産後の便秘の理由について

 

産後の便秘の理由について

妊娠後期になると大きな子宮に圧迫されたり、運動不足などによって便秘を感じる方が増えます。更に出産後はその便秘が継続してしまう方も少なくありません。出産は女性の体に大きな負担をかけます。会陰切開などによってその痛みが続くことも多いものです。そのため、トイレで排出することが怖くなってしまうということがあるのです。更に便秘の原因として大きいのが、赤ちゃんに授乳をすることは母体が摂った水分や栄養分を赤ちゃんに与えることになるので、それまで以上に食べ物や飲み物を摂る必要が出てきます。特に水分は母体や赤ちゃんにとって重要なものです。母体が水分不足になってしまうことは便を硬くしてしまう原因になります。硬くなった便は大腸の中を滑りにくくし、結果として便秘になってしまうということになるのです。そして、産後は母体を休める必要もあります。出産という大仕事を終えた体を癒しながら回復させて長い子育てに対応する体力をつける必要もあります。産後に運動をすることは控えるため、運動不足になるというのも便秘の原因の一つになります。

便がスムーズに排出されるためには、水分をしっかりとることや腸への刺激が必要になるのです。授乳時には母親が摂取したものが赤ちゃんへ伝わるので、水分を摂る際に何でも良いわけではありません。赤ちゃんに適切なもの、負担にならないものを選んで飲む習慣をつけることが大切です。そして、産後に運動は不可能なので、腸を刺激するようにお腹のマッサージをするのも良い方法です。ホルモンバランスが正常に取れていないこともある時期なので、赤ちゃんのお世話をしつつ、その合間にはしっかりと睡眠をとる、栄養バランスの良い食事を摂る、ストレスを溜めないようにするというようなことも心がけることが大切です。

便秘になると老廃物を体内に溜めることになるので、各臓器への負担がかかったり、肌トラブルの影響、そして心身に良くない影響を及ぼすことがあるので、スムーズな排出が出来るサイクルを作る努力をすることが大切です。