お茶を入れる温度は85度がベストって知ってた?

 

お茶を入れる温度は85度がベストって知ってた?

お茶には色々な種類があり、お茶の種類によって美味しく飲めるお湯の温度が違ってきます。紅茶などのお茶の場合は沸騰したての100度が良いとされています。しかし煎茶などのお茶を入れる場合は100度だと高すぎで、85度位のお湯を使ってお茶を入れると緑茶を美味しく飲む事が出来ます。85度といっても分かりにくいかもしれませんが、ウォーターサーバーなら多くのメーカのお湯の温度が85度位になっているためそのまま使用する事が出来るので便利です。

 

煎茶を高温で入れない方が良い訳とは

お茶を入れる時、ついつい沸騰したての熱々のお茶を使用してしまいたくなるかもしれませんが、煎茶を入れる場合は、沸騰したてのお湯を使うよりも少し低めの温度が最適です。煎茶などの緑茶を入れる時、緑茶の生物活性物質の一つの「カテキン」が引き出されるお湯の温度は80度前後。一方、緑茶の苦み成分の元であるカフェインですが、カフェインがもっとも引き出されるのが88度です。

そのため、沸騰したてのお湯を使うのではなく、100度よりも少し低い85度のお湯でお茶を入れてあげると、カテキンが多く引き出されるだけでなく、カフェインがお湯に溶け出す量を抑える事が出来ます。88度以上の熱いお湯を使用してしまうと、お湯に溶け出すカフェインの量が多くなるので苦い味になります。そのため100度よりも少し低い85度位のお湯を利用するのがベスト。

だからといって、煎茶などの緑茶を入れる際に毎回、毎回お湯を100度まで一度沸騰させて少し冷めてから緑茶を入れるというのは面倒ですし、85度にするにはどの位待てばよいのかも分かりません。

お湯で入れる茶
そんな時に便利なのがウォーターサーバー。ウォーターサーバーは色々な種類がありますが、多くのメーカーのお湯の温度は85度になっています。そのため、冷ましたりせずにそのまま利用してお茶を入れる事が出来ます。

せっかくお茶を入れるなら最適な温度でお茶を入れ、程よい苦みと甘みを味わいながら美味しい緑茶を味わいたいものです。ウォーターサーバーは85度のお湯が出てくるものが多いのですが、メーカーによっては温度調整出来るものもありますので、緑茶以外ののお茶を入れる時にも最適です。

 

ウォーターサーバーの便利な使い方とは

ウォーターサーバーのお湯の温度は85度位の設定になっている事は分かりましたが、冷水の場合は何度になっているのでしょうか。冷水の場合、メーカーによって異なるのですが3.5度位から10度位の冷水が出るように設定されています。

ウォーターサーバーなら冷水も簡単に出す事が出来ますので、夏場に冷たいそうめんやお蕎麦などを食べたい時などにも簡単に冷やす事が可能です。ペットボトルの場合、夏場は冷蔵庫に入れておかないと冷水を使用したり飲んだりする事が出来ないので場所も取りますし面倒ですが、ウォーターサーバーなら冷蔵庫に入れなくても冷たい水がすぐに飲めるのがメリット。

ウォーターサーバーの情報を色々調べている時に「ウォーターサーバーで常温のお水は飲めないの」と感じたことがある方もいるのではないでしょうか。

CoolQooスタンドタイプと卓上タイプ
常温のお水を飲みたいなら電源を切ってしまって使用すれば良いのではないかと思うかもしれませんが、地震などの時以外はお勧め出来ません。ウォーターサーバーで使用されている水は水道水とは違い、天然水などが使用されているため、常温で空気に触れている時間が長いと衛生的に良くありません。そのため、普段は電源を切らずに使用するようにするのがお勧めです。

常温のお水を飲みたい時にはある方法を使用すれば、簡単に飲む事が出来ます。その方法とはまずコップに冷水を半分ほど入れて、その中にウォーターサーバーのお湯を入れるという方法です。原始的な方法かもしれませんが、常温のお水を飲みたい時だけでなく胃腸の調子などが悪くて冷たいお水を飲みたくない時などにも利用出来ますので、覚えておくとよいでしょう。