含まない純水を選ぶ必要があります。

 

ミネラルの過剰摂取にならないように純水を選ぼう

ミネラル自体はとても重要な栄養素でありますが、やはり取りすぎには注意が必要です。
天然水天然水には豊富なミネラル分が多く含まれておりますし、大人にとってはとても美味しいお水です。

しかし、天然水というのは赤ちゃんにとっては、かなり腎臓などの内臓に負担がかかってしまうのです。赤ちゃんのミルク作りをするのであれば、軟水のようなミネラル分が少ないものを選ぶようにしましょう。硬度100以下が軟水の目安です。または純水のようにミネラルを含まないものを選ぶようにしてください。

軟水や純水は赤ちゃんのミルクに安心して使用することができます。

 

粉ミルクには必要なミネラルが含まれているのでご安心を

生まれたばかりの赤ちゃんは、ミルクから重要な栄養を摂取します。生後5、6ヶ月頃を過ぎて離乳食を食べるようになっても、しばらくはミルクと併用することになります。

粉ミルク
ミルクは全ての栄養源となるので、赤ちゃんに必要な栄養素というのがバランスよくしっかりと含まれています。もちろん、必要なミネラルも既に含まれています。ですから、ミルク作りの際に、さらにミネラル豊富なお水を使用してしまうと、ミネラルを取りすぎてしまうことになるので、注意してください。過剰なミネラルを含んだミルクは、赤ちゃんの内蔵にとても負担をかけてしまうことになります。赤ちゃんのために正しい知識を身に付けて、ミルク作りをするようにしましょう。

赤ちゃんのミルク作りにピッタリのウォーターサーバーを選ぶポイントをご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?このように、大人の方向けのウォーターサーバーの選び方と、赤ちゃんのミルク作りのための選び方とは違うということを知っておくことは大切です。とは言っても、サーバー自体結構存在感がありますし、お部屋の中に置くのでデザイン等にもこだわりたいですよね。水タンクを好きな水質に交換できるタイプのものであることや、基本的に軟水を選ぶことによって、ミルク作りに問題はありません。家族みんなが使えるウォーターサーバーを是非見つけてくださいね。

最後に、赤ちゃんのミルク作りにもおすすめの軟水&純水が飲める水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーをランキング形式で紹介したいと思います。是非、ウォーターサーバー導入の際の参考にしてみてください。