ボトル式 or 水道直結(ノンボトル)式

今ならCoolQooが20%OFFキャンペーン中!!!

クリクラ

価格 電気代 サイズ 水の種類
3,150円 約660円/月 51x27x46cm RO水
設置方式 販売会社 ボトルタイプ 特徴
ボトル式 株式会社ナック 回収 宅配水売上高No.1!!

※調査データは2018年1月現在のものとなります。

日本全国のお家やオフィス、レストランなど、街のいろいろな場所で人々の生活を支える株式会社ナックが提供する宅配水売上高No.1ウォーターサーバー「クリクラ」について、会社が展開するサービスを含め商品情報や取り扱い方法、使用者の感想などをご紹介していきます。

製品概要・情報

製品情報

ここではまずクリクラの基本的なスペックをご紹介していきます。

クリクラのサーバーはL型とS型の2種類があり、L型は幅30.5cm、奥行35cm、高さ99cmなのでA4サイズの用紙約1枚分のスペースがあれば設置できてしまうコンパクト設計が魅力です。
S型は幅27cm、奥行46cm、高さ51cmとなっており、収納の高さが限られているご家庭のリビングやキッチンで使用するのに適しています。

本体の重さはL型が約16kg、S型が約15kgとウォーターサーバーの中では平均的ですがボトルを設置するとさらに重量が増しますので、小さな子どもが誤って接触した場合や地震などに備えて転倒対策をしておくと良さそうです。

また、冷水と温水両方を出すことが可能で冷水は5~10℃、温水は80~90℃に調節されています。冷水を飲料水としてそのまま飲むのはもちろん、温水でコーヒーやお茶を飲んだり料理に使ったりと幅広く活用できそうです。

会社情報

株式会社ナックは宅配水とレンタル掃除用品をはじめとするデリバリー系ビジネスだけでなく、注文住宅や太陽光システムなど省エネ建材を扱った住宅系ビジネスも行う複合企業で、東証1部上場企業でもあります。

まだあまり宅配水が一般的ではなかった2001年にいち早くボトルウォーター事業に進出し、クリクラは今や業界トップのシェアを誇るブランドとなりました。

複数の事業を通じて人々の生活に寄り添う企業だからこそ、幅広いユーザーに愛される商品を提供できているのでしょう。

種類・サービス・価格

続いて商品の種類やサービス・価格など、クリクラの詳細情報をご紹介します。

種類

通常の「クリクラサーバー」「クリクラ省エネサーバー」の2種類があります。通常のサーバーと比べて省エネサーバーは電気代最大58%も削減することができるので、長く使う方にはおすすめなのがこちらです。

また、省エネサーバーの方のみドリップトレイは3種類のカラーから選ぶことも可能です。機能としては双方のサーバー共に、温水コックに小さな子どもが操作する際の火傷を防ぐチャイルドロック付き、ゴミ・粉塵を徹底的に除去する高性能フィルター「HEPAフィルター」を標準装備しているので安全面・衛生面に優れたウォーターサーバーといえるでしょう。

また、ボトルも12リットルが入った従来の「クリクラボトル」と、6リットル入りで従来品の約半分の重量となった「クリクラキュートボトル」の2種類があり、コンパクトなクリクラキュートボトルは女性や高齢者などでも設置しやすいのが特徴です。どちらのボトルにも取っ手が付いているので持ち運びしやすくサーバーへのセットも簡単です。

クリクラのボトルはリターナブル式なので、専任の配送員が配送し空になったボトルも回収するのでゴミが出ず環境にもやさしい仕様になっています。

価格

ウォーターサーバーを選ぶ際に重要視されるのが何といっても価格でしょう。

クリクラはサーバーレンタル料・配送料・入会金が無料ですので、比較的リーズナブルに導入できます。ただし通常のサーバーですと本体にかかる費用はありませんが、省エネサーバーのみ7,000円の初回金が掛かります。

ボトルは12リットルのクリクラボトルが1,250円、6リットルのクリクラキュートボトルだと800円となっています。1ヶ月あたりの電気代はL型だと通常のサーバーが平均1,283円ですが、省エネサーバーだと平均535円まで抑えられるので、初回金こそ掛かるものの長く使用する場合には省エネサーバーがお得なようです。

契約・解約・メンテナンス

契約方法

クリクラは全国各地に販売店がありますので、まずは公式ホームページなどでお近くの販売店を探してみましょう。ただし沖縄や一部離島など配達を行っていない地域もあります。店舗によってはお得なキャンペーンが実施されていることがありますので、そちらも申し込み前にチェックしておくことをおすすめします。

次に電話、FAX、ホームページ上のいずれかの方法で申し込みをします。実際に契約する前に無料お試しすることも可能なので、その期間内に良さを実感してから契約するという方法もあります。申し込みが完了すると後日、ご希望の場所に専門スタッフがサーバーとボトルの設置をし、使用方法を説明してくれます。

解約方法

解約する際は、ウォーターサーバーの側面に貼られている青いシールに記入された電話番号に連絡するとその販売店のスタッフがサーバーやボトルを引き取りに来ます。

ウォーターサーバーによっては最低注文期間が設けられていて期間内解約の場合に違約金が発生しますが、クリクラにはありません。

解約時の注意点としては、まずボトルの定期配送を依頼している場合はすぐ販売店に電話して休止することです。せっかく購入したボトルにまだ水が残っているともったいないですし、せっかくなら飲みきったタイミングで解約したいところですね。

また、1年ごとに支払う「サーバーメンテナンス料」の5,000円(税抜)は返金されませんので、解約時期には注意が必要でしょう。

メンテナンス

クリクラでは年に1度サーバーを回収してメンテナンスを実施しており、冷水・温水コックの新品交換や各部位の消毒清掃ときめ細やかな点検を行っているため、メンテナンス後のサーバーは新品同様の仕上がりになります。

とは言え品質を保ち衛生的に使用するためにも、自分自身で蛇口や水受け皿、ボトル差込口などを洗ったり拭いたりするなどして最低限のセルフメンテナンスは行いましょう。

設置・改修・使用方法

設置

クリクラサーバーの設置に関しては作業員が行ってくれるので、利用者が用意するのは設置スペースとコンセントのみです。ただ不安定な場所や冷蔵庫・ガスコンロなど熱を発する物の近くは設置に不向きですので、場所については作業員に相談してみるのをおすすめします。

改修

使用している中で万が一うまく機能しなくなり故障が疑われる場合は、カスタマーセンターに電話で相談してみると適切な解決方法を教えてくれるかもしれません。それでも解決しない場合は、故意に故障させたり使用範囲外の操作をしたりしていなければ、販売店が無償で改修・交換といった対応をしています。

使用方法

クリクラを使用するには、まずサーバー上部にボトルを差し込みます。未使用のボトルにはキャップシールが貼られているため、それを剥がしてから本体上部へ垂直に設置しましょう。
設置が終わり、ボトル内でボコボコと水泡が鳴ったら交換完了です。

ボトルを設置したらあとはコックを操作することで温水・冷水が出てきます。冷水の場合はただコックを下ろすだけですが、温水には火傷防止のチャイルドロックがかかっているのでコックをまず上げて奥に押し込んでから下ろすと使用することができます。温水を使用しない場合はサーバーの裏面に温水スイッチがあるのでそちらをOFFにしましょう。

使用後のボトルは販売店のスタッフが回収してくれるので、ご家庭でのゴミが増えることはありません。

感想

ここで実際に使用した方の感想をご紹介します。

無料のお試し期間があるのがいい

ウォーターサーバーを扱う会社は数多くありますが、その中でも無料でお試しができるのはごくわずかです。クリクラでは「1週間無料お試しキャンペーン」というサービスを実施しているので、契約前にまずお試しで使用することができ、気に入ったらそのまま契約して継続できますがもちろん契約を断ることも可能です。

配送スタッフ・コールセンターの対応が親切

クリクラのボトルはリターナブル式なので専任の配送スタッフがボトルを配送する仕組みです。長く使用するということは同時に配送スタッフとも長いお付き合いになるので、接しやすい人柄であると安心して継続できますよね。

また、操作中に不明なことがあって電話したらコールセンターの方が親切丁寧な説明で安心させてくれたという声もありました。

ボトルの交換が大変

クリクラの12リットルのボトルは持ち運ぶだけでも大変ですが、サーバーの高さまで実際に持ち上げて交換するのはなかなかの重労働です。

女性や高齢者でも交換しやすいという容量6リットルのクリクラキュートボトルもありますが、こちらは1本800円(税抜)となっており通常のボトルに比べてやや割高になっているのが難点です。

まとめ

クリクラの特徴や実際の使用感などをご紹介してきましたが、やはり業界No.1というだけあってコストパフォーマンスやサービスにおいては他社のウォーターサーバーと比較しても優れているということが分かりました。

反面、デメリットとしてはやはりボトル交換時の労力という部分が挙げられます。しかし無料でお試しができる上、解約金が発生しないという点から気軽に導入しやすいウォーターサーバーと言えそうです。