【水道直結】使用頻度ウォーターサーバーランキング

3世代家族やオフィスなどでの利用を検討しているとき、一般の家庭より、水の使用量が多くなります。そのような場合に、価格やサービスなどが優れているウォーターサーバーには、どのようなものがあるのでしょうか。ランキング形式でご紹介します。

ランキングについて

水の使用量が多い場合に利用したいウォーターサーバーには、値段や容量など、さまざま観点から、おすすめする理由があるのです。それぞれ、優れている点を説明し、それに基づいたランキング形式でご紹介します。

クールクー

価格 電気代 サイズ 水の種類
4,200円 約800円/月 26×45×110cm RO水
設置方式 販売会社 ボトルタイプ 特徴
水道直結 アンドウォーター株式会社 ノンボトル 自宅でピュアウォーター!

※調査データは2018年1月現在のものとなります。

ランキング1位 クールクー

水道直結式ウォーターサーバー「CoolQoo」は、料金定額・飲み放題のため使えば使うほどお得です!また、従来のウォーターサーバーのようなボトル交換の手間が省けていつでも冷水温水が味わえる、次世代のウォーターサーバーといえます。

さらにクールクーでは、年一回の有人メンテナンスも無料で行うので、さらに安心して、クリーンな水を飲むことができます。

クールクーの安心安全なサービスには法人向けのものもあり、すべてのプランに床置き型の大容量サーバーが用意されています。どのプランを選んで、どんなに使っても月額レンタル料金のみで利用可能なクールクーはおすすめです。

楽水

価格 電気代 サイズ 水の種類
3,980円 約---円/月 48x30x40cm RO水
設置方式 販売会社 ボトルタイプ 特徴
水道直結 有限会社プラス1・コミュニケーションズ ノンボトル ECOモード搭載

※調査データは2018年1月現在のものとなります。

ランキング2位 楽水

楽水は、初回契約期間が3年間となっており、さまざまなプランが用意されています。比較的手軽に契約できるのが、月額3,500円(税別)のプランで、初回設置工事費が18,000円です。

他にも、設置工事費を月々支払っていくプランの初期費用5,000円、月額4,250円(税抜き)のプラン、設置を自分でする初期費用5,000円、月額3,500円のプランが設定されています。

さらには、6年以上利用する場合はお得となる、本体を180,000円で買い取るプランもあり、水道に直結できない場合の、給水タンクプランも、初期費用5,000円、月額3,500円(税抜き)があります。

このように、DIYが得意な人がいたり、6年以上使う見込みのあるケースだったりするなど、3世代家族やオフィスなど、大人数で使うときに向いているプランが、多様に用意されているといえるのではないでしょうか。

ピュアウェーブ/ピュレスト

価格 電気代 サイズ 水の種類
3,980円 約800円/月 48x30x40cm RO水
設置方式 販売会社 ボトルタイプ 特徴
水道直結 株式会社ダイオーズ ノンボトル 極めて純粋に近い水

※調査データは2018年1月現在のものとなります。

ランキング3位 ピュアウェーブ、ピュレスト

オフィスや大家族の場合、従来のボトルウォーターを使っていたら、使う分だけ費用がかかることになり、月々の料金が高額になってしまう場合も多いでしょう。

しかし「ピュアウェーブ」「ピュレスト」は、毎月定額のレンタル料で、水は使い放題となっています。ROフィルターを使って、水道水からピュアな純水を作り出すので、毎日安心して使えます。

また、定期的に送られてくるカートリッジの交換は、非常に簡単で、ワンタッチで着脱できるように清潔に設計されているのです。設置工事も20分程度で終了する比較的簡単で、ボトルを運んだり、置き場所に困ったりすることなく、さまざまなストレスから解放されるでしょう。

ウォータースタンド

価格 電気代 サイズ 水の種類
5,980円 約500~700円/月 53x26x50cm RO水
設置方式 販売会社 ボトルタイプ 特徴
水道直結 ウォータースタンド株式会社 ノンボトル 自動除菌機能付き!

※調査データは2018年1月現在のものとなります。

ランキング4位 ウォータースタンド

ウォータースタンドでは、容量やサイズ、デザインなど、商品のラインナップが豊富です。また、水の種類も、冷水と温水、常温水の三種類があり、子どもからお年寄りまで、それぞれのニーズに合わせて、好みの温度で使うことが可能です。

ウォータースタンドのラインナップは、卓上型がほとんどですが、オフィス向きの大容量のものもあり、こちらが月額6,980円(税抜き)で1時間あたり11.8Lの造水能力があり、タンクの容量も、常温水6.0L、冷水3.0L、温水3.0L(合計:12.0L)と、大容量となっています。

まとめ

従来のウォーターサーバーのイメージを一新した水道直結式のウォーターサーバーは、一般的な家庭はもちろんですが、使用頻度の高い3世代の大家族や、オフィスでの利用だと、さらにお得に使うことかできるでしょう。