産後の便秘の原因にはストレスがあります

 

産後の便秘の原因にはストレスがあります

出産してから便秘になる人は多く、いくつかの原因が考えられます。例えば水分不足があげられ、水分が母乳作りに使われることから腸が水分不足になって便秘が引き起こされることがあります。出産した時の傷口への不安もあげられ、出産時の傷口が開くのではないかと不安になり排便をためらってしまうこともあるでしょう。疲労やストレスなども関係していて、赤ちゃんの世話のため不規則な生活を送るのでホルモンバランスなどが乱れがちになり腸内環境が悪化することもあります。便意を我慢してしまう傾向があり、赤ちゃんの世話に追われてしまうために、つい便意を我慢している人も多くいます。運動量が不足する傾向があり、腸の働きが低下してしまうでしょう。原因は人によってそれぞれですが、まずは原因を特定したり、できる限り改善することからスタートすることをおすすめします。但し、運動不足などは改善したくても改善できないことがあります。便秘解消はまず水分補給や食事などを含んだ生活習慣を見直すことが大切です。例えばトイレに行く時間をきちんと作り、赤ちゃんのケアに忙しくても便意を我慢しないでトイレに行く時間を作りましょう。それほど便意を感じていなくても1日1回ゆっくりトイレに入る時間を作ったり、落ち着いてリラックスしながらトイレに座ることが大切です。不安を感じてしまう出産時の傷口ですが、排便の時にいきんでも産後の傷口が裂けることほとんどないので心配不要です。産後すぐはまだ痛いですが、次第に痛みがなくなってくるので傷口に不安を感じる必要はありません。産後は毎日の授乳時間に追われたりして慌ただしく過ごしてしまいますが、なるべくリラックスできる時間を作り腸を休ませることが大切です。腸が緊張状態になると便が出にくくなるので、便秘解消にはできるだけ体をリラックスさせることが大切です。産後は音楽を聴いたり自分の好きなことをしてストレスや疲労をなるべく溜めない生活作りをおすすめします。