水道直結型ウォーターサーバーで美味しいお米が炊ける

 

水道直結型ウォーターサーバーで美味しいお米が炊ける

水道直結型ウォーターサーバーのお水を使い、美味しいお米の炊き方を抑える事ができれば、毎日美味しいお米を食べる事ができます。使い放題のウォーターサーバーを使って便利で健康な生活を過ごせます。

 

水道直結型ウォーターサーバーで美味しいお米が炊ける

美味しいお米を食べたい場合、炊き方や水が重要になってきます。

浄水も何もされていない水道水を使ってお米を炊くと、見た目は普通に炊きあがっても、味やにおいに大きく影響を及ぼしてしまいます。

水道水には塩素が含まれている為、敏感な方は肌に痛みや湿疹などの症状が出る場合もあり、デリケートなお肌の子供にとってはあまり良くないものです。

その水道水でお米を炊くことで塩素を含んだご飯を食べてしまい、アレルギー反応が出てしまったような症状に陥ってしまいます。

お米の美味しい炊き方は、お米を研ぐ時から炊く時まで美味しい水を使うのがポイントです。

そこでミネラルウォーターなどを使用するのですが、お米を研ぐ時から全ての工程をミネラルウォーターを使っていてはお金がかかります。

また買いに行って持って帰ってくるのも大変です。

余分な費用と苦労を省くために浄水器を購入しセットしておけば楽なのですが費用がかかりますし場所を取ります。

狭いキッチンだと浄水器すら置けない場合もあるので不便な場合もあります。

ボトル型ウォーターサーバーの場合さらにスペースの確保が必要です。

常にキレイで美味しい水が飲めるのはメリットですが、費用がかかります。

それらの手間や費用、置くスペースなどの悩みを全て解消してくれるのが水道直結型ウォーターサーバーです。

この水道直結型ウォーターサーバーは、その名前の通り水道に直接取り付けるウォーターサーバーで、水道水をろ過して美味しい水にしてくれます。

料金を気にすることなく飲むことができたり、その水を使ってお米を研いだり炊いたりすることもできるので経済的です。

以前はミネラルウォーターを購入してきて、その水を節約しながらお米を研いだり炊いたりしていたので美味しく炊けるのですが大変不便でした。

直結型のウォーターサーバーを設置してからは、そのような不便さは一切なく利用できてます。

家に飲み物がなくなっても、水道から美味しい水が出るのは嬉しいです。

 

お米を美味しくする炊き方のポイント

水道直結型ウォーターサーバーをつけることで、ミネラルウォーターやボトル型ウォーターサーバーなどから得られる体に必要なミネラルやカルシウムを摂取することができます。

その水を使って美味しいお米にする炊き方は、まずは水温を10度ぐらいに設定します。

寒い時期にやってしまいがちな事は温かい水を使いお米を研いでしまう事ですが、お米の味を落としてしまうので良くないです。

冷たい水を入れてすすぎを行ってからお米を洗うのですが、洗う時の手は指を立てて軽く回しながら全体をまんべんなく洗います。

この時に強くこすらないように気をつけます。

ある程度洗い終わればお水を入れてすすぎをおこないます。

これを何回か繰り返して研ぎ汁の濁りが無くなってきたら研ぐのをやめます。

キレイなお水を注ぎ入れお米全体が水につかるぐらいになったら、そのままの状態で30分から1時間ぐらい置いておきます。

お米に美味しいお水の成分を吸わせて、甘みなどを引き立てるためです。

時間が来たらザルなどを使って水気をしっかり切ってください。

水分が残っていると炊く時の水の量の調節が難しくなります。

炊く量に合わせたお水を入れたらスイッチを入れて炊き上がるのを待ちます。

炊きあがってからすぐに蓋を開けずに10分ぐらい放置して蒸らしてください。

蒸らしが終わってから蓋を開けて全体をしっかりかき混ぜて蒸気を飛ばします。

美味しい炊き方のポイントを抑えることで水道直結型ウォーターサーバーから出る美味しいお水を活かすことができます。

全ての工程でキレイなお水を気にすることなく使えるのですごくおすすめです。

カートリッジを交換するのも2ヶ月から3ヶ月に一度なので手間もかかりません。