産後の便秘がもたらすリスクを知ろう。

 

産後の便秘がもたらすリスクを知ろう。

妊娠すると女性ホルモンのバランスが崩れたり、お腹の中の赤ちゃんが大きくなって腸が圧迫されることで便秘がちになってしまいます。その影響は産後になっても解消されることはありません。というのも、赤ちゃんに母乳を与えることで、体内の水分が減って固い便になってしまったり、ホルモンランスの乱れや子守のために運動不足が続いてしまうからです。 便秘の状態が続くと、本来ならば体の外に排出しなければいけない老廃物が体に残り、血液に毒素が残った状態になります。母乳は血液からできていますから、赤ちゃんにもその影響が出てきます。また、産後に時間をおいて子宮が元の位置に戻るはずなのにできなくなる子宮復古不全となります。そのような状態になってしまうと、子宮から出て悪露と呼ばれる塊にいつまでたっても血がなくならなかったり、感染症を引き起こすリスクもあります。

赤ちゃんを育てる大事な時期に、そのような不調が起きてしまえば母子ともに良いことではありません。産後の便秘を解消するために、対策が必要となります。具体的には、硬い便を柔らかくするために、水分量を多めに取ることを心がけましょう。また運動をしたり、食事は芋や根菜など食物繊維を多く含んだ食材を積極的に摂るのが大切です。腸の動きを活発にさせるためには、マッサージも効果的です。

それでも産後の便秘を解消できないようであれば、最期は病院で薬を処方してもらいます。授乳中でもありますから、薬の成分には気をつけるべきですが産婦人科であれば問題が起きない成分の薬を出してもらえます。 ただ、便秘を薬で解消するのが当たり前になってしまうと、普通に排便することが難しくなり便秘がひどくなってしまいます。そのようなことにならないように、前述の対策も同時にやっていき、腸の動きを活性化させていくことが大切です。