便秘が起こりやすい産後にできる対策とは

 

便秘が起こりやすい産後にできる対策とは

産後は便秘になりやすい時期なので、腸内環境を健全化するために運動をするのが好ましいです。しかし現実的には時間を確保できないなどで、運動できない方が少なくありません。また、治療薬に頼るのも怖いし、薬を手放せなくなるのは嫌と考える方が多いでしょう。産後の便秘を解消する方法としては、水分補給が最も手軽かつ効果的です。当然ながら水分摂取が減少してしまうと、便が硬くなってしまいます。硬くなるとスムーズに排便できなくなり、痔の原因にもなるので注意してください。

ミネラルウォーター水分補給で注意したいのは水道水は避けて、ミネラルウォーターやウォーターサーバーを活用することです。身体がデリケートになっているので、なるべく身体によいものから選びましょう。市販の水は水道水と比べて栄養価が高く、不純物が少ないというメリットがあります。ミネラル分が豊富に含まれているので、ミネラル補給にも適しています。産後は食事の好みが変わることがあり、栄養バランスが崩れてしまう方は少なくないので、市販水を利用してミネラル補給をしてください。

産後の便秘解消のためには、冷たいものを摂り過ぎないことが大切です。胃腸を冷やしてしまうと機能が低下し、便秘になりやすくなります。消化機能も低下して健康・美容面でのデメリットもあるので、冷水よりぬるま湯をおすすめします。熱すぎると食道を傷めてしまうので、がぶ飲みできる程度の湯温にすることがポイントです。

水分補給で注意したいのはカフェインを含有する飲料の飲み過ぎです。例えばコーヒーや紅茶、緑茶などにはカフェインが含まれており、利尿作用を促進させます。摂取した水分以上の水分が体外に排出されるため、喉が渇いたり便秘を促進したりします。カフェイン入り飲料は頻繁にトイレに行きたくなる原因にもなるので、水分補給にはノンカフェイン飲料がおすすめです。